モバイルラーニングシステム

モバイルラーニングシステム

モバイルラーニングシステムはカンタン操作で手軽に安価にeラーニングができる次世代型の新LMS(学習管理システム)です。テスト、動画、スライドなど様々な学習用コンテンツを登録し配信することができます。もちろん、パソコン、スマートフォン、タブレット何でも閲覧できます

モバイルラーニングシステム(Mobile LMS)とは?

lms-wark01

モバイルラーニングシステムはモバイル領域において自由自在に教育を設計できる新しいLMS(学習管理システム)です。もちろん、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、どのような端末でも受講可能です。大企業、中小企業から学校教育機関まで多くの導入実績があり、導入時から運用までのサポート体制も万全です。また、クラウドで安価な料金形態で提供しております。


コンテンツを配信し学習履歴を集計するためのシステムです

LMS(学習管理システム)とはコンテンツ(教材)を配信し、その学習履歴を取得するためのシステムです。コンテンツを受講するだけだと、誰がいつ学んだかの情報などが無く学習の効果的な管理が出来ません。それゆえ、eラーニングを行うなら学習管理システムが必須となります。


モバイルにベストマッチ!なのでモバイルラーニングシステムです

LMS-WARK09

モバイルラーニングシステムは

モバイルラーニングシステム(Mobile LMS)はコンテンツ管理、学習履歴管理、ユーザー管理、グループ管理等、学習管理システムに 必須の4大機能を標準装備しております。このシステムだけでeラーニングを快適に効率よく運用することができます。

またiPhone、スマホ、タブレット、PCといた4種の端末に全て対応(マルチデバイス対応)どのような環境でも学習が可能です。さらに無駄な機能は設計の段階から省き、シンプルでわかりやすいインターフェース作りを心がけました。


操作は超簡単!操作性で選ぶお客様急増中!

lms-wark03
Mobile Learning Systemはユーザビリティーを最優先に考え設計しました。様々な場面で効果的なeラーニングが行えるよう考えました。特に操作がカンタンであることとシンプルであることは本システムの大きな特徴です。他社では、操作研修に数日費やすものもございます。Mobile Learning Systemはわずか1時間ほどでご理解いただけます。そのカンタンさがお客様にご好評頂いております。


他社の追従を許さぬMobile LMSの5つの特長!

icont056

カンタンで操作性に優れている

モバイルラーニングシステム(MobileLMS)の大きな特徴の一つとしてカンタンで操作性に優れているところが良く挙げられます。ユーザーインターフェースは日々改良、改善の努力を続けており おかげさまで他社の学習管理システムと比較検討した上でも弊社システムを選んで頂けるようになりました。

学習しやすく、効率性が高いインターフェース!

学習しやすさ。簡単に学習できるようにしなければならない効率性。ユーザがしばらくつかわなくても、また使うときにすぐ使えるよう 覚えやすくしなければならない記憶しやすさ。主観的な満足度などを重視して設計しました。

映像の操作履歴もしっかり取れます

学習履歴のみならず、WARKが独自開発した「SCORM映像プレイヤー」により誰が何分視聴した、シークバーをどれだけ動かしたなどの映像の操作履歴(アクティブログ)も取得することが可能です。

機能のサプリメントも柔軟に!

モバイルラーニングシステム(MobileLMS)はお客様のeラーニング運用に合わせて機能を追加することもできます。

お客様への信頼は、万全のサポートで

お客様への信頼はサポートです。私たちが精一杯がんばります。是非一緒にeラーニングの成功へと導いていきましょう。


もちろんPCからスマホまで何でも受講できます

lms-wark12
もちろん、iPhone、スマホ、タブレット、PCなどマルチデバイス対応です。環境を選びません。また、端末だけではなく様々なブラウザにも対応可能です。世界中に張り巡らされるインターネットの中で自由自在に学習ができます。


基本的には作ったデータをアップロードするだけ

lms-wark04
基本的には作ったデータ(画像、映像、音声、SCROMファイルなど)を学習管理サーバーにアップロードするだけです。その後、学習者がWEB上でアクセスすることによりコンテンツが自動的に展開されます。そのパフォーマンスログ(学習履歴)は、サーバーに保存され 後で管理者が閲覧することができます。


クラウド型で格安料金体系!それでいて高機能!

lms-wark05

モバイルラーニングシステム(Mobile LMS)は基本、クラウドベースでASPでサービス提供を行っております。共用型で安価に提供することも可能ですし、プライベートクラウドでの大規模運用もできます。お客様のeラーニング運用の諸条件により様々な設定が可能です。


カンタン明快!Mobile-LMSの4つの基本機能!

LMS-WARK08

Mobile-LMSは他社の学習システムに比べて カンタン明快です!それぞれの機能を例えるならコンテンツ管理機能は「教材や教科書」学習履歴管理機能は「成績や通信簿」グループ管理機能は「クラスや教室」ユーザー管理機能は「生徒や名簿」と考えて下さい。実際の学校に例えてみるとeラーニングの本質が見えてきます。


①コンテンツを管理する

LMS-WARK005
Mobile-LMSは様々なコンテンツを管理することが出来ます。例えば、動画コンテンツ、テスト、PDF資料などを自由にアップロードして受講者に配信することが出来ます。※動画、テスト、フラッシュなどのコンテンツはSCORM準拠であれば学習履歴の取得も可能です。その場合、コンテンツのSCORM化が必要です。弊社のアイシリーズ(アイテスタロイド、アイコンテンツロイド、アイセミナーマン)で作成したコンテンツは全てSCORM化することができます。

lms-wark06

コンテンツ管理機能は主に受講者にコンテンツを割り当てる機能です。上記が実際の画面です。コンテンツタイトルの横に内容の説明を記す事が出来ます。もちろん、コンテンツの並び順も簡単に変更することが出来ます。このようにシステム全体が単純明快でわかりやすいインターフェースとなっております。


②学習履歴を管理する

LMS-WARK006

学習の実地状況(誰がいつ何を学んだか?など)を管理者が瞬時に一覧で確認することが出来ます。その学習履歴をCSVでエキスポートすることも可能です。Mobile-LMSはPCに強くなくても学びを自由自在に管理することができます。

lms-wark07

学習履歴管理機能とは、学習パフォーマンスログを管理する画面です。進捗率、学習時間、修了日などの情報を取得することができます。学習状況に関しては「完」=完了、「未」=未受講のように漢字一文字で すぐに分かるよう工夫されています。履歴検索も条件を指定すれば、すぐに表示することができます。


③グループを設定し登録・管理する

lms-wark52
管理権限を階層別に分けることができ、組織体系に合わせたグループ設定が可能です。例えば、本部から営業部、総務部、経理部など、さらに1課、2課など標準機能で3階層まで分けることが可能です。この本部→営業部などをA社、部を子会社のB社、C社、さらに課を関連会社のD社、E社などのようにして使用することも可能です。このグループ機能を有効に使って学習をデザインしていきましょう。

lms-wark08

部署や店舗など様々なグループを登録し管理する画面です。新規のグループを作成することが可能です。例えば、研修のグループ、部署のグループ、性別のグループなど 様々なグループを作ることができます。


④ユーザーを登録し管理する

LMS-WARK007

ユーザー(受講者)はそれぞれ どこかのグループ(学校で言えばクラス)に属することになります。グループが無い場合でも何か1つのグループを作って登録して頂ければ結構です。グループはユーザー登録管理に必須の概念です。

lms-wark09
ユーザー(受講者)をシステムに登録したり削除したりする機能、それがユーザー管理機能です。新人社員も退職社員もいますよね。それらの方々にIDやパスワードの付与を行います。ユーザー(受講者)はもらったID パスワードを入力して受講を開始します。このID、パスワードはコンテンツの秘密情報や著作権の保護に必須です。もし、ID パスワードが無かったら 会社の大切な情報を世間に垂れ流してしまいます。


ユーザー目線で開発した最も使いやすいシステムです!

lms-wark11
ニールセンの「ユーザビリティエンジニアリング原論」に「システムは、ユーザがそれを使ってすぐ作業を始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない。」という記述がございます。eラーニングは特にユーザビリティーが重要です。このMobile LMSはそのユーザビリティーを重視して開発した最も使いやすいシステムだと自負しております。


受講者のログイン画面はお客様に合わせて変更できます

lms-wark10
受講者のログイン画面はeラーニングの顔です。現在、弊社名が記されてますが、もちろんお客様のご要望に合わせて変更できます。その他、一番下のコピーライトの部分も変更可能です。お客様の企業ロゴを表示させることもできます。


人事担当者でも学校教員でもカンタンに使える!

lms-wark13
WARKのMobile LMSは人事担当者でも学校関係者でもカンタンに操作できるところが特長です。さあ、どんどんコンテンツを作って登録してみませんか?eラーニングを有効活用しましょう。


受講者への一斉メール配信機能もあります!

lms-wark14
オプションですが受講者への一斉配信機能もございます。パスワードの再発行、ユーザーの情報送信、受講催促メールなど様々なメール配信が可能となっております。ご相談下さい。


学習進捗がアイコンにより一目でわかります

lms-wark15
学習進捗がアイコンで一目でわかります。例えば、コンプリートが「完」未受講が「未」合格が「合」など。この一目でわかるが管理機能には重要です。いちいち文章を追わなくてもすみます。慣れてくると本当に使いやすいのがMobile LMSです。


コース登録作業もカンタン!

lms-wark16
コース登録作業もカンタン、公開/非公開の切り替え、受講期間の設定など すぐに行うことができます。学習管理システムのインターフェースも長時間見ても目が疲れないようなカラーを採用しております。(白は理論上は眩しいとされています)


ユーザー管理はCSVで一括登録が可能です!

lms-wark17
ユーザー管理はCSVで一括登録が可能です!とても便利な機能です。このCSVによる登録機能により数百、数千のユーザー(受講者)を一気に登録することができます。数百、数千の登録作業はシステムが最も得意な部分です。お任せ下さい。


セキュリティー万全!強固なデータセンターで しっかり守ります

lms-wark16
セキュリティーは万全!大手金融機関も使っている有人監視の強固なデータセンターでお客様の大切なデータをお守りします。特に私たちWARKのデータは有人のセンターでしっかり管理しております。安心してお任せ下さい。※1部 異なる場合もあることをご了解下さい。


導入時の操作研修も しっかりやらせて頂きます

setsumei2
モバイルラーニングシステム(Mobile LMS)導入時の操作研修は貴社または弊社にてしっかりやらせて頂きます。コンテンツ管理機能は「教材や教科書」学習履歴管理機能は「成績や通信簿」グループ管理機能は「クラスや教室」ユーザー管理機能は「生徒や名簿」など。その基本概念さえ しっかり理解して頂ければ わずか1時間で研修が修了します。※操作研修に関してはPC操作が問題なくできることが条件で時間を算出しております。PC自体の操作研修は行っておりません。


モバイルシステムだけどパソコンでも学習OK!

lms-wark18
Mobile LMS(モバイルラーニングシステム)はモバイルを強調しておりますが、PCでの学習も全く問題ございません。受講可能です。ちなみに、アプリの場合はPCで受講できません、そこがMobile LMSの強みでもあります。


PCベースとアプリベース両方の良いところを持ったサービス

LMS-WARK10

モバイルラーニングシステムは従来のPCベースのeラーニングサービスとアプリベースの最先端のeラーニングサービス両方の良いところを持ったサービスです。PCベースのLMSの特長は機能は多いが複雑で覚えにくい、モバイル対応が完全では無いものが多い、利用料金が高い、小規模導入に向いてない、古いシステム設計のものが多く新しい環境に対応してないなどが挙げられます。アプリベースのサービスとしては、本格的なLMSほどの機能は実装してない、モバイル専用なのでPCが使えない、アプリのインストールや管理が必要、大規模での導入に向いてない、コンテンツの表現が画一的などが挙げられます。それに比べて両方の良いところを持ったサービス「Mobile LMS」は、本格的なシステムでありながらシンプル、モバイル / PC完全対応、利用料金が安い、小規模から中規模での導入が可能、作ったコンテンツを登録できる仕組みがあるなど圧倒的に優位に立てます。


eラーニングの世界標準規格「SCORM」対応!

LMS-WARK11

モバイルラーニングシステムは、もちろんeラーニングの世界標準規格であるSCORMに対応しています。SCORM(Shareable Content Object Reference Model)は、eラーニングのプラットフォームとコンテンツの標準規格です。アメリカの国防省系の標準化団体ADL (Advanced Distributed Learning Initiative) が制定しており世界中で活用されています。


学習システムを選らぶなら必ずSCORM準拠か確認すること!

LMS-WARK003
eラーニングには「SCORM」という世界標準規格がございます。その規格により 世界中の様々な制作ツールで作ったコンテンツや学習管理システム間で互換性を持つことができます。もちろん、WARKのモバイルラーニングシステムも「SCORM」に準拠しております。例えば、米国製のコンテンツ作成ツールで作った教材でもSCORM規格によりWARKのシステムで動作します。日本製のコンテンツ作成ツールで作った教材を米国製のシステムで動作させることも可能です。このように自由度の高い仕組みであるかどうかを選定時に必ず確認して下さい。


コンテンツ作成機能 内包型のシステムは互換性無し!

LMS-WARK004
逆にSCORMに準拠せず、その学習管理システム内に付属したコンテンツ作成機能で作った教材は互換性が無く、他のシステムでは使えなくなります。また、世間一般に流通している素晴らしいコンテンツ作成ツールも利用できなくなります。その点を良くお考え下さい。学習システムのコンテンツ作成機能が付属している場合の注意点としては(1)他社のシステムに乗り換えた時作ったコンテンツが使えなくなる(2)そのコンテンツ作成機能自体の精度が良くない場合が多い(専門ツールの方が精度が高い)(3)課金が切れると同時にコンテンツも消滅するように出来ているなど(他社に乗り換え出来ない施策) 


まずは簡単・安価なMobile-LMSで始めてみませんか?

lms-wark19
低価格・操作性抜群の「モバイルラーニングシステム(Mobile-LMS)」を導入して、まずは試してみることをオススメします。まだ うまくいくと決まったわけではないeラーニング研修、まずは簡単・安価なMobile LMSで!


クラウドなので常に最新状態でお使い頂けます

lms-19
Mobile-LMSはクラウドの良いところを最大限に活用しております。そして、常にシステムを更新しており お客様も最新の状態でお使い頂けます。もちろん、1ヶ月のお試し期間もございます。


モバイルラーニングシステムは世界中で活躍しています

lms-wark20
モバイルラーニングシステムは、アメリカ、アジア、ヨーロッパそして日本!世界中至るところからアクセスがあります。まさにグローバルインフォメーションシステムです。世界中のeラーニングをWARKのシステムが支えています。


価格はお問い合わせください!

ites41
価格はお問い合わせください!こちらのフォームよりお問い合わせください きっとお客様に満足いただける価格を提示することができます。特に100 IDからの価格帯には自信があります。この機能と安定性で この価格!日本最安値を自負しております。eラーニングを始めるなら まずはMobile LMSでやってみませんか?eラーニングのイロハを学ぶことが出来ます。また、eラーニングに関する各種展示会に出展しております、会場でお気軽にお声がけ下さい。


モバイル+eラーニングを活用して教育効果を上げましょう!

lms-wark22
モバイル+eラーニングを活用して一緒に教育効果を上げていきませんか?一般に企業における教育には、実地研修、OJTトレーニングがございます。それを補完して後押しするのがeラーニングと考えております。実地研修、OJT、eラーニングが三位一体となり御社独自の教育体系を作ってみませんか?私たちWARKがお手伝いします。お気軽にお問い合わせ下さい。
こちらのフォームよりお問い合わせください

サービス•製品

  • all
  • モバイル
  • eラーニング
  • スタジオ