サービス•製品

  • all
  • モバイル
  • eラーニング
  • スタジオ

成功事例

帝京大学様

導入経緯1 学校では、今、一人一台のタブレット型PCの導入が始まっています。授業におけるタブレット型PCの活用方法は様々ですが、その一つに「個に応じた学習場面での活用」が挙げられます。 そのため、...

株式会社ロッテリア様

国籍・年齢を問わず、すべてのスタッフが直感的に学べるツールを どのような分野でeラーニングを活用されていますか? 当社では、階層別研修と職務別研修の二つの教育領域でWARKさんのモバイルラーニ...

「アイステタロイド」導入事例 株式会社ラーンズ様

より学習効果の高い教材づくりに挑む! 「“Learn(まなび)”を“Support(支援)”していくなかで、お客様の想いをカタチにし、かかわるすべての人々の“Benesse(よく生きる)”を実現する...

株式会社トップ教育センター様

生徒の家庭学習をサポートするeラーニングシステム まずは当社のeラーニングシステムをご導入いただいた背景からお聞かせください。 当社は愛知県知多・半田エリアを中心に個別指導型の学習塾を展開して...

成功記事一覧へ


20年の実績 未来を見据えた新しいプロダクトを開発

elearning_WARK
1990年代から始めたWARKのeラーニング。20年間、実績を重ねながら未来を見据えた新しいプロダクトやサービスを開発して参りました。そして、アイテスタロイド、アイコンテンツロイドなど創造性の高い製品を数多くリリースし、コンパクトなeラーニングをモバイルでもPCでも運用できる「モバイルラーニングシステム」というプラットフォームも開発しました。それら豊富な開発経験と導入事例を元にヒューマンリソースデベロップメント(HRD)の新しい形を示唆し、プログレッシブなeラーニングを創造して行こうと考えています。


独自の発展を遂げた日本のeラーニング

about-wark015
日本で言う「eラーニング」は(特に企業内で)コンプライアンスの「電子エビデンス認証システム」のような形で普及しました。要するに従来、紙で行っていた数千人・数万人対象のコンプライアンスの確認テストをPCで行うことにより効率化し、大きなメリットを出すことができました。今ではコンプライアンステストを紙で行う企業(特に大企業)は ほとんど無くなりましたので、国内で eラーニングは ほぼ行き渡ったとみて良いと思います。さらに そのeラーニングをコンプライアンス研修以外にも活用しようという試みも出てきて「社内システムとの連携」や「メールの配信機能の強化」など学習管理システムのカスタマイズが大きなビジネスのネタとなりました。欧米での教育利用や”Learning”とは別にeラーニングは日本独自のスタイルで発展を遂げたとも言えます。その後、インフラの進化に伴い「研修を撮影して配信する」映像系のeラーニングも大きな利益を生み出しました。


このままでは日本のeラーニングは衰退へ?

wark-top-elearning-mukau
だが、日本のeラーニングシステムは企業内の「情報システム部」の管理下で特定のオペレーションシステム(特にIE6、IE7など)に縛られ、旧OS対応に悪戦苦闘するという消耗戦を繰り返してきました。そうこうしてるうちに押し寄せるモバイル化やクラウドの波に大きく乗り遅れてしまい、おまけに大手企業が海外のクラウドベンダーのシステムを導入し始めたため 我々日本のベンダーは学校や中小企業への導入という方向に走らざるおえなくなりました。

特にOracle、SAP、Workdayなどの巨大企業が開発した「タレントマネージメントシステム」はラーニング機能を実装しており複合的に考えれば使い勝手が良く、さらにコーナーストーンオンデマンドやSABAのようなラーニングに強みを持った「タレントマネージメントシステム」の登場も業界には大きな痛手でした。また、学校もMoocのような無料のeラーニングが主流となり、中小企業も現況の人不足を考えると採用には予算をかけるが研修以外の人材教育に回す予算など無く、このままでは日本のeラーニング業界が衰退していまうのでは?と危惧されるようになりました。


eラーニング=システムではなく=教育で存在感を示せ

top-wark007我々 日本のeラーニングベンダーは「eラーニング = 学習管理システム」という考え方だけではなく「eラーニング = 教育」で存在感を示めさなければならない時が来たように思えます。現況、学習管理システムはクラウドによる価格破壊で月額ASP費・数万円台が主流となり売上額が大きく目減りしました。また、セールスフォースなど外資のシステムに見られるように「システムをカスタマイズしない」ことが主流となり、システムのカスタマイズという仕事も段々減って行く傾向にあります。それ故「eラーニング = 教育」という強みを出して行かなければ生き残れなくなるのは確かです。


eラーニング=教育と言うのなら最も大事なのは「コンテンツ」

top-wark006「eラーニング = 教育」と言うのなら最も大事なのは「コンテンツ」です。学校に例えるなら先生も生徒も教科書も校舎もコンテンツです。ただし、我々eラーニングベンダーがありとあらゆる専門知識を身につけているわけでなく 全てのコンテンツを自社で作るのは不可能です。それゆえ我々は「学びを感動的に伝えられる方法」「学びを効果的にデジタル化できる方法」などを研究し、ユーザーにアドバイスしお伝えしなければなりません。


コンテンツ制作に磨きをかけインパクトの強いものに

top-wark015
さらに教育を「e化」するにあたり、「研修を映像で記録に残す」とか「教材をパワポで作って変換する」だけの貧相なアイデアだと すぐにユーザーに飽きられてしまいます。これからは より個性的なコンテンツのプロデュースが必要です。お客様の業務状況に しっかり寄り添った教材を設計するなど高度なプロデュース力が問われます。いずれにせよ 従来の画一的なやり方ではなく もっとコンテンツ制作に磨きをかけ、インパクトの強いものにしていかなくてはならないと思います。


欧米でのトレンドは学習分析からマイクロラーニングへ

top-wark40
欧米でのeラーニングは日本よりずっと進んでいます。本年のATD TechKnowledgeによると、昨年の注目キーワードだった「Mooc」や「learning analytics(学習分析)」が大きく下降し、いわゆる「マイクロラーニング」に代表されるモバイルラーニングやコンテンツのモバイル化に大きな注目が集まりました。※ATD TechKnowledge=January 11 – 13, 2017 / Caesars Palace / 3570 S Las Vegas Blvd / Las Vegas, NV 89109


これからのeラーニングの主流はPCからモバイルへ

top-wark43
これからのeラーニングはPCのディスクトップ画面を大きく占有するものから、必要な時だけモバイルをポケットから出し学習するスタイルに変わって行くと思います。これを「マイクロラーニング」と言います。そのマイクロラーニングの実現にはモバイルが必須となります。eラーニングの主流はPCからモバイルへ移り変わるでしょう。あと一つ忘れてはいけないのはeラーニングの世界統一規格であるSCORM(Shareable Content Object Reference Model)です。このSCORMにより、様々な人が作ったコンテンツを様々な人が作ったシステムに載せることができ、演習問題の表示・正誤判定・採点、学習時間などの学習履歴も取得することができます。eラーニングの多様性を考えるならSCORMは必須です。SCORMに対応してないシステムやコンテンツは もはやeラーニングとは言えません。


コンテンツの「内製化」も欠かせないキーワード

top-wark016コンテンツの「内製化」も欠かせないキーワードです。近年、パワーポイントの機能が大幅にUPし、コンテンツ化におけるデザイナーやプログラマーの介在は少なくなりました。企業はよりコンパクトで質の高いeラーニングの構築を求めており、それにはコンテンツの内製化は必須です。その「コンテンツ内製化」を牽引するのはコンテンツ制作ツールです。ツールがあればデザイン力やプログラミング力が無くてもクオリティーの高いコンテンツが制作可能です。良いコンテンツ制作ツールさえあれば内製化に対する支障も無くなります。


学習管理システムも必要!ただし操作が簡単であること

lms-wark05
もちろん学習管理システムも必要です。これからは「高機能な学習管理システム」ではなくiPhoneのように操作がカンタンで誰にも扱えるコンパクトなシステムが重宝されると思います。もちろんPC、モバイル対応のハイブリッド型でSCORM対応は最低条件ですが、もっと柔軟にeラーニングを運用したいなら「システムをカスタマイズする」という発想は捨てて下さい。機能を見ながら運用をカスタマイズする方が格段に安く済みます。また、ITに強い担当者任せもダメ。その人が去った時点で運用が崩壊してしまいます。高機能システムの裏側には必ず「運用の難しさ」と「引継ぎの難しさ」がついてまわることを念頭に入れてください。


これからのeラーニング導入で考えるべきこと

top-wark41
これからeラーニングの導入で考えるべきことは(1)タレントマネージメントシステムのようなHR全体システムを導入してそのラーニング機能を活用する(2)”ラーニング”に強いタレントマネジメントシステムを導入しeラーニングから人材管理に領域を広げていく(3)将来の大規模システムの導入を念頭に置き月額ASP費が安く操作がカンタンでシンプルなシステムを使ってみる。その3点だと思います。どれを使っても それぞれの会社の都合で問題ありませんが気をつけなくてはならないのはコンテンツです。甘く見てはいけません。コンテンツ自体もシステムが変わるごとに移行させなくてはなりません。なのでコンテンツをローカルPCで作って保存しておく必要があります。特にサーバー上にコンテンツを登録するようなシステムはお気をつけ下さい!LMSの移行と共にコンテンツも消えてしまい また一から作り直すという作業が必要になります。


今後の成長株は?

%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%84%aa%e3%82%8c%e3%81%9f%e9%a0%ad%e8%84%b3%e3%81%a7%ef%bc%88%e3%82%88%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%b8%8b%e3%81%95%e3%81%84%e3%80%82今後の成長株はズバリ「マイクロラーニング」(スナックラーニングとも呼ばれる)です。これがeラーニングの主流になると思います。端末がPCからモバイルに移行したこともあり あらゆる人や業種がeラーニングのターゲットとなります。その中で特筆すべきことは学ぶタイミングが変わったことです。今まではeラーニングを(PCで)しっかり受講してから業務に入りましたが、マイクロラーニングは業務の途中に短い時間で(モバイルで)受講できるのが特長です。要するに地図を見てから現地に向かうか、迷った時 に地図を見て探すのかの違いなのですが、今まで集合研修との差別化が難しかったeラーニングも この「マイクロラーニング」の登場によりしっかりと差別化が図れます。ちなみにWARKは この「マイクロラーニング」を作るためのツールも開発しました。


それをどう魅せるか?私たちにお任せ下さい

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e8%a6%8b%e3%81%9b%e3%82%8b
これからは そのeラーニングをどう魅せるかが大事になります。今までeラーニングの受講時間は60分、120分と大変長いものでした。現在、欧米では受講時間が5分以内と言われております。それ故 5分以内のコンテンツを複数回 受講します。PCからモバイルに端末が移行することにより様々な変化が起こりました。パワーポイントのアニメーションもモバイルラーニングでは重要視されなくなります。特にスマートフォンでは人差し指で画面を上下に動かしてしまうのでアニメーションは不要です。このように様々な環境下でeラーニングのスタイルも変化していきました。それに対しアドバイスしたりアイデアを伝えるのが私たちWARKの役目です。


セミナーでは いつも最善策を教えています

%e6%9c%80%e5%96%84%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a7%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82
WARKはeラーニングに関する様々なセミナーを随時開催しております。ひとつは無料の「eラーニングの内製化のススメセミナー」もう一つは有料の「eラーニングコンテンツ内製化セミナー」です。特に有料の「eラーニングコンテンツ内製化セミナー」では様々な企業、学校にコンテンツの制作法をご指導させて頂きいております。無料版は短時間ですが、コンテンツの内製化の他にVRなど最先端技術を使ったコンテンツの開発法のお話もさせていただきます。お時間がございましたら 是非ご参加ください


eラーニングをやるなら 何がゴールかを決めるべし

top-wark002
eラーニングをやるなら まず何をゴールにするか決めてください。コンプライアンス研修を全社員にやらせるために導入するなら、研修が終わると同時にeラーニングも終わります。そうならないためにもゴールをハッキリと決めておくべきです。「ITを活用した教育を社内に根付かせる」をゴールに導入する企業もございます。コンプライアンスだけでないので「社内の技術継承」「CSRの徹底」「研修の再確認」「資格試験の演習」など様々な効用が連想されます。さらに発展して「人材の定着化」「OJTの軽減」「人材の即戦力化」など アイデアがどんどん広がっていきます。必ず ゴールを決めて下さい!


eラーニングの内製化、定着化、資産化をサポート

top-wark25
「社内にITを活用した教育を根付かせる」なら、eラーニングを内製化、定着化が必要です。eラーニングの運用は操作性がシンプルで使いやすいシステムを選択するだけで ほぼ問題解決ですが本当に大変なのはコンテンツ制作です。大きな予算や労力がかかります。さらにコンテンツの仕上がり具合によってはeラーニングへの評価も大きく変わります。 要するに「ITを活用した教育を根付かせる」=「eラーニングの運用+コンテンツの内製化を定着化させる」ということです。やがては それが御社の資産になります。


コンテンツの内製化を成功させるには?

top-wark27その「コンテンツ内製化」を成功させるにはキーは制作ツールです。それもカンタン操作でクオリティーの高いコンテンツが作れるツールが必要です。別に汎用性の高いツールである必要はありませんeラーニングのコンテンツさえ作れればよいのです。ちなみに、私たちWARKはeラーニングやモバイルラーニング用のツール(ソフトウェア)専門の会社です。 特に2008年に開発した「eラーニングゲームエンジン」の進化版として2012年にリリースした「アイテスタロイド」はロングランで売れており 各界から大きな反響がありました。さらにモバイル版のコンテンツ制作ツール「アイコンテンツロイド」や「アイセミナーマン」もおかげさまで好評です。その「アイテスタロイド」「アイコンテンツロイド」「アイセミナーマン」3つを合わせた「iシリーズ」こそeラーニングコンテンツ制作のための最高のツールです。


eラーニング運用チーム構築も支援します

top-wark024eラーニングの運用リーダーの育成から運用チームの編成までご支援させて頂きます。eラーニングを行うと必ずユーザーから問い合わせがあります。お客様サポートと運用会社への指示は複数で行うと混乱がおきます、例え複数で行うとしても必ずリーダーを決めて下さい。eラーニングはハード、インターネット、プログラミングの他にコンテンツやインターフェースの知識も必要です。私たちの方でもご支援させていただきますのでお気軽にご相談下さい。


新たなeラーニングチーム編成のご提案

top-wark025
新たなeラーニングチーム編成のご提案もさせて頂きます。従来のeラーニングの運用チームにeラーニングの普及・促進チーム(社内プロモーション、教育分析)などを加え、パフォーマンスの向上を目指します。また、eラーニング・リーダーの育成に関するご支援もさせて頂きます。以下 チーム絵編成内容 ①システム運用チーム(IDの登録・削除、教材の登録など)②eラーニングリーダー(ラーニングの企画、戦力、運営他) ③コンテンツ制作チーム(コンテンツの企画・制作・更新・改善など) ④普及・推進チーム(社内プロモーション、教育分析・経営支援、受講者の声を集める、アンケート、説明会や報告会を開く、啓蒙・認知活動など)


今にマッチした新しい運用法を模索しませんか?

top-wark30
御社様のビジネスにマッチした新しいeラーニングの運用法を模索してみませんか?eラーニングは全て同じフローで行う必要はございません。御社の文化に合ったeラーニングの運用法を構築するべきだと思います。例えばeラーニングを1年かけて行う運用は 現代社会のスピードに まるで合ってません。例えば(1)コンテンツ制作(2)eラーニングの受講(3)分析と改善。この3つをスピーディーに回して行くような運用モデルに変更してみたり、コンテンツの更新をマメに行ってみたりなど 業務に合わせて様々な運用法に変えて行くべきだと思います。特にアルバイトを多く雇っている業種などはスタッフの即戦力化が必須ですし、人の出入りが少ない製造業などでは インストラクショナルデザインに沿った深みのある運用が必要です。


受講者はモバイル、管理者はPC!これが新常識

top-wark027前述した通り本年のATD TechKnowledgeによると、昨年の注目キーワードだった「mooc」や「learning analytics(学習分析)」が大きく下降し、いわゆる「マイクロラーニング」に代表されるモバイルラーニングやコンテンツのモバイル化に大きな注目が集まりました。eラーニングの受講者はモバイル、管理者はPC!これが新常識です。世界中どこに行っても皆、モバイルを持っています。故にモバイルラーニングでの学習は当たり前です。PCだけで行うeラーニングは今後は少なくなっていくでしょう。


今やっているeラーニングも見直してみませんか?

%e4%bb%8a%e3%81%be%e3%81%a7%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f
今、行っているeラーニングは古くなってませんか?時代に合っていますか?教育効果が薄れてませんか?費用を払いすぎてませんか?どんどん問いかけてください!時代はPCからモバイルへ。オンプレミスからクラウドへ。高機能からコンパクトへ。・高価格から低価格へ。「変えられない」と言っている間に世の中がどんどん変わっていきます。自社の人事システムと連携しているから変えら または統合システムだから変えられませんか?ブラウザもどんどん新しくなり 仕舞いに閲覧できなくなりますよ!この機会に是非 貴社のeラーニングを見直してみませんか?


学習データ分析?やる気のないデータを取っても意味無し

top-wark028目を覆いたくなる程 つまらないeラーニング研修の学習履歴を いくら分析しても何の役にも立ちません。やる気の無さが「見える化」されるだけです。もっと良いデータが取れるようにコンテンツを工夫していく必要があります。本当に役に立つ分析を行いたいなら良いデータを作る努力も必要です。


同時アクセス数?そんなの教育に関係ない!心配ご無用

top-wark004
最近、良くお客様にサーバーの同時アクセス数のことを聞かれますが、そもそも同時に多くの人がネットワークにアクセスしたらどうなりますか?受講者のモバイルやパソコンが爆発するなら大変なことですが そんなことはありません。単に一瞬 画面が見えなくなるだけです。何回かアクセスを繰り返したり時間帯を外せば必ずつながります。それだけです。そのようにマイナス指向でいるより「サーバーが落ちるくらい学習してもらおうよ」と前向きに考えましょう!皆が勉強しすぎてサーバーが落ちてしまったら、それはそれで大成功です。社長へも素晴らしい報告ができます。


むしろサーバーが落ちるくらい学習してくれたら大成功

top-wark45
サーバーが落ちるくらい学習してくれたら大成功です。サーバーが落ちても誰も傷つきません。再起動すれば元に戻ります。eラーニング研修=すぐにアクセス数増大?本当ですか?同時に1,000人がeラーニングを行う?そんな悠長なことをやってられる会社は日本に存在しますか?同時アクセス数とeラーニングは全く関係ありません。それより、勉強しなかったらサーバーが落ちてしまう仕組みを作った方が効果的だと思います。大事なのはサーバーの負荷ではなく「教育効果」です。


eラーニングのことなら何でもご相談ください!

top-wark29
(1)初めてeラーニングを導入しようと思っている方、まずは小額でコンパクトに始めてみませんか?(2)現場・店舗でOJTの補足も含め「マイクロラーニング」や「モバイルラーニング」を始めてみませんか?(3)eラーニングを定着化、資産化させるためにコンテンツの内製化を行ってみませんか?セミナー、コンサルティングを含めご支援させて頂きます。(4)現況のシステム、運用含めeラーニングを見直してみませんか?費用、教育効果 何でも結構です。ご相談下さい。(5)eラーニングコンテンツの受託開発も行います。15年間蓄積したノウハウを惜しみなくご提供します。

top-wark020
株式会社WARKはeラーニングの総合カンパニーです。本年度で会社設立20周年です。今後もプログレッシブなeラーニングを目指して日々精進して参りたいと思います。

top-wark010
eラーニング関するセミナーも随時行いたいと思います。特に「eラーニング内製化のススメセミナー」は数多くの方々にご参加頂きました。今後も定期的に続けて行きたいと考えております。
top-wark013
私たちは、カタログを持って製品やサービスを販売するだけの会社ではありません。お客様の「eラーニング成功」に向けて一緒に考え、汗を流す会社です。それゆえ、お客様のご相談に対し、それに応えられるよう精一杯がんばります!やります!是非、ご贔屓にしていただければ幸いです。よろしくお願いします。