メタバース・XRラーニングに挑む

eラーニング|マイクロラーニング 学びの未来を描くWARK

株式会社WARK
 

株式会社WARK 

メタバース・XRラーニングに挑む
学びの未来を描くWARK

 

HOME | 製品・サービス情報 | XR(VR,AR,MR)コンテンツ制作

WARKサービス情報

創業から25年。コンテンツ制作で積み上げた実績とノウハウで、日本のマイクロラーニングを推進します。

  

WARKのXR(VR,AR,MR)サービスの特徴

WARKのXR(VR,AR,MR)は、4つの特徴があります。
お客様のご要望に応じて360° 写真・動画、3Dオブジェクト制作、各種オーサリングなどに対応いたします。
さらに、LMS(学習管理システム)上で、XRをSCROMデータとして配信することも可能です。

 

WARKのXR(VR,AR,MR)サービス4つの特徴

 

1.対応デバイスの豊富さ
2.最新のプラットフォームに対応
3.豊富なアセット
4.多彩な表現のコンテンツ

1.対応デバイスの豊富さ

スマホ/スマホゴーグル、HMD(META QUEST等)、LMS・ブラウザに対応。それぞれの特性にあわせてコンテンツを制作します。

  スマホ/スマホゴーグル HMD(MetaQuest等) LMS ブラウザ
メリット 手軽さ
ARコンテンツ
360°動画コンテンツ

圧倒的没入感
シミュレーション、メタバース
360°映像コンテンツ、MR

進捗管理、履歴取得
メタバース
360°映像コンテンツ 

デメリット 画面が小さい
迫力が無い

長時間の利用は難しい
内容によっては酔うことも
端末が高価、LMS連携が難しい

ブラウザでしか閲覧できない
立体視がしづらい(すべて平面)


 

2.最新のプラットフォームに対応

Unity、Adobe Captivate、Adobe AEROなど、様々な開発環境に対応。
最新のプラットフォームで、あらゆるニーズに対応できます。

WARK社対応プラットフォーム例

 

3.豊富なアセット

オブジェクトを変更するだけで様々なシチュエーションを表現することが可能です。
もちろん1からモデリングをすることも可能ですが工数はかかってしまいます。

 

 

4.多彩な表現のコンテンツ

LEVEL1:見るXR モデルデータを活用した教材

形状や大きさ化の確認をするコンテンツに

古い講義動画をCGキャラクタが出る映像に変換

VTUBERのようなCGキャラクタの登壇

LEVEL2:動くXR 動画データを活用した教材

360°映像・写真

360°CG映像制作

ARコンテンツの制作

XRコンテンツデータベースの構築

LEVEL3:触るXR バーチャル空間を体験できる教材

VR型の操作シミュレーション

LEVEL4:集るXR ヴァーチャル空間に同時に集まる教材

メタバースプラットフォームを利用したコンテンツ

オリジナルメタバース空間の開発

WARKのXRサービスラインナップ(例)

3DCGオブジェクトを活用したスライド制作

 

 

VTUBER CGプレゼンター動画制作

 
 

 

3DCGオブジェクト多目的利用のためのデータベース制作

 
 

 

ARを使用した学習アプリ&WEBアプリ開発