コンテンツ内製化コンサルティング

コンテンツ内製化コンサルティング

コンテンツ内製化コンサルティングとは、コンテンツ内製化支援セミナーだけではフォローできない部分をコンサルティングという形で継続的にご支援するサービスです。コンテンツ制作以外にもシステム・開発ツールの選定、プランニング、制作フローの構築なども行っております。

コンテンツ内製化コンサルティングとは?

コンテンツ内製化コンサルティングとは、コンテンツ内製化支援セミナーだけではフォローできない部分をコンサルティングという形で継続的にご支援するサービスです。コンテンツ制作以外にもシステム・開発ツールの選定、プランニング、制作フローの構築なども行っております。特に大規模なラーニングコンテンツの作成においては社内の旗振り役の如何によってプロジェクトの成功、失敗がハッキリ分かれます。弊社がその社内の旗振り役をご支援し様々な課題に対する解決策を一緒に考えます。


eラーニングの大規模プロジェクトは上手く行く方が珍しい

教育に お金を投ずることは皆 アグリーです、反対する人はほとんどいません。ただしeラーニングのプロジェクトを成功させるのは至難の業、さらに大規模になればなるほど難しいです。下手すると導入と開発だけで終わってしまいます。結局、売り上げなどのように効果を計る尺度が無く成果が見えないところが判断の難しい点でです。要はITを活用した教育がしっかり組織に根付かなければ成功とは言えません。根付かせるためには勇気を持って第三者の助言を入れることも必要です。


意外と難しいeラーニングのツール、システム選定

エアコンを買うなら機能の比較でも良いかもしれませんが機能が多くてもeラーニングが上手く行くとは限りません。eラーニングのツール、システム選定は意外と難しいです。学習管理システムを自動化できたとしても、便利になるのは管理者だけでそれにより受講者の学習意欲が増すこともありません。むしろ、学習意欲を高めるならコンテンツの施策によるところが大きいと思われます。例え最も機能が豊富で価格が最も安くコンテンツも簡単に作れる学習管理システムを導入を決めても、それは管理システムを選定しただけです。最も重要な「何を学んでもらい、どのようなか効果を得られるのか」という部分が完全に抜け落ちています。ラーニングは正解を探すのに難しいジャンルでもあります。


内製化コンサルティングって実際は何をやるの?

eラーニング、マイクロラーニングの主役はコンテンツ!学校なら教科書も先生もコンテンツです。教育システムの成功、不成功はコンテンツに掛かってます。中身が空っぽの管理システムだけを導入しても人が育つわけがありません。それゆえ、私たちがそのコンテンツをどのように作れば効果的なのか?そのためのツールや素材は どのようにしたら良いのか?などを詳細にお教えさせて頂きます。もちろん、コンテンツや人材育成から見て有用なシステムの選定もアドバイスさせて頂きます。


内製化コンサルティング・サービス内容

実際のコンサルティング内容は図に記した通りです。こちらはほんの一例で別途、様々なコンサルティングメニューを用意しています。もちろん、全国のお客様のところに直接お伺いさせて頂く場合もございますし、定期的なWEB会議によりアドバイスさせて頂くこともあります。様々なシーンに対応させて頂きますので是非ご相談いただければ幸いです。


中立宣言 自社製品の売り込みはやりません

もし、コンサルティングと称して自社の製品を売り込むとなるとそれは単なる「営業行為」となってしまいます。もちろん、弊社製品を活用したいというお客様にはご要請に応じて説明させて頂く場合もございますが現況、お客様がお使いのツールやシステムに対し、マイナス点を説明するようなことは誓ってございません


すでに多くの企業で実践させて頂いてます!

【実践事例】大手電機メーカー、大手自動車メーカー、大手航空機会社、アプリケーションソフト販売会社、大手広告会社、大手金融機関、大手保険会社 他 (実績多数)


お気軽にご相談ください

naisei-29

ご相談はお問合せフォームまたはメールにて承っております。※もちろんお電話でも構いませんが、突然、料金を尋ねられてもお答えできない場合がございます。

ご相談は、下記フォームよりお願いします。
https://wark.jp/contact


よくある質問

よくある質問

Q:コンサルティングの時間はどのくらいみておけば良いですか?

A:1時間から承っております。多いのは半日、1日など

Q:すでにeラーニングを導入してますが大丈夫でしょうか?

A:はい、もちろんです。すでに導入されている方が課題点が見えて良いです

Q:会社が遠方にありますが大丈夫でしょうか?

A:はい、いつもZOOMなどネット会議システムで行っています。

Q:すでに始まっているプロジェクトに入ってもらうことは可能ですか?

A:はい、もちろん構いません!プロジェクトの軌道修正などは いつも行っています。

Q:ツール・システムの選定だけ 情報提供して頂きたいのですが

A:はい、もちろん問題ありません。ただし、弊社製品のプレゼンは行いませんので費用が掛かることをご了承頂ければです。

Q:過去にeラーニングを導入して失敗したことがあります。その点も踏まえ新規のプロジェクトに協力して頂きたいのですが

A:はい、喜んでご相談をお受けさせて頂きます。

Q:今あるシステムのカスタマイズをお願いしたいのですが 出来ますか?

A:出来ません。

サービス•製品

  • all
  • モバイル
  • eラーニング
  • スタジオ