メタバース・XRラーニングに挑む

eラーニング|マイクロラーニング 学びの未来を描くWARK

株式会社WARK
 

株式会社WARK 

メタバース・XRラーニングに挑む
学びの未来を描くWARK

 

HOME | 導入事例 | 導入事例3|NHK放送研修センター様

WARK導入事例

創業から25年。コンテンツ制作で積み上げた実績とノウハウで、日本のマイクロラーニングを推進します。

INTERVIEW|NHK放送研修センター様

コンテンツ内製化セミナー iSpring研修

 
 
 

コンテンツ内製化、ゼロからのスタート

放送と研修のノウハウを活かして、NHK職員をはじめ、
NHK関連団体の職員・社員研修、民間放送局、ケーブルテレビ局、制作プロダクションなど放送界の人材育成に取り組んでいる NHK放送研修センター様。コンテンツの内製化を決断し、その準備としてWARKのiSpringセミナーを受講されました。

コンテンツ内製化セミナー受講の背景

これまでのeラーニング教材をHTML5へ変換する必要性に迫られていた

セミナーで得たいと考えていたことは

内製化のために必要なソフトウェア(iSpring)の操作方法の習得と部内でのスキルアップ(展開)

セミナー受講の効果

2回に分けて受講の機会を用意したことで、主要メンバーのスキルが向上した

WARKの魅力

ソフトウェア(iSpring)に長けたプロフェッショナルであり、操作マニュアルの充実、適切なフィードバックが得られる

 
企画推進室 百瀬義房様
 

iSpringセミナーを受講しようと 思ったきっかけは何ですか?

当センターは、NHK 職員の研修業務を受託する上で、一部で e ラーニング を活用していました。ところが 2020年12月31日をもって Flash Player のサポートが終了することを知りました。すぐさま対応策の検討を開始し、何とかギリギリで 2020年10月に HTML5コンテンツを搭載できる e ラーニング システムに乗り換えたのです。 乗り換えが決定した段階で、これま で Flash で外注していたコンテンツ制作を、自前で完結させることを決断し、そのための準備として有償の iSpring セミナーを受講しようと決めました。

 

WARK を選定していただいた理由は何ですか?

「iSpring を用いてHTML5を自前でつくる」というミッションは少々高いハードルに感じていたので、まずはカウ ンターパートを持つべきだと考えました。これまでコンテンツ制作をお願いしてきたサプライヤーも含め探してみましたが、思うようには見つかりません。そうした中でWARKさんと出会うことができました。
何社かホームーページにアクセスして「iSpringを用いて自前でHTML5をつくりたい」とお伝えしたところWARKさんから一番早いレスポンスをいただきました。ここならカウンターパートとして良好な関係が築けそうだと直感し、さっそく具体的にご相談をさせていただきました。

iSpringセミナーの感触はいかがでしたか?

iSpring は PowerPoint を HTML5 に変換してブラウザにアップするアプリです。PowerPoint にプラグインで入りますので、PowerPoint のメニューの一つとして扱うことができます。残 念ながら iSpring のメニューは英語表 記なので私の稚拙な英語力では難しいのですが、WARK さんの iSpring セミ ナーでは日本語訳のマニュアルをご提供いただけるので、後からでも繰り返し学習することができました。
 

講師はいかがでしたか?

当センターの研修室にお越しいただ き対面で講義していただきました。メンバーの都合があり、2 回に分け て同じ内容のカリキュラムを繰り返し教えていただきましたが、結果的に2回に分けて実施したことが良かったと感じました。というのは、私を含め主力メンバーは同じ講義を二度受けることになったのですが、1 回目と 2 回目の間隔をひと月以上開けたことで、その間に自分たちでコンテンツを作成しながら課題を整理して2回目の講義に臨むことがで きたからです。
1 回目の講義は「全体の概念の学習」、 2回目の講義は「疑問点の深掘りと解決策の検討」という位置づけです。特に2 回目の講義では、こちらの疑問に講 師から一つひとつ解説をしていただき、処方せんをご教示いただくことで、「なるほど」と思う瞬間が何度もありました。

受講後、お役に立てた点はありましたか?

コンテンツ作成にあたっては、PowerPoint の「画面切り替え」や「アニメー ション」の動作や時間の設定が大切ですが、講義でそうした設定をきめ細かく教えていただけたので、プロフェッショナルなコンテンツに少し近づけたと感じました。また、発注元からの微修正のオーダーにも答えられるようになり、自信が付きました。

 今後、WARKに期待することは ありますか?

iSpringやPowerPointの最新情報 など、フィードバックしていただけると助かります。また、こちらの担当者の入れ替わりも想定されるので、カウンターパートとしてアドバイスや講習会の開催などをお願いしたいと思っています。