マイクロラーニング ジャーナル

マイクロラーニング(Microlearning)とは?

Category: マイクロラーニングの利点

今、米国で人気の学位取得を目的としない短期プログラムとマイクロラーニングの有用性

今、米国の大学では短期講座の人気が上がっています。学生たちはスキルトレーニングや学位取得を目的としないプログラムを受け入れています。

大学修了者の大きな不満の一つは学位を取得しても企業では即戦力にならないことです。このように学位を取得するためのプログラムの目的と成果の間に断絶が生じていることから、学生や保護者、さらには産業界からも、学習者が職場で有意義な貢献をするためのスキルを大学で身につけているのかどうか疑問視されています。このようなイメージを払拭するために、大学は業界で認められた短期コースを提供したり、既存の資格を業界で通用するものにしたりしています。

———————————————————————————————————-
また、Strada Public Viewpointの調査では、アメリカ人の5人に1人が教育プログラムに登録する
予定があると答えており、その中で最も希望するのはスキルトレーニングコース、次いで
学位以外の資格となっています。ギルド・エデュケーション社の報告によると、
サーティフィケート・プログラムへの申し込みが149%増加しています。
———————————————————————————————————-


短期コースが注目される理由

高等教育の分野では、伝統的な学位取得プログラムから代替的な資格取得プログラムへと、4つの側面が変化しています。
———————————————————————————————————-
◆教育の種類に対する嗜好や動機の変化

2020年の大学学部入学者数は4.4%減少し、過去10年間の減少傾向が続いているそうです。この減少は、4年制および2年制の伝統的な学位取得プログラムの
信頼が弱まっていることに起因しているようです。こらからの時代の学生たちは、学生のうちからより実務に活かせる学びを求めているため
学位取得を目的としないプログラムを好む傾向にあります。

◆生涯学習、100年キャリア、混乱した労働力
短期コースへの関心は、社会人にも大きく後押しされています。技術的な変化に加え、定年を過ぎても働く人が増えたことで、教育と雇用の連続性が必須となっています。危機的状況で仕事を失った失業者たちは、雇用市場に再参入するために短期の教育オプションを検討しているそうです。

◆時間と物流の障壁の解消
米国の成人の50%以上、つまり約1億人のアメリカ人が、キャリアアップのためにはもっと教育が必要だと考えているにもかかわらず、物流が大きな障害となって、最終的に教育やトレーニングを受ける人はほとんどいません。コストの問題よりも深刻です。人々は、忙しい生活の中で学ぶ時間を確保するのに苦労しています。

◆雇用主がリスキリングやアップスキリングの費用を負担する
スキルギャップを解消する必要性と、政府が従業員の教育訓練費を奨励していることから、雇用主が従業員に授業料補助や授業料払い戻しを提供するケースが増えています。米国財務省内国歳入庁によると、雇用主は年間5,250米ドルの教育給付金を非課税で提供することができます。これにより、従業員の進学への関心が高まっています。
財務省内国歳入庁によると、雇用主は年間5,250米ドルの教育費を非課税で提供することができます。これにより、労働者の進学への関心が高まっている。
———————————————————————————————————-
短期コースをデザインするための方法

多くの需要がある中で、大学がマイクロラーニングやナノディグリーの教育オプションを導入することは有益だと思います。
ちなみにMOOCsに参加する大手企業のUdacityがGoogleと提携して開発したこのナノディグリーは、ウェブ上で数ヶ月のオンライン授業を受ければ取得できるというもので、この学位は、GoogleやIBMをはじめ、コンピュータやインターネット関連の会社に就職するのに大変な効力を発揮するとのことです。

学生のモチベーション
学生がショートプログラムを始めようとする動機には、2つのタイプがあります。
「ステップアップのため」と「自分を拡張するため」です。

前者は、既存のキャリアからの変化を模索しているところです。彼らは自分たちがしていることが自分たちのために働いていないと信じて、
船をジャンプさせたいと思うかもしれません。これは主に再スキル化に関するものです。後者は、自分自身に挑戦し、ドメインに関する現在のノウハウを
別のレベルに引き上げることです。これをスキルアップと呼びます。

ステップアップやスキルアップを目指す学生は、新しい産業に参入します。そのため、コースの構造やインストラクショナルデザインは、彼らにその分野の基礎的なトレーニングを与えるようなものでなければなりません。一方、現在のスキルを伸ばしたいと考えている学生には、産業界と密接に連携し、高度な知識を提供するようなコースデザインが求められます。このような動機を考慮してコースを編成することは、教育機関に利益をもたらし、学生の入学を促進します。

◆必須の機能
高等教育機関が短期コースのソリューションに含めることができるものの中で、絶対に外せないものがあります。
アジェンダによる差別化。リスキリングを目的としたコースとアップスキリングを目的としたコースでは、異なるトーンを維持します。

◆検索性。
自分に合った短期プログラムを見つけることは、学習者にとってしばしば困難なことです。この問題を解決するために、リスキリング/アップスキル、業界別、資格用語(例えば、コーディングで使われるブートキャンプ)などのフィルターを使ってコースを検索できるようにします。

◆柔軟性。
必要な時間やコース修了のプロセスをシンプルにします。パートタイム、自己学習型、フレックスタイムなどのオプションを提供することができます。

◆積み重ね可能性。
大学は、短期コースを積み重ねられるようにすることで、より魅力的なコースにすることができます。これは、マイクロラーニングやナノディグリーなどのコースを用意し、必要に応じて学位取得のための単位として積み上げられるようにすることを意味する。

◆キャリアサポート。
あなたが提供する短期の資格が、雇用市場において価値があることを確認してください。そして、そのための継続的なメンタリングやコーチングのサポートを提供します。対象となる問題だけでなく、就職やキャリアへの対応についてもサポートします。

短期コースは、高等教育の未来を再構築し、教育への信頼を取り戻すための変革者として、今後非常に重要になります。キュレーションの際には、自分が学生に何を提供できるかではなく、学生が何を提供されるべきかを問いかけてください。これらを実現させるものとしてマイクロラーニングは有効です。

つづく

ビジネスに効果的なマイクロラーニングトレーニング動画の作り方

ビジネスに効果的なマイクロラーニングトレーニング動画の作り方

米国のオンライントレーニングのエキスパートであるロッコブラドノさんから効果的なトレーニング動画の作り方から少し引用させて頂きました。「動画は常にコンテンツの未来です。ブランドの認知度を高めるためのマーケティングであれ、顧客との関係を深めるための新しいチャネルを作るためのマーケティングであれ、動画は完璧にフィットします。過去5年間で、動画はトレーニングを配信するための効果的なフォーマットとして成長してきました。なぜそうなったのか、不思議に思うことはほとんどありません。5分間のトレーニングビデオを1本作るだけで、高額なトレーニングガイド(研修講師)の代わりに30分もかからないのです。これにより、トレーニングコストとプロセスの全段階での時間投資を大幅に削減することができます。なるほどマーケティングとトレーニングは相関性があるようですね。

効果的なトレーニング動画の特徴とは?

調査機関のBrandon Hall Groupによると、2020年には企業でのトレーニングツールとしての動画の利用が、前年度より20%増したそうです。これは遠隔地での研修に悩みを抱えている企業が、動画マニュアルを上手く活用しているとのことです。さらに、より効果を出すためにはマイクロラーニングを活用すると良いと思います。ラーナーに必ず覚えてもらいたいセッションがあるならば、一気に学ばせて そのまま放っておいては1ヶ月後は20%程度しか記憶に残っていないでしょう。コンテンツの内容を短く端的なものにして月の間、1週間毎でも良いです。繰り返し学ばせるようにすると記憶が定着し始めます。コツは、最初の1周り目は長くてもOK、でも2周り目、3周り目は要点を絞って段々短いコンテンツにしていきます。ラーナーは業務が忙しく、あまり時間を費やされるものだと、そのトレーニングから遠ざかって行きます。「次は短いから大丈夫!」という安心感を与えることにより学習からの離脱を防ぎます。

動画なら音声は必ず必要!でも音声が使えない現場もあるので要注意

ビジネスユースではモバイルでの学習が圧倒的に便利です。オフィスでPCは実作業で使ってますし現場ではPCが使えないシーンが多々あります。ただし、モビリティーラーニングの弱点はPCに比べて画面が小さいことです。その場合は音、特にナレーションが重視されます。ただし、病院など音声が活用できない現場もあります。その時は、画面の文字を大きくして、フックとなる画像を時折使って流れるようなモビリティーラーニングコンテンツを作ってください。その他、本ブログではビジネスに効果的なトレーニング動画の作り方の続編をどんどん記して行きたいと思います。乞うご期待ください!

——————————————————————————————
貴社のマイクロラーニング、eラーニングコンテンツ制作は
株式会社WARKがご支援させて頂きます。是非ご相談ください

 

eラーニング、マイクロラーニング、オンライン学習の利点をおさらいします

eラーニング、マイクロラーニング、オンライン学習の利点をおさらい

eラーニング、マイクロラーニング、オンライン学習(デジタルラーニング)には多くの利点があります。
従来の教室での学習から、より簡単で効果的な学習モデルへのパラダイムシフトが世界的に進みつつあります。パンデミック下で、それが実証されることになりました。今回は、そのeラーニング、マイクロラーニング、オンライン学習の利点について おさらいしてみたいと思います。

1.eラーニングは費用対効果が高い

従来の学習形態と比較した場合、eラーニングは費用対効果が非常に高いことです。これは主に、旅費、教材費、宿泊費にかかる費用を、かなり抑えることができるからです。どこの組織、会社にとっても大きなメリットとなります。

2. 講義は何度でも受講可能

いつでもコンテンツにアクセスできることも大きな利点の一つです。学習教材を参照したり、自分のペースや時間に合わせて学習内容を復習・補習することができます。講義やチュートリアルも必要に応じてオンデマンドで受講することができます。

3. 柔軟な学習環境

新しいコースに参加したり、新しいスキルセットを習得したりするために、今までは仕事を止めて
教室に出向かなければなりませんでした。eラーニングであれば、仕事をしながら勉強することを可能にします。スキルアップのために仕事を辞める必要はありません。スキルを磨きながら仕事を続けることができるのです。

4. 知識の保持

また、オンライン学習では、知識・情報を記憶に留めておく期間(時間)が教室での対面授業より長いという
調査結果が出ているそうです。

5. 学習者はより快適に感じます

従来の対面授業では、人前で話すことに抵抗を感じる人もいますが、オンライン授業では自分の考えや意見を表現することに不安を感じることが少なくなります。また、学習プラットフォームはバーチャルなので、学習者は自分自身を表現したり、質問をしたりすることがより容易になります。

6. オンラインだと学習者はより積極的に参加していると感じるそうです

ゲーム、ストーリー、シミュレーション、コラボレーションは、オンライン学習の構成要素であり、学習者が常にプログラムに熱中し続けられるようになります。

7. ミスコミュニケーションがないこと

オンラインだと学習者だと実地研修に比べ、圧倒的にミスコミュニケーション少なくなると言われております。


貴社のマイクロラーニング(システム&コンテンツ)を支援します
是非、お声がけください! 株式会社WARK

マイクロラーニング(Microlearning)の5つの利点

マイクロラーニング(Microlearning)の5つの利点

学習者のほぼ70%が外出先で学習したいことが調査にわかりました。受講者は従来の長時間かけて学ぶeラーニングから離れ始めています。その代わりに、革新的なアプローチであるマイクロラーニングの開発・提供を考えるようになりました。マイクロラーニングは、学習トピックをコンパクトな形式で包括した学習ナゲットにより学習者が目標を迅速に達成できるよう支援します。

1.より効率的

簡単かつ容易にアクセスできることを高く評価されたマイクロラーニングコンテンツにより、学習者は学習リソースに出入りすることができるため、従来のクリックして次へ続くコースよりも効率的であることが証明されています自分のペース。よりコンパクトで、焦点を絞った、ターゲットを絞ったアプローチは、コンテンツが個人にとってより関連性があり、保持レベルを大幅に改善する不必要または無関係な情報が大量に含まれていることを意味します。

2.魅力的な

レポート従業員は、コースが短いと毎日の仕事のスケジュールを混乱させるだけでなく、情報の消化が非常に難しくなるため、コースが短い場合、組織の学習ツールをより活用します。マイクロラーニングコンテンツが魅力的で、多くの場合、ビデオ主導で高度に視覚的であり、学習者のエンゲージメントを最初から最後まで維持する可能性を高めることは秘密ではありません。

3.開発

の迅速化低コストのソリューションと迅速な開発時間の組み合わせは、学習開発の専門家がペースで学習者のニーズを満たすために必要な俊敏性を提供するため、組織が学習戦略の不可欠な部分としてマイクロ学習を採用していることを意味します。

4.BYOD

外出先での学習組織は外出先での学習を受け入れており、Bring Your Own Device(BYOD)ポリシの増加は費用便益をもたらすだけでなく、L&D部門が個々の従業員の学習をよりパーソナライズできるようになることを認識しています。実際、マイクロラーニングコンテンツは、スマートフォン、タブレット、PCなど、あらゆるデバイスに実装できます。

5.投資収益率(ROI)の改善

見込み客と顧客の両方に耳を傾けると、学習者の関与に影響を与える3つの大きな問題があります。学習者がトレーニングに十分な時間を持っていないか、十分な時間がない場合、1つのサイズは、全体にわたって機能しないすべてのポリシーに適合します。これらのエンゲージメントの課題はROIに深刻な影響を与える可能性がありますが、効果的なマイクロラーニング戦略を使用すれば、克服できます。
他の形式のメディアと比較した場合、ビデオベースのマイクロラーニングはより高い想起率と保持率を示し、取得したスキルと情報が職場で積極的に保持され、実証されるため、ROIが向上します。コンテンツをいつでもどこでも評価できる小さな消化可能なチャンクに分割すると、学習者の注意を引き付け、学習した情報を保持し続けることができます。
————————————————————————————————————————-

要約すると、マイクロラーニングは、好奇心を促し、トップダウンで学習者の関与を強化する、短く、鋭い、ジャストインタイム学習で学習文化に革命をもたらしたい組織にとって多くの利点があります。マイクロラーニングの活用は世界的に見ても従来のeラーニングを遥かに凌駕しています。それゆえ、コンテンツの長さも段々と短くなっていく傾向にあります。日本ではまだまだマイクロラーニングの活用は少ないですが、これから どんどん存在感を増してくると思われます。私たちWARKは引き続き、マイクロラーニングをキャッチアップして行きたいと思います。
———————————————————————–
マイクロラーニングに関するご相談は
株式会社WARKまでお問い合わせください!

マイクロラーニングを利用するメリットは何ですか?

マイクロラーニングを利用するメリットは何ですか?

マイクロラーニング(Microlearning)は従来のeラーニングに比べ、コンテンツが短くシンプルで分かりやすく作られているため記憶に残りやすいと言われております。あるドイツの研究者は、2015年にマイクロラーニング学習により記憶の保持率を20%改善したと報告したそうです。

1.Just In Time

マイクロラーニング(Microlearning)は、あらゆる組織にマッチした理想的なトレーニングツールです。必要に応じていつでもどこでも(パソコンの前で無くても)オンデマンド学習を行えます。学習者は、与えられたコンテンツを強制的にやらされるのではなく、自分のペースで学習することができます。

2.学習トピックの使いやすさ

マイクロラーニング(Microlearning)のコンテンツは基本的にはスマートフォンで学習するよう設計されています。なので、学習者はいつでもどこでも学習コンテンツにアクセスできます。

3.開発時間の短縮

マイクロラーニング(Microlearning)はコンテンツ制作ツールで作成するので開発時間が短くてすみますし、更新も迅速に行うことが出来ます。また、テンプレートの活用により(コンテンツの)開発コストも急速に減少しました。豊富なコンテンツライブラリーもサクサクとスピーディーに作れるようになりました。

4.企業研修における幅広い応用分野

学習戦略としてのマイクロラーニングは、セールストレーニング、コンプライアンストレーニング、CSR、従業員のマニュアルなど、さまざまな企業トレーニングに活用されています。さらに、マイクロコンテンツは、コンテンツを検索することにより受講者がアダプティブに学習することができます。また、パフォーマンスサポートツールとしても活用できますし、既存のトレーニングとも併用することもできます。

5.次世代の人材育成戦略

マイクロラーニング(Microlearning)は、既存のトレーニングを全てモバイルテクノロジーに置き替え、実地研修が無くても人を育成できるような仕掛けを作ることが目標です。そのためには、従業員が常にモバイルで学習をする下地を作っていくことが重要です。

あなたの会社でマイクロラーニングを採用すべき理由

あなたの会社でマイクロラーニングを採用すべき理由

マイクロラーニングは旧来のeラーニングコンテンツの短縮バージョンではありません。ひとつの学習ナゲットの中で内容は完結しており、学習に要する時間もおおよそ2分から5分、最大でも7分を超えないことが理想的と言われております。Microlearningは業務に必要なスキルをトレーニングすることに向いております。仕事の合間に短い時間で素早く学ぶことができるので 業務上の課題を迅速に解決していくことに役立ちます。

また、ネットが繋がるところならば いつでも、どこでも学習できるので、必要な時に必要なコンテンツにアクセスできます。さらにMicrolearningは「モバイルファース」ですが、実際はマルチ デバイスに対応に対応してますので、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンどれでも問題なく学べるのが特徴です。

現在、企業研修で行われているソフトのスキル、専門技術、コンプライアンスなどもMicrolearningに置き替えられています。Microlearningは素晴らしいパフォーマンス・サポート・ツールであることは間違えありません。

今だからこそMicrolearningを採用すべき

Microlearningの活用は世界的に猛スピードで広がっています。外出先でスマートフォンを見て少し学ぶだけでも大きな効果が得られます。特にインフォーマルラーニングにおいて効果的です。なのでどこの企業でも行っている「eラーニング」とは切り離して考えてください。用途も目的も違います。また、eラーニングを補完するものでもありません。以下、Microlearningでよく言われているキーワードです。

(1)パーソナライズド
(2)Just in Time
(3)モバイルファースト
(4)インタラクティブコンテンツ(ロールプレーイング、テスティングなど)
(5)インフォーメーショングラフィックス
(6)マルチデバイス、
(7)コンテンツの内製化

貴社のマイクロラーニング導入を支援します
ご相談は株式会社WARKまで

マイクロラーニング・ストラテジーを作成

マイクロラーニング・ストラテジーを作成

マイクロラーニングは、効果的に作られた短い学習コンテンツで学ぶものとして定義することができます。 マイクロラーニングのトレーニングスタイルは、必要な時にいつでも利用できるため、忙しい企業の学習者に向いてます。eラーニングのような「強制」ではなく、マイクロラーニングは学習がいつどこで何を学びたいかも自分で決めることが出来ます。また、マイクロラーニングは、フォーマル・トレーニングだけでなくインフォーマルなトレーニングも可能です、主にパフォーマンスの向上に焦点を当てたトレーニングに活用されたいます。

マイクロラーニングは、学習者が必要と思うときに必要な情報を提供します。 結果として、知識を効果的に得ることで仕事に上手く活かしてます。 また、マイクロラーニングはコンテンツをツールで作るため、リーズナブルな価格で制作することが可能です。また、コースを短時間で展開することができるため、米国では どこの企業も代好きです。 また更新作業もツールなのでとても簡単です。さらに研修戦略にマイクロラーニングを含める場合は、投資収益率も考慮する必要があります。

企業のマイクロラーニング戦略を作成する際に留意すべき5つの概念を以下に示します。

1. 学習者のニーズに焦点を当てる

microlearningを成功するためには学習者のニーズに焦点を当てることが必須です。彼らは忙しい人たちです。 5 分学習させるだけでも とてもードルが高いです。「それって私のためになるものですか?」と聞かれる場合もあるので、それに対して明確な答えを準備する必要があります。

まず彼らにこの学習をすることでどのような利益があるのか説得します。理想的には単元ごとに 1 つの学習成果とします。最終的には、学習者が単元の最後に彼らが欲する回答が得られるようにしておかなければなりません。 したがって、目的が達成可能であり、測定可能であることを確認してください。

2. 全員が学習可能な端末を持っていることを確認しましょう

ミレニアム世代の若者たちはハイテクに精通しており外出先での学習を好みます。彼らはそれぞれ自分の得意なモバイル端末を所持しております。所持してない高齢者に関しては端末の使い方を教えなければなりませんが、研修の一環として microlearning を検討する前に、貴社の従業員が学習にアクセスする適切なツールであることを確認する必要があります。自分のモバイル端末にビデオ プレーヤーがあるか。旅行中の場合もあるのでポッド キャストにアクセスできるか?ヘッドフォンを持ち運んでいるか?インターネットに接続できるかなど。従業員全員が携帯端末で学習にアクセスできるかが戦略上最も大事なことです。

3. 課題を奨励します。

学習コースは眠くならず興味が持続するコンテンツの提供が必須です。さまざまな課題に対するストーリーを作成する場合もあります。また、簡単なものから始まり、その後の単元で難易度を高める手法もあります。でも「簡単すぎる」「あまりにも難しすぎる」は学習者が興味を失うことになるので気を付けてください。あくまでもバランスをとる必要があります。毎週、単元(ショートコンテンツ)を一つ 受講者の端末に送信します。これは効果的です、学習が持続します。また、スコア、バッジなどを渡すとか報酬のようなもので学習の持続を奨励します。これは学習者のやる気を奮い立たせる素晴らしい方法です。

4. インフォ グラフィックやマルチメディア要素を活用する

インフォグラフィックは、短い期間での学習に最適です。インフォグラフィックは統一されたデザインで多くの情報をカバーします。インフォグラフィックは詳細な説明が無くても視覚的要素により学びをスピーディーに届けることができます。
さらに、ショートムービーやインタラクティブな(動的な)コンテンツ、例えばテスト、ロールプレー、耳で聞く(ヘッドフォンで)聞くだけのコンテンツ等もお薦めします。目標は、魅力的でインタラクティブなコンテンツを提供することです。

5. 業務に必須なコンテンツと知っていると役に立つコンテンツを区別します。

Microlearningのコースは、3 〜 5 分間です。短い分コンテンツをコンパクトにまとめなければなりません。なので不要なものは どんどん除外するべきです。どうしても必要な情報で長いものは、コンテンツの最後にPDFなどで添付してあれば良いです。Microlearningは、これからの学習方法です。最近では皆 学習する時間をたっぷり取ることは不可能に近いです。なので、短く良く設計されたコンテンツが最重要です。
—————————————————————————
貴社のマイクロラーニング(システム&コンテンツ)を
ご支援いたします。株式会社WARKまでご相談ください

マイクロラーニングの真骨頂!AR/VRを使った教育手法!5つの事例

マイクロラーニングの真骨頂!AR/VRを使った教育手法!5つの事例

デジタルカルチャーの最前線に立ち、最も重要ようなアプリケーションはAR/VRと言われてます。AR&VRは、スキルを迅速に習得し、知識を拡大するための大きな手段です。この新技術を使った新しい教育手法こそマイクロラーニングの真骨頂です。マイクロラーニングはAR&VRを活用した教育も網羅します。

1.オンボーディングオンラインツアー

オンライントレーニングをAR techと組み合わせて、没入を強化します。新人社員に入社前に仕事をAR/VRで体験させます。 また、配属場所を事前に見せることにより施設を熟知させたり、お客様の前に出たときに萎縮してしまわないようにトレーニングを行います。

2.製品の説明時間の短縮

販売スタッフは座学の教育研修などやらなくてもスマホを使って新製品を詳細に調べることができます。また、マニュアル的なものだけでなく安全教育にも活用できます。倉庫で働くスタッフが重い重機に足を轢かれてしまうシミュレーション映像を体験し、事故の発生を防ぎます。

3.1000人の前で話す練習

多くの聴衆の前で話すことは慣れていない人には難しいことです。それゆえ、VRで多くの聴衆の前で話しても臆さないようトレーニングします。それにより、自信を持たせ、経験を積ませ、良いスピーカーになるよう練習させます。また経営者向けのトレーニングもあります。それは部下に話しかけたり、チーム構築やリーダーシップのスキルを磨くことに活用されます。

 

4.現実世界にはマイナスリスクが隠されている

従業員は、仮想空間で仕事を体験することができます。
これは、顧客が去ってしまう体験や危険な化学物質の取り扱いに至るまで、様々なリスクパターンを経験できます。その他、世俗的なプロセスもエキサイティングなVRデモにすることができます。例えば、嫌な感じの言葉やクレームを浴びながら販売クロージングする。などコミュニケーションスキルを向上させる手法もあります。

5.実践的なオンライン評価

VRとARも素晴らしい評価ツールです。 従業員にAR / VRシナリオやオンライントレーニング
シミュレーションに参加させ、パフォーマンスを評価させる。 すぐにフィードバックを行、
オンライントレーニング活動を再試行させ、改善方法を確認します。

—————————————————————————-
マイクロラーニング、VRコンテンツ制作のご相談は
株式会社WARKまでどうぞ!詳細はこちら


© 2021 マイクロラーニング ジャーナル

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.