マイクロラーニング ジャーナル

マイクロラーニング(Microlearning)とは?

Category: マイクロラーニングの利点

マイクロラーニング(Microlearning)の5つの利点

マイクロラーニング(Microlearning)の5つの利点

学習者のほぼ70%が外出先で学習したいことが調査にわかりました。受講者は従来の長時間かけて学ぶeラーニングから離れ始めています。その代わりに、革新的なアプローチであるマイクロラーニングの開発・提供を考えるようになりました。マイクロラーニングは、学習トピックをコンパクトな形式で包括した学習ナゲットにより学習者が目標を迅速に達成できるよう支援します。

1.より効率的
簡単かつ容易にアクセスできることを高く評価されたマイクロラーニングコンテンツにより、学習者は学習リソースに出入りすることができるため、従来のクリックして次へ続くコースよりも効率的であることが証明されています自分のペース。よりコンパクトで、焦点を絞った、ターゲットを絞ったアプローチは、コンテンツが個人にとってより関連性があり、保持レベルを大幅に改善する不必要または無関係な情報が大量に含まれていることを意味します。

2.魅力的な
レポート従業員は、コースが短いと毎日の仕事のスケジュールを混乱させるだけでなく、情報の消化が非常に難しくなるため、コースが短い場合、組織の学習ツールをより活用します。マイクロラーニングコンテンツが魅力的で、多くの場合、ビデオ主導で高度に視覚的であり、学習者のエンゲージメントを最初から最後まで維持する可能性を高めることは秘密ではありません。

3.開発
の迅速化低コストのソリューションと迅速な開発時間の組み合わせは、学習開発の専門家がペースで学習者のニーズを満たすために必要な俊敏性を提供するため、組織が学習戦略の不可欠な部分としてマイクロ学習を採用していることを意味します。

4.外出先での学習組織は外出先での学習を受け入れており、Bring Your Own Device(BYOD)ポリシの増加は費用便益をもたらすだけでなく、L&D部門が個々の従業員の学習をよりパーソナライズできるようになることを認識しています。実際、マイクロラーニングコンテンツは、スマートフォン、タブレット、PCなど、あらゆるデバイスに実装できます。

5.投資収益率(ROI)の改善
見込み客と顧客の両方に耳を傾けると、学習者の関与に影響を与える3つの大きな問題があります。学習者がトレーニングに十分な時間を持っていないか、十分な時間がない場合、1つのサイズは、全体にわたって機能しないすべてのポリシーに適合します。これらのエンゲージメントの課題はROIに深刻な影響を与える可能性がありますが、効果的なマイクロラーニング戦略を使用すれば、克服できます。
他の形式のメディアと比較した場合、ビデオベースのマイクロラーニングはより高い想起率と保持率を示し、取得したスキルと情報が職場で積極的に保持され、実証されるため、ROIが向上します。コンテンツをいつでもどこでも評価できる小さな消化可能なチャンクに分割すると、学習者の注意を引き付け、学習した情報を保持し続けることができます。
————————————————————————————————————————-

要約すると、マイクロラーニングは、好奇心を促し、トップダウンで学習者の関与を強化する、短く、鋭い、ジャストインタイム学習で学習文化に革命をもたらしたい組織にとって多くの利点があります。マイクロラーニングの活用は世界的に見ても従来のeラーニングを遥かに凌駕しています。それゆえ、コンテンツの長さも段々と短くなっていく傾向にあります。日本ではまだまだマイクロラーニングの活用は少ないですが、これから どんどん存在感を増してくると思われます。私たちWARKは引き続き、マイクロラーニングをキャッチアップして行きたいと思います。

マイクロラーニングを利用するメリットは何ですか?

マイクロラーニングを利用するメリットは何ですか?

マイクロラーニング(Microlearning)は従来のeラーニングに比べ、コンテンツが短くシンプルで分かりやすく作られているため記憶に残りやすいと言われております。あるドイツの研究者は、2015年にマイクロラーニング学習により記憶の保持率を20%改善したと報告したそうです。

1.Just In Time

マイクロラーニング(Microlearning)は、あらゆる組織にマッチした理想的なトレーニングツールです。必要に応じていつでもどこでも(パソコンの前で無くても)オンデマンド学習を行えます。学習者は、与えられたコンテンツを強制的にやらされるのではなく、自分のペースで学習することができます。

2.学習トピックの使いやすさ

マイクロラーニング(Microlearning)のコンテンツは基本的にはスマートフォンで学習するよう設計されています。なので、学習者はいつでもどこでも学習コンテンツにアクセスできます。

3.開発時間の短縮

マイクロラーニング(Microlearning)はコンテンツ制作ツールで作成するので開発時間が短くてすみますし、更新も迅速に行うことが出来ます。また、テンプレートの活用により(コンテンツの)開発コストも急速に減少しました。豊富なコンテンツライブラリーもサクサクとスピーディーに作れるようになりました。

4.企業研修における幅広い応用分野

学習戦略としてのマイクロラーニングは、セールストレーニング、コンプライアンストレーニング、CSR、従業員のマニュアルなど、さまざまな企業トレーニングに活用されています。さらに、マイクロコンテンツは、コンテンツを検索することにより受講者がアダプティブに学習することができます。また、パフォーマンスサポートツールとしても活用できますし、既存のトレーニングとも併用することもできます。

5.次世代の人材育成戦略

マイクロラーニング(Microlearning)は、既存のトレーニングを全てモバイルテクノロジーに置き替え、実地研修が無くても人を育成できるような仕掛けを作ることが目標です。そのためには、従業員が常にモバイルで学習をする下地を作っていくことが重要です。

あなたの会社でマイクロラーニングを採用すべき理由

あなたの会社でマイクロラーニングを採用すべき理由

マイクロラーニングは旧来のeラーニングコンテンツの短縮バージョンではありません。ひとつの学習ナゲットの中で内容は完結しており、学習に要する時間もおおよそ2分から5分、最大でも7分を超えないことが理想的と言われております。Microlearningは業務に必要なスキルをトレーニングすることに向いております。仕事の合間に短い時間で素早く学ぶことができるので 業務上の課題を迅速に解決していくことに役立ちます。

また、ネットが繋がるところならば いつでも、どこでも学習できるので、必要な時に必要なコンテンツにアクセスできます。さらにMicrolearningは「モバイルファース」ですが、実際はマルチ デバイスに対応に対応してますので、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンどれでも問題なく学べるのが特徴です。

現在、企業研修で行われているソフトのスキル、専門技術、コンプライアンスなどもMicrolearningに置き替えられています。Microlearningは素晴らしいパフォーマンス・サポート・ツールであることは間違えありません。

今だからこそMicrolearningを採用すべき

Microlearningの活用は世界的に猛スピードで広がっています。外出先でスマートフォンを見て少し学ぶだけでも大きな効果が得られます。特にインフォーマルラーニングにおいて効果的です。なのでどこの企業でも行っている「eラーニング」とは切り離して考えてください。用途も目的も違います。また、eラーニングを補完するものでもありません。以下、Microlearningでよく言われているキーワードです。

(1)パーソナライズド
(2)Just in Time
(3)モバイルファースト
(4)インタラクティブコンテンツ(ロールプレーイング、テスティングなど)
(5)インフォーメーショングラフィックス
(6)マルチデバイス、
(7)コンテンツの内製化

貴社のマイクロラーニング導入を支援します
ご相談は株式会社WARKまで

マイクロラーニング・ストラテジーを作成

マイクロラーニング・ストラテジーを作成

マイクロラーニングは、効果的に作られた短い学習コンテンツで学ぶものとして定義することができます。 マイクロラーニングのトレーニングスタイルは、必要な時にいつでも利用できるため、忙しい企業の学習者に向いてます。eラーニングのような「強制」ではなく、マイクロラーニングは学習がいつどこで何を学びたいかも自分で決めることが出来ます。また、マイクロラーニングは、フォーマル・トレーニングだけでなくインフォーマルなトレーニングも可能です、主にパフォーマンスの向上に焦点を当てたトレーニングに活用されたいます。

マイクロラーニングは、学習者が必要と思うときに必要な情報を提供します。 結果として、知識を効果的に得ることで仕事に上手く活かしてます。 また、マイクロラーニングはコンテンツをツールで作るため、リーズナブルな価格で制作することが可能です。また、コースを短時間で展開することができるため、米国では どこの企業も代好きです。 また更新作業もツールなのでとても簡単です。さらに研修戦略にマイクロラーニングを含める場合は、投資収益率も考慮する必要があります。

企業のマイクロラーニング戦略を作成する際に留意すべき5つの概念を以下に示します。

1. 学習者のニーズに焦点を当てる

microlearningを成功するためには学習者のニーズに焦点を当てることが必須です。彼らは忙しい人たちです。 5 分学習させるだけでも とてもードルが高いです。「それって私のためになるものですか?」と聞かれる場合もあるので、それに対して明確な答えを準備する必要があります。

まず彼らにこの学習をすることでどのような利益があるのか説得します。理想的には単元ごとに 1 つの学習成果とします。最終的には、学習者が単元の最後に彼らが欲する回答が得られるようにしておかなければなりません。 したがって、目的が達成可能であり、測定可能であることを確認してください。

2. 全員が学習可能な端末を持っていることを確認しましょう

ミレニアム世代の若者たちはハイテクに精通しており外出先での学習を好みます。彼らはそれぞれ自分の得意なモバイル端末を所持しております。所持してない高齢者に関しては端末の使い方を教えなければなりませんが、研修の一環として microlearning を検討する前に、貴社の従業員が学習にアクセスする適切なツールであることを確認する必要があります。自分のモバイル端末にビデオ プレーヤーがあるか。旅行中の場合もあるのでポッド キャストにアクセスできるか?ヘッドフォンを持ち運んでいるか?インターネットに接続できるかなど。従業員全員が携帯端末で学習にアクセスできるかが戦略上最も大事なことです。

3. 課題を奨励します。

学習コースは眠くならず興味が持続するコンテンツの提供が必須です。さまざまな課題に対するストーリーを作成する場合もあります。また、簡単なものから始まり、その後の単元で難易度を高める手法もあります。でも「簡単すぎる」「あまりにも難しすぎる」は学習者が興味を失うことになるので気を付けてください。あくまでもバランスをとる必要があります。毎週、単元(ショートコンテンツ)を一つ 受講者の端末に送信します。これは効果的です、学習が持続します。また、スコア、バッジなどを渡すとか報酬のようなもので学習の持続を奨励します。これは学習者のやる気を奮い立たせる素晴らしい方法です。

4. インフォ グラフィックやマルチメディア要素を活用する

インフォグラフィックは、短い期間での学習に最適です。インフォグラフィックは統一されたデザインで多くの情報をカバーします。インフォグラフィックは詳細な説明が無くても視覚的要素により学びをスピーディーに届けることができます。
さらに、ショートムービーやインタラクティブな(動的な)コンテンツ、例えばテスト、ロールプレー、耳で聞く(ヘッドフォンで)聞くだけのコンテンツ等もお薦めします。目標は、魅力的でインタラクティブなコンテンツを提供することです。

5. 業務に必須なコンテンツと知っていると役に立つコンテンツを区別します。

Microlearningのコースは、3 〜 5 分間です。短い分コンテンツをコンパクトにまとめなければなりません。なので不要なものは どんどん除外するべきです。どうしても必要な情報で長いものは、コンテンツの最後にPDFなどで添付してあれば良いです。Microlearningは、これからの学習方法です。最近では皆 学習する時間をたっぷり取ることは不可能に近いです。なので、短く良く設計されたコンテンツが最重要です。
—————————————————————————
貴社のマイクロラーニング(システム&コンテンツ)を
ご支援いたします。株式会社WARKまでご相談ください

© 2021 マイクロラーニング ジャーナル

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.