eラーニングアワード 2016でのWARKのコンテンツ内製化セッションに80名の方が参加されました!深く御礼申上げます!

awa08

eラーニングアワード 2016 フォーラムでのWARKのコンテンツ内製化セッションに80名の方が参加されました!深く御礼申上げます!当日はeラーニングコンテンツ内製化をテーマに弊社・取締役の横江功司が講演しました。

awa02

当日はありがたいことに入場の列が出来ました。多謝です!

awa06

講演の方も皆様 真剣に聞いて頂きました。今回お話した「eラーニングコンテンツ内製化支援サービス」はこちらに概要がございます。是非ご覧下さい!

awa11

株式会社WARKの展示ブースにも多くの方にいらっしゃって頂きました。本当に有難うございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

第1回 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー開催 大盛況でした!ありがとうございます

ispring2

第1回 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー開催 大盛況でした!ありがとうございます。参加人数が予定数を上回ったため、3回に分けて行わせて頂きました。
おかげさまで、ヘトヘトです。(笑)

isprin1

特に最後のセッション(写真)では、数多くの質問を頂戴しました!
まだ、いらっしゃって無いお客様!ぜひご参加ください。よろしくお願いします。

 

Internet Explorerの旧バージョンは1月13日サポート終了です!IE8 IE9 IE10は使わないようにと警告が出てます!

ieie

MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」は、2016年1月13日(日本時間)に旧バージョンのサポートが終了となるとのことです。旧バージョンのIEは、同日提供されるセキュリティ更新プログラムが最後となり、以後にサポートを受けるには最新バージョンへのアップグレードが必要だそう。 もし古いIEを利用しようものならウイルスが入り放題です!危険ですので、絶対にアップグレードをオススメします!

以下

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160112-00000021-zdn_pc-sci

1/27(水) 第2回開催! 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」スーパー活用セミナー

ponpon

 

 

===================================
第2回 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は2016年1月27日 (水)16:00~から自社のセミナールームにて世界最高峰のeラーニング 制作ツール「iSpring」のスーパー活用セミナーの第二回目を企業の 人事/教育担当者・コンテンツ開発担当者および学校関係者向けに開催します。

特にeラーニングのコンテンツを自社で内製化したいと考えている方は 必聴のセミナーです。(内容は第1回目と同じです)   eラーニングコンテンツをパワーポイントで作って「iSpring」で変換する! それにより生成されたSCORMコンテンツを学習管理システムにアップロード するスタイルは、すでにeラーニング教材制作のスタンダードとなりました。

その他、変換ツールをadobeプレゼンターを利用することも含めると このスタイルは世界標準とも言えます。   その「iSpring」および秀逸な変換ツールの基礎知識と活用法を今回の セミナーで行います。講師は2008年からいろいろな企業にeラーニング コンテンツの内製化を指導しているスペシャリスト!株式会社WARKの 横江功司が行います。   もちろん、単なるツールの使い方だけではなく作ったコンテンツを 学習管理システムにアップロードするところまでお教えします。 ご興味の企業担当者様 ぜひご参加ください!

—————————————-
【詳細&申し込み】https://goo.gl/YiGPde
—————————————-

【セミナー名】 第2回eラーニング制作ツール「iSpring」スーパー活用セミナー
【日時】 2016年1月27日(水)16:00~17:30(15:30~開場) / 17:30~個別相談会
【会場】 株式会社WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【案内図】 http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
【講師】 株式会社WARK eラーニングコンテンツ制作コンサルタント:横江 功司
【対象】企業の人事・教育・研修担当者/コンテンツ制作担当者ほか
【費用】 無料 【定員】10名

*「iSpring」はエクセルソフト株式会社の登録商標です。 弊社でサポートや販売は行っておりません。 *企業の人事・教育・研修担当者を優先します。 同業者ならびにeラーニングを生業にしている企業の参加はお断り致します。

1/21(木)世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー開催

ispririring

===================================
世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は2016年1月21日
(木)16:00~から自社のセミナールームにて
世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」のスーパー活用セミナー
を企業の人事/教育担当者・コンテンツ開発担当者向けに開催します。
特にeラーニングコンテンツを自社で内製化したいと考えている方は
必聴です。

eラーニングコンテンツをパワーポイントで作って「iSpring」で変換する!
それにより生成されたSCORMコンテンツを学習管理システムにアップロード
するスタイルは、すでにeラーニング制作の定番となりました。
その他、変換ツールをadobeプレゼンターを利用することも含めると
このスタイルは世界標準とも言えます。

その「iSpring」および秀逸な変換ツールの基礎知識と活用法を今回のセミナーで行います。講師は2008年からいろいろな企業にeラーニングコンテン
ツの内製化を指導しているスペシャリスト株式会社WARKの横江功司が
行います。

もちろん、単なるツールの使い方だけではなく作ったコンテンツを
学習管理システムにアップロードするところまでお教えします。
ご興味の企業担当者様 ぜひご参加ください!

—————————————-
【詳細&申し込み】https://goo.gl/rzhxvX
—————————————-

【セミナー名】
第1回eラーニング制作ツール「iSpring」スーパー活用セミナー
【日時】
2016年1月21日(木)16:00~17:30(15:30~開場) / 17:30~個別相談会
【会場】
株式会社WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【案内図】
http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
【講師】
eラーニングコンテンツ制作コンサルタント:横江 功司
【対象】
企業の人事・教育・研修担当者/コンテンツ制作担当者ほか
【費用】
無料
【定員】
10名

*「iSpring」はエクセルソフト株式会社の登録商標です。
弊社でサポートや販売は行っておりません。
*企業の人事・教育・研修担当者を優先します。
同業者ならびにeラーニングを生業にしている企業の参加はお断り致します

【謹賀新年】あけましておめでとうございます!

elearning_wark111

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も株式会社WARK社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存で ございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は本日から平常営業とさせて頂きます。 平成28年1月4日

【株式会社WARK 年末年始休業のお知らせ】2015年12月28日(月)より2016年1月3日(日)まで休業とさせて頂きます!

eラーニング_イーラーニングdejc15

【株式会社WARK 年末年始休業のお知らせ】2015年12月28日(月)より2016年1月3日(日)まで休業とさせて頂きます!1月4日(月)より、通常営業を開始いたします。※休暇中のお問合わせにつきましては、1月4日(月)以降にご連絡させて頂きます。

大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。  来年も弊社をご愛顧いただきますようお願いいたしまして、年末のご挨拶かたがた休業のお知らせまで申し上げます。

12/4 第12回 HR LOUNGE TOKYOにご来場いただき本当にありがとうございました!

12HR06

12/4 第12回 HR LOUNGE TOKYOにご来場いただき本当にありがとうございました!四谷三丁目の「ガイヤール」で開催し、約50名の方にご参加頂きました。深く御礼申し上げます。

12HR01

当日は、参加人数を50名までという制限をさせて頂きましたが、かえって個々に深いお話ができ良かったというご意見が多かったです!

12HR03

12HR04

12/4は、ビールとハイボールが一番人気でした!スタッフの皆さまご苦労様です。

12HR02

次回、来年の2月4日を予定しております!よろしくお願いします。

【大阪】人材育成をテクノロジーで変革するための最新手法セミナーにお越しいただきありがとうございました!

jinteku

11/26は【大阪】人材育成をテクノロジーで変革するための最新手法セミナーにお越しいただき本当にありがとうございました!心より御礼申し上げます。

app1

当日は、心斎橋のアップルストアのビル9Fにあるセミナールームとあって、利便性も良く 多くの方々にご参加いただきました!

IMG_7024
TOPは大阪発のベンチャー・Be&Doの橋本さん!「テクノロジーを活用して自律的に学び、成長する従業員を作る最新手法とは?人材の定着化、早期戦力化、研修効果の定着化・・・実現の鍵は“行動変容”を生む仕組みにあった」というテーマでお話いただきました。

IMG_7027

代わって同じくBe&Doの舞田さんが、自社のサービス「Habi-Do」プラクティスに関するプレゼンテーションを行いました!

IMG_7030

続いて株式会社WARKの取締役である横江功司が弊社の事業紹介そしてモバイルを活用したeラーニングに関して説明させて頂きました。タイトルは「eラーニングをモバイルで成功に導くための最新技法と大手企業の活用事例事例でわかる!」です。
【参考資料】
http://wark.jp/mobile/i-test.html
http://wark.jp/elearning/share.html

IMG_7031

さらに、eラーニングコンテンツの内製化支援サービスのお話もさせていただきました。
【参考資料】 http://wark.jp/elearning/naisei.html

IMG_7032

最後に コーナーストーンオンデマンドジャパンの中尾さんに「グローバルビジネス成功のためには必須のタレントマネジメントシステム!グローバル人材を“見える化”する最新手法とは?」についてお話いただきました。国内グローバル企業が続々とコーナーストーンのタレントシステムを導入しているそうです!

最後はミニ懇親会もあり楽しい雰囲気で幕を閉じました。また、関西でも同様にセミナーを定期的に行おうと思います。今後ともどうかよろしくお願いします。

『人事の未来』会場への行き方!

app1

『人事の未来』会場への行き方!
心斎橋のアップルストアに着きましたら、正面⇒右横に向かってください ⇒

app3

ちなみに、建物は御堂筋・周防町の交差点のところにあります。

app2

こちらの入り口よりお入りください!

app4

エントランスからエレベーターで9Fにお上がり下さい

app6

エレベーターを降りたら、右に向かってください!写真の少しドアが開いたところが
今回の会場です。 お待ちしております。

mirai4

 

今日もWARKブースにたくさんの方がお見えになりました!どうも有難うございます!

elearningaw1

今日もWARKブースにたくさんの方がお見えになりました!どうも有難うございます!小倉第一病院の中村医院長とコーチングの奥山先生と一緒です!ご来場ありがとうございます!

elearningaw2

iTeachers仲間の武生さんと関島さんでーーす!一緒にパチッ!

elearningaw3

佐野日大の安藤先生にもいらっしゃって頂きました!

elearningaw4

ミュージシャン兼 大学教授の原島先生!昼は授業、夜はブルースバンドでライブハウスに出演!こんなかっこええ生き方してみたいな

eラーニングアワードのWARKブースにご来場頂き感謝します!

aword1

eラーニングアワードのWARKブースにご来場頂き感謝します!心より御礼申し上げます。当日は、モバイル版のコンテンツ開発ツール「アイテスタロイド」や「モバイルラーニングシステム」などを展示させて頂きました。もし、ご用命がありましたら、WARKまでご連絡頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。 http://wark.jp/

本日より、eラーニングアワードに展示スポンサーとして出展します

mobile-learnin011db5p

本日より、eラーニングアワードに展示スポンサーとして出展します。ソラシティーに行かれる方は、ぜひ、WARKブースにお立ち寄りください!お待ちしております!

第11回 HR LOUNGE TOKYO 「小俣勇祐君のアジアへの旅立ちを祝して乾杯!」開催報告

arigato

10/23(金)第11回 HR LOUNGE TOKYO 「小俣勇祐君のアジアへの旅立ちを祝して乾杯!」にご参加頂き、本当に有難うございます!心より御礼申し上げます。そして、HR LOUNGEが始まって以来、ずっと イベントを支えてくれた 小俣さん ありがとう!君の旅立ちをみんなで応援します!(ラウンジで知り合った 小俣さんの兄貴分の武居さん、妹分の石川さんと一緒に。。。)

IMG_6931

2015年10月末からアジアに旅立つ小俣くんの激励に約70名の温かい仲間達が集まってくれました。 HR LOUNGEに始めてきた時、彼は新卒で人事に配属され(正確に言うと、人事部がなかったので立ち上げから始めた)、その後、試行錯誤しながら人事制度構築・採用・教育・労務などを、たった一人でこなしてきました。これも交流会で知り合った温かい仲間の応援があったからかもしれません。

nice01

kata3

そして次なるミッションは、「ひとり人事」ではなく、マレーシアで「ひとり事業所立ち上げ」!新たなステージに向けて旅立つことになりました!彼の優秀な頭脳とキャラクターで、どんどん大きなハードルを乗り越えて行ってくれると思います。

IMG_6938

CBSの堀太郎 大先輩にはいつもDJとして活躍して頂いております!

IMG_6934

アジアでは、Spice upの豊田圭一さん他 心強い先輩がいっぱいいます!

ipai

gekirei

IMG_6935

IMG_6942

激励にいらっしゃって頂いた皆様、ありがとうございます!

IMG_6926

そして、今回から強力なメンバーが加わりました!Yukari Katahiraマスターです!
ドリンク多担当!昼間は人材系大手で働いてまーす!今後ともよろしくお願いします。

kata

kata2

dohehe1

最後に、皆の心のこもったメッセージを 、オーガナイザーの長瀬が代表して手渡しました!

dohehe

閉店間際まで残ってくれた皆々と記念撮影!本当に有難うございました。

たしかに、セミナーやワークショップから得る「学び」も多いとは思いますが、人と人とが交流し、 語り合う中に「教え」あり「学び」あり、そして、それと共に「成長」もあることを実感しました。

わたしたちは、人事、HRという分野に特化しておりますが、これからも、「学び」の場である「HR LOUNGE」を続けていこうと強く心に決めました。 この「交流と学びの輪」は、今度は小俣君がマレーシアで花開かせてくれると思います。

第四回HR+ラーニングTECHカレッジにお越し頂き心より御礼申し上げます!

elearning_4kai

第四回HR+ラーニングTECHカレッジにお越し頂き心より御礼申し上げます!
eラーニングコンテンツの内製化についてお話させていただきました。
大変多くのお客様にお越し頂きました 有難うございます!

 

日本e-learningコンソシアム主催の第28回 eラーニング・ビジネスセッション大盛況でした!

elearning_semina

日本e-learningコンソシアム主催の第28回 eラーニング・ビジネスセッション大盛況でした!ご参加された皆様、本当に有難うございました!心より御礼申し上げます。

【タイトル】 「eラーニングを成功に導くための最新技法と成功事例」

【スピーカー】 株式会社WARK 横江功司

【内容】 eラーニングを成功に導くための最新技法と成功事例をお話します。 近年盛んにおこなわれている®モバイルラーニング、eラーニングの内製化技法、成功事例など、eラーニングユーザーの人事・HR関係者、経営層、学校関係者の方々が最も興味のあることをセレクトしてお届けします。

前回、2015年10月6日にco-ba赤坂で行われた「第1回 人事の未来」

mirai4

【第1回 人事の未来 co-ba AKASAKA】

mirai1

【第1回 人事の未来 co-ba AKASAKA】

(株)WARK,ゼスト(株)共催「人事の未来」に起こし頂き本当に有難うございました!【人事の未来】を人数限定で開催し、20名の国内外の経営者や人事責任者の皆様とディスカッション、ワークを混ぜながら進行、懇親会も兼ねたイベントをco-ba赤坂にて開催いたしました!ミドルキャリア、採用をテーマに2人の登壇者の方にプレゼンをいただき、そのテーマに沿って議論を深めていく流れは、今までに無い人事勉強会のパターンで、とても新鮮でした。

mira1

特に(脱ナビ)での採用手法は各社の取組みなどもお互いに話し合う機会があり大変参考になりました。ご参加頂いた皆様!本当にありがとうございました。次回11/27(金)に、大阪・心斎橋のアップルストアのビルの9Fで開催します。

naka

【プレゼン1 / 講演タイトル】
『急速な少子高齢化社会に向けての雇用管理のあり方』

◆株式会社ミドル&シニアモチベーション
代表取締役 中山宜之様(元・本田技研工業人事)

1977年生まれ。2000年成蹊大学経済学部を卒業。同年、伊藤忠人事サービス㈱入社。
2002年本田技研工業㈱入社。埼玉製作所、品質センター、㈱ホンダアクセス出向を通じて、
自動車メーカーの現場第一線で人事領域にたずさわる。
特に現場の困り事を解決するための人事施策企画と遂行が得意分野。ホンダアクセス出向中にシニア層の不活性やトラブルに直面し、Hondaグループでいち早く、シニア活性化
施策を展開。自社にとどまらず、シニア活性化をビジネス社会にもっと展開していきたいという
思いを強くし、2015年7月独立。

waka

【プレゼン2 / 講演タイトル】
『知名度に頼らない採用活動のコツ』

エムオーテックス株式会社
◆人事総務部 副部長 伊藤和歌子様

神奈川県出身。米国留学を経て、大学卒業後、ニフティ株式会社・入社。同社にてシステム
エンジニア としてCRMシステムの導入等で活躍。
2009年より、エムオーテックス株式会社にて 経営企画業務を経験後、人事総務業務に携わる。 採用、教育、制度設計、人事評価制度構築等、幅広い分野に従事。

mira2

セミナー後は、皆で人事の未来について話し合いました。 「人事の未来予想図」完成に向けて、これからも どんどんディスカッションしたいと思います。

●21:00~全員で懇親会

kosin

【人事の未来 第一回目イベント 運営メンバー】

★オーガナイザー
株式会社WARK 代表取締役 長瀬昭彦
ゼスト株式会社 代表取締役 樫村周磨
★ファシリテーター
株式会社エンパワー21 代表取締役 能勢みゆき

今後は・・定期開催のセミナーイベント、ワールドカフェ、そしてHRカンファレンスへと
発展させて行きたいと思います!!またコラボ等も大歓迎です!お気軽にメッセージ
ください!!

11月27日(金)に人大阪・心斎橋で「人事の未来」の第2回イベントを開催いたします。
https://goo.gl/cwN8nj

参加人数は約20名程度を予定し、おおよそ、3名の人事の方に「人事の未来」をテーマに1人あたり20分くらいでお話をして頂きます。

内容に関しては「人事、人材、HR、 将来、未来」等のキーワードが入っていて、そのような方向性であれば自由です。お話の後は、1人10分程度の質疑応答およびディスカッションの時間があります。(終了後はその場で懇親会を行わせていただきます)

tabetabe

●参加者側で気軽に参加するもよし!
●人事の未来について発信する側として参加するもよし!
自分が好きなスタンスで参加いただければ幸いです。

もし発信側として参加する場合は3名定員なるのでコメント欄または直接、長瀬、樫村まで、その旨メッセージをお願いいたします!

第二回 人事の未来

【開催日時】11月27日金曜日18時30~(受付18時~)
【開催場所】Lineup会議室(心斎橋アップルストアのビルの9F)
【参加資格】企業の人事責任者・担当者、経営層、HRに興味のある方
【参加人数】30名程度<内3名の方に発表予定!>
【参加費用】1人@¥3,500(懇親会費込み)※領収書あり
【備考】GCDF,CDAの方は受講証明書を発行
【お申込み】https://goo.gl/cwN8nj
【facebook】https://goo.gl/uEFJ6l

高品質!著作権フリー・ビジネス・教育コンテンツ向けイラスト素材集「ツカエールシリーズ」

tuka

高品質!著作権フリー・ビジネス・教育コンテンツ向けイラスト素材集「ツカエールⅠ」と
「ツカエールⅡ」2本同時リリース!特徴はパワーポイントにドラッグ&ドロップしてすぐに
使えるところ! eラーニングやモバイルラーニングコンテンツの素材としてもバッチリ使えます

【ツカエールⅠ収録内容】
(1)人物イラスト集/基本イラスト75点×8(シャドウ、左右反転、色調反転、大小サイズ)
計950点
(2)オブジェクト集/基本イラスト50点×8(シャドウ、左右反転、色調反転、大小サイズ、
おまけイメージ)計522点
(3)キーワード集/基本イラスト60点×4(灰色パターン、赤パターン、大小サイズ)計240点
(4)パワーポイント・スライドサンプル集/各シーン毎に10点

【ツカエールⅡ収録内容】
(1)ノートブックPCを使ったデスクワーク集/基本イラスト180点×6(シャドウ、左右反転、色調反転、
大小サイズ)1人15表情、5名分収録 計1080点
(2)デスクトップPCを使ったデスクワーク集/基本イラスト180点×6(シャドウ、左右反転、色調反転、
大小サイズ)1人15表情、5名分収録 計1080点
(3書類を使ったデスクワーク集/基本イラスト180点×6(シャドウ、左右反転、色調反転、大小サイズ)
1人15表情、5名分収録 計1080点
(4)立ちポーズ40点×6     (シャドウ、左右反転、色調反転、大小サイズ)  計240点
(5)マンガエフェクトイメージ18点

[Tsukaeru Ⅱ Contents]
(1) notebook PC to use the desk collection / basic illustrations 180 points × 6 (shadow, left and right reversal, color inversion,
Small and large size) one 15 expression, 5 persons recording a total of 1080 points
(2) using a desktop PC desk work collection / basic illustrations 180 points × 6 (shadow, left and right reversal, color inversion,
Small and large size) one 15 expression, 5 persons recording a total of 1080 points
(Desk work collection / basic illustrations 180 points × 6 using 3 documents (shadow, left and right reversal, color reversal, small and large size)
One 15 expression, 5 persons recording a total of 1080 points
(4) Standing pose 40 points × 6 (shadow, left and right reversal, color reversal, small and large size) a total of 240 points
(5) comic effect image 18 points

10/21(水)に WARK、コーナーストーン、サムライズの3社でセミナーを開催します

ccssoodd

10/21(水)に WARK、コーナーストーン、サムライズの3社でセミナーを開催します。eラーニング、タレントマネジメント、adobeのWeb会議ツールなど、HR、ラーニングの最新潮流をお話します!無料&懇親会つきですので、ぜひいらっしゃってください!

http://wark.jp/csod/

eラーニング成功への鉄則 【WARKのワンポイントeラーニング講座vol1】開始!

janajana

新しく発刊された、eラーニングジャーナルで、コラム「eラーニング成功への鉄則 【WARKのワンポイントeラーニング講座vol1】」がスタートしました!

eラーニング成功への鉄則 と題して、ベンダー側の経験知からユーザーの皆様に様々なことをお教えします。 ぜひ、ご一読頂ければ幸いです。

http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=290

コンテンツ内製化支援サービスとは?2008年からサービス提供を開始しました!

elearning_4417

WARKのコンテンツ内製化支援サービスとは?2008年からサービス提供を開始しました!

機密性が高く、制作を外に出せない。または、更新作業費を抑えたい企業様には最適 !
私たちがコンテンツの内製化を支援します。WARK自慢の講師陣が御社に伺い直接、指導!
ぜひ、ご相談ください!

◆コンテンツ内製化支援サービスとは?

(1)社内(学内)でコンテンツを制作したい方々を支援します。
(2)コンテンツの企画設計、シナリオ、デザイン等を出張して指導します。
(3)貴社で作りたいコンテンツを弊社で再現して、その作成法を教示します。
(4)セミナーの講義資料もご提供します。(一部難しいものもございます)
(5)お客様の業務にマッチしたタイムスケジュールを組みます。

弊社のコンテンツ内製化支援サービスも2008年からサービス提供を開始しました。おおよそ
7年もの間、様々な企業様をご指導させて頂きました。そこで培ったノウハウは どこの貴社にも負けません!是非!弊社にご用命下さるよう宜しくお願いいたします。
(内製化セミナーには絶対的な自信があります!)

【曙橋からの行き方】HR LOUNGE TOKYO会場「サロンヌアージュ」

elearning_gayal01

都営新宿線・曙橋駅A4出口荒木町方面に出てください!

elearning_gayal02

A4出口を出たら右に半回転してください

elearning_gayal04

突き当りを左へ!高架橋の下をくぐります

elearning_gayal05

このまま真っ直ぐ進んでください!

elearning_gayal06

真っ直ぐ行くと「津ノ守坂通り」にぶつかります その通りを右です!

elearning_gayal07

「津ノ守坂通り」を登ります

nua02

「時屋」さんの看板がある建物が会場です!

nua01

 

ちなみに、サンシャトー四谷のエントランス部分がすでに2Fとなっております。 階段で1階上がると3F(会場)です。

【場所】 サロン・ヌアージュ(3F) 東京都新宿区荒木町15サンシャトー四谷 3F Tel:03-3341-8072 丸の内線・四谷三丁目からの地図 :http://wark.jp/hrl/nua_ake.pdf

【四谷三丁目からの行き方】HR LOUNGE TOKYO会場「サロンヌアージュ」

elearning_gayal19

丸ノ内線・四谷三丁目駅の4番出口に出てください

elearning_gayal20

こちらです!

elearning_gayal21

4番出口を出たら新宿通りを四谷方面に真っ直ぐ!

elearning_gayal22

どんどん進んでください!

elearning_gayal18

東京三菱UFJ銀行が見えたら、そこを左です。

elearning_gayal16

津ノ守坂通りを真っ直ぐ進んでください

elearning_gayal14

まだまだ真っ直ぐ進んでください (段々坂道になって行きます)

nua02

「時屋」さんの看板がある建物が会場です!

nua01

ちなみに、サンシャトー四谷のエントランス部分がすでに2Fとなっております。
階段で1階上がると3F(会場)です。

【場所】 サロン・ヌアージュ(3F) 東京都新宿区荒木町15サンシャトー四谷 3F Tel:03-3341-8072 丸の内線・四谷三丁目からの地図 :http://wark.jp/hrl/nua_yot.pdf

アイテスタロイドで実現できる学びの世界!

elearning_5vIMG_4452

アイテスタロイドで実現できる学びの世界

モバイル版のテスト・クイズ制作ツール「アイテスタロイド」は、様々な学びワールドを実現します。ぜひ、お試しになって下さい!

以下参照
http://wark.jp/mobile/img/up_img/pdf/itestaroid_elearning1.pdf

(1)つくる  アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイル版のテスト、クイズ、学習ゲームをつくることができます。  実現可能なコンテンツは、択一、複数選択、 並べ替え、マッチング、文字入力、入力の選択、〇×問題、 ピース分け、ポイントクリック,通常講座ページなどで、絵も音声も映像も登録可能です。

(2)配信する  アイテスタロイドでつくったファイルをWEBサーバにアップロードするだけでモバイル学習が可能と  なります。

(3)成績を管理 アイテスタロイドは、SCORM1.2、2004等に準拠しておりますのでご利用のeラーニング学習管理システム  そのままで、成績を管理することができます。

(4)楽しく学ぶ  アイテスタロイドで作った楽しく、リッチなコンテンツをモバイルで、いつでも、どこでも学べます。 さらにスマホだけでなく、タブレット、PCを問わずどんな環境でもご利用いただけます。

(5)自学習に使う 自学習モードに設定し、モバイルで学びたいときに学べます。 実力UP!

(6)つくり合う  アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイルを利用したコンテンツが作れるところが特徴です。 それを生かして生徒同士、社員同士、コンテンツをつくり合い、学び合うことが可能となりました。

World of learning that eye tester Lloyd is realized

( 1 ) Test of the mobile version in easy eye tester Lloyd Anyone making , quiz , you can create a learning game . Feasible content , alternatively , multiple selection , sorting , matching , character input , selection of input , 〇 × problem , divided piece , point-and-click , etc. usually course page , the picture also voice also video is also possible to register .

And ( 2) will enable mobile learning by simply uploading a file that was made ​​with eye tester Lloyd to be delivered to the WEB server .

(3 ) the management eye tester Lloyd grades , as it is available learning management system , so we have to comply with the SCORM1.2,2004 , etc. , you will be able to manage the results .

(4 ) learn fun
Happily made ​​with eye tester Lloyd , the rich content on mobile , at any time , you can learn anywhere .
Not only further smartphone , tablet , also available in any environment regardless of the PC.

(5 ) use the self- learning
Is set to self- learning mode , you can learn when you want to learn in a mobile . Ability UP!

(6 ) make each other
Eye tester Lloyd is a feature where you can make anyone content using mobile easy .
Students each other and taking advantage of it, and each other to make employees with each other , the content , it became possible to each other learn .

 

eラーニング総合WEBマガジン「eラーニングジャーナル」発刊!

elearning_janaru

eラーニング総合WEBマガジン「eラーニングジャーナル」が発刊されました!eラーニング、モバイルラーニングの活用事例などお役立ち情報をお届けします!ぜひ、ご注目頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

http://wark.chu.jp/new/blog2/

【東京開催】第28回 eラーニング・ビジネスセッション 10月15日(木)13:30~16:15WARKが講演します!

elearning2vdsf

【東京開催】第28回 eラーニング・ビジネスセッション 10月15日(木)13:30~16:15WARKが講演します!

■開催日程:2015年10月15日(木)13:30~16:15 (受付開始 13:15)

■会場:「Learning Square 新橋」 5階 5C教室 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル 地図:http://www.ls-shimbashi.com/access/ アクセス:JR「新橋駅」烏森口から徒歩2分 都営浅草線「新橋駅」A1出口から徒歩2分 東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口から徒歩3分

<プレゼンテーション 2>

【タイトル】  「eラーニングを成功に導くための最新技法と成功事例」

【スピーカー】  株式会社WARK 横江功司 氏 http://wark.jp/

【内容】  eラーニングを成功に導くための最新技法と成功事例をお話します。 近年盛んにおこなわれている®モバイルラーニング、eラーニングの内製化技法、成功事例など、eラーニングユーザーの人事・HR関係者、経営層、学校関係者の方々が最も興味のあることをセレクトしてお届けします。

お時間がございましたら、ぜひご参加下さい(詳細&お申込み)
http://elsw.jp/tabid/213/Default.aspx

佐野日大の安藤先生の元に教育ICTを学びに行きました!

sanoMG_6798

佐野日大の安藤先生の元に教育ICTを学びに行きました!とても楽しかったです!

sanoMG_6799

場所は、JR佐野駅から車で20分!進学率も高く、野球部は120人、サッカー部は160人にいる県内屈指の名門校です。

当日のインタビューでは安藤先生のちょっと聞けないようはウラ話に加え、NHK全国大会2位になった放送部の子たちの話も聞くことができました。伺って良かったです!

佐野日大さんのタブレット活用は、「ICTを本来のコミュニケーションの道具」として使っているなあというのを実感!さらに、ネットワークを上手く活用しておられました。

sano7_n

サーバーも全て、安藤先生が設計したとのこと。。。素晴らしいです!

【安藤先生の記事を引用します】
佐野日大 安藤先生タブレット導入の意義を語る。(宜しかったらこちらをお読みください)
佐野日本大学高等学校・中等教育学校 ICT教育推進室の安藤 昇室長は、教育におけるICT利活用に特に熱心なことは広く知れ渡っている。マイクロソフト本社が認定する教育ICTのエクスパート「Microsoft Expert Educators 2015」で、ICT を活用した教育を現場で実践している 「Innovative Educators」に、全国15人の1人として選ばれている。

URL参照
http://ict-enews.net/movie/sano-nichidai/

sano6_n

最後に記念撮影!伺って本当に良かったです!

sanoMG_6795

おまけですが、透明感のあるあっさりスープ&もちもち麺の いわゆる「佐野ラーメン」も食して参りました。美味しかったです!

ATDとモバイルラーニングコンソシアム共催「ラーニングテクノロジー研究会」発足

ATDatd

ATDとモバイルラーニングコンソシアム共催で「ラーニングテクノロジー研究会」を発足しました。ワーキンググループリーダーは、人財ラボの下山雄大さんです。

このラーニングテクノロジー研究会は、海外のラーニングテクノロジー情報や国内での活用例などの幅広い事例やTin-CAn(xAPI)などの技術的な情報などもシェアします。今のところ、モバイルラーニングコンソシアムかATDに加盟していないと、入ることはできませんが、かなり密度の濃い内容のお話が交わされています。ご興味のある方は、モバイルラーニングコンソシアムまでお問い合わせ下さい! http://www.mobilelearning.jp/

何故、ポケットラーニングを作ったのか?

elearning021410

何故、ポケットラーニングを作ったのか?

そもそも、スマホやタブレットが無い時代に、パソコンが使えない店舗などで eラーニングをやろうとすると、どうしてもケータイに頼るほかありませんでした。 ケータイは、システム的な制限が多く LMSと組み合わせるとテキストしか 閲覧できない簡素なものにしかなりませんでした。 また、店舗スタッフや現場のアルバイトさんも、テキストだけの貧弱なコンテンツだと 学習してもらえないどころか、見てもくれませんでした。
ケータイの画面の中の限られたスペースで、楽しいeラーニングができて、学習もしっかり 管理する。さらにエディターで、コンテンツは誰でも簡単に自動生成できるものはできない   だろうか? 何度もプログラムを作り直し、試行錯誤を繰り返しました。

結果、サーバ上でキャラクター、背景、吹き出しを合成してコンテンツが生成し、さらに 作ったコンテンツの学習履歴がとれるという画期的なeラーニングツール(システム)が 誕生!その甲斐あって、店舗、現場、その他パソコンが無い、いろいろな現場で 皆様にご活用頂くようになりました。

さらに、ケータイ以外でもiPhone、Android、業務端末なども学習可能となり、範囲が   どんどん、広がりました。今は、運用のノウハウも蓄積され、お客様の業務支援に役立てる 提案もすることができるようになりました。

ケータイやモバイルでeラーニングを行いたい方々! いつでも ご相談ください。丁寧に説明させて頂きます。

ポケットラーニング詳細
http://wark.jp/mobile/pocket.html

In a limited space in the mobile phone screen , it made fun e -learning , and I firmly management learning . In addition editor , or would not let those content that anyone can easily auto-generated ? To re-create the program many times , it was trial and error .

A result , the character is generated on the server , innovative e -learning tools that take the learning history of further made ​​content ( system ) is born ! There the Kai , shop , site , other there is no computer , you now receive your advantage to everyone in various field

 

携帯、ガラケーでeラーニングをやりたいなら!あります!専用システム

eラーニング イーラーニングgfed19

携帯、ガラケーでeラーニングをやりたいなら!あります!専用システム

ポケットラーニングとは
(1)ケータイ、iPhoneなど主にモバイルで業務改善を行うためのシステムです。
(2)店舗・現場で起こったことをすぐにコンテンツ化してラーニングを行うことができます
(3)コンテンツは付属のエディターにより誰でもカンタンに作れて、すぐに配信できます
(4)管理者が情報収集し、即テスト化することでインスタントにスタッフ教育が行えます
(5)現場スタッフを迅速に教育することで、未然に大きな事故を防ぐことができます!
(6)システムはHTMLを自動生成する仕組みなので、Win2000でもIE5.5でもケータイでも
iPhoneでもiPadでも、あらゆる端末で学習できます。
(7)コンテンツ制作はエディター以外に、CSVでも登録(吐き出し)可能です!
※2013年度よりサービス名を「ポケットeラーニング」改め「ポケットラーニング」に変更。

eラーニング映像教材をパワポで制作するサービス強化キャンペーン

elearning_ss_5591

年間100本以上のeラーニング用・映像コンテンツを制作している 株式会社WARK(所在地:東京都渋谷区/代表取締役 長瀬 昭彦)は 撮影を行わずに、パワーポイントのスライドに音声をつけて 映像化する「eラーニング映像教材をパワポで制作するサービス」の 強化キャンペーンを行います。キャンペーン期間中にお見積もり依頼を していただいたユーザー様(初取引の会社に限る)には、お見積額から 10%割引させて頂きます。

———————————————————————-

【サービス対象】

撮影を行わず、スライドに音声を付けて 最終的に映像化するコンテンツ であること。また、弊社で行う作業としては、スライドの(1)デザイン ブラッシュアップ(2)音声付け(3)ナレーション収録(ナレーター アサイン・弊社指定のレコーディングスタジオでの収録が含まれている ことを条件とします。
———————————————————————-

【サービスの流れ】

(1)お客様からパワーポイントのスライドと音声収録のための原稿を 頂きます。(2)弊社でスライドのデザイン・レイアウト・画像作成、 アニメーション制作を行います。(3)お客様から頂いた原稿を元に ナレーション収録と音付け作業を行います。(4)コンテンツを映像に 変換します。(5)ご納品
———————————————————————-

【このようなケースにオススメ】

(1)ビジュアル的に訴求力のあるコンテンツが作りたい (2)映像教材を作りたいが、撮影するものが無い。 (3)現況あるマニュアル類をすべて安価に映像化したい。 (4)教材を映像化したいが、講師の先生の顔出しNGとなった (5)先々は更新作業を社内で行いたい

———————————————————————-

【eラーニング映像教材をパワポで制作するサービス】

サービス内容:映像化コンテンツ受託制作
強化キャンペーン期間:2015年10月1日から10月31日まで
期間内にご発注して頂いたお客様に対しお見積もりから10%割引
※上記の条件を満たしたものに限ります。

【参考URL】http://wark.jp/elearning/ppt.html

モバイル対応/コンテンツ開発ツールや映像配信も可能です。
【参考URL】http://wark.jp/mobile/i-test.html

———————————————————————-

◆もしも撮影が必要な場合は?

弊社提携の新橋スタジオ(クロマキースタジオ)にてコンテンツの 撮影・編集作業を行わせていただきます。(予算:お見積もり一式)

———————————————————————-

◆株式会社WARKとは、開業18年の老舗eラーニング総合企業です。 第七回 日本e-Learning大賞総務大臣賞受賞。最先端のeラーニング やモバイルラーニングの開発から、eラーニングの運用コンサルティング まで幅広い分野で活躍中。現在、日本e-Learningコンソシアム、モバイル ラーニングコンソシアムの法人正会員。代表の長瀬が理事を務める

———————————————————————-
【 WARKホームページ】 http://wark.jp/
【 eラーニング | モバイルラーニング最前線!】 http://wark.chu.jp/new/blog/

文科省:日本の教育「輸出」へ>どうなの?

elearning___4880

文部科学省は来年度、日本の学校の教育内容や制度を海外に「輸出」する事業に乗り出す。
戦後の急速な復興を支えた日本の教育システムに海外が注目しているためだ。
対象は、学習指導要領から教材、教員の研修方法、給食制度、職業教育課程と幅広く見込む。

なるほど、でも本当に売れるのだろうか?疑問である。

文科省、経済産業省、外務省など関係省庁や自治体、大学、学校法人、民間企業で構成し、情報を共有しながら輸出戦略を立てる。

例えば、日本型「理数教育」を輸出する場合、学年ごとの学習内容を定めた「学習指導要領」に加え、出版社が発行する「教科書」「副教材」、教育産業が販売する「実験器具」をセットにして売り込むことが想定される。

なるほど、なるほど どうなんだろう?

~ 教育現場でのChromebooks・Office 365・アクティブラーニング活用事例~ IT+教育最前線 2015

elearning_aha14

~ 教育現場でのChromebooks・Office 365・アクティブラーニング活用事例~ IT+教育最前線 2015という面白そうなイベントがあるようです。Chromebooks』『 Office 365』『 アクティブラーニング』『 ドローン』を設定し、東京・名古屋・大阪・福岡・広島・仙台の6会場で開催するそう。講師には、実際ご導入・実務に携わられました教職員様に登壇いただき、導入における成功事例だけでなく、苦労話等も交えてお話いただくそうです。 取り急ぎ情報としてお伝えしておきます。

開催時間 14:00 ~ 17:40(13:30開場 終了後情報交換会あり)
会場 六本木ヒルズ 森タワー グーグル株式会社 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号  MAP 主催 三谷商事株式会社 後援 グーグル株式会社
ソース
http://si.mitani-corp.co.jp/seminar/2015/bunkyo2015-tokyo.html

学習管理システム導入のポイント

elearning_168b_s

学習管理システム導入のポイント

システム導入が目的になってませんか?
良いeラーニングシステムを選定するには、機能の豊富さで選んではいけません。
機能が多ければ、それだけ操作法も煩雑になるし、料金も高くなります。

また、機能の多いシステムに限ってプログラム自体も古く(家の増築を重ねたような
感じに出来ており)煩雑かつ、不安定で、後でいろいろトラブルを引き起こす可能性もあります。

それより、低価格・操作性抜群のNew Syste「モバイルラーニングシステム」を
導入して、まずは試してみるのも良いと思います。まだ うまくいくと決まったわけではない
eラーニング研修、まずは簡単・安価なMobile LMSでお試しをお勧めします!

格安・高機能・新世代の学習管理システムの詳細
http://wark.jp/elearning/share.html

モバイル版のコンテンツが簡単に作れるツール販促キャンペーン

elearning=q (54)

◆作れるツール販促キャンペーン

株式会社WARKはモバイル版のコンテンツが誰でもカンタンに作れるツール(ソフトウェア)「アイテスタロイド」の販売促進キャンペーンを行います。

アイテスタロイドは、専用のエディターに文字、イラスト、写真、音声映像などを登録+設定するだけで、モバイル版のコンテンツ(クイズ、テスト)が簡単に作れるツールです。その作ったコンテンツは(eラーニングに必須の)SCORM対応/HTML5ファイルとなります。

最近では、Windows10に搭載される新ブラウザー「Edge」から「HTML5」がWeb標準技術になることを考えると、ブラウザベースのeラーニングコンテンツもフラッシュからHTML5に移行されるのは容易に想像がつきます。

そのような状況下で、SCORM対応のHTML5コンテンツがワンクリックしで自動生成できる「アイテスタロイド」はとても便利なソフトと言えます。(SCORM1,2、2004両準拠)

(特長1)HTML5なのにアプリのような動き
アイテスタロイドで作成したコンテンツは「ブラウザベースを感じさせない
アプリのような動き」に拘りました!

(特長2)CSVからのコンテンツ取り込みも可能です。
エディターでコンテンツを制作する以外に、CSVによる教材の取り込みも
できます!制作の手間を大きく削減することが出来ます。

(特徴3)外国語や数式にも対応
アイテスタロイドは、外国語のコンテンツや数式にも対応しているので
グローバル企業や学校での利活用もOKです。

【アイテスタロイド詳細】
http://wark.jp/mobile/i-test.html

現在、アイテスタロイドは100以上の企業、50以上の学校に
導入されています。

=============================

◆モバイル版のコンテンツが簡単に作れるツール販促キャンペーン

=============================

※キャンペーン期間
2015年10月1日~10月31日まで

※キャンペーン内容
期間内に、アイテスタロイド・ビジネス版をご購入の方に
著作権フリーサウンド素材集
「サウンド忍者」をプレゼントします。

※アイテスタロイド・ビジネス版
価格・オープンプライス

◆お問い合わせは下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form/

【アイテスタロイド詳細】
http://wark.jp/mobile/i-test.html

【サウンド忍者詳細】
http://wark.jp/elearning/sound.html

【WARK公式サイト】
http://wark.jp/

格安・高機能 新世代の学習管理システムモバイルラーニングシステムとは

elearning_12IMG_4884

モバイルラーニングシステムとは

(1)ユーザー目線で開発し、皆様の声を集約させた 最も使い易い学習管理システムです。
(2)ビギナーにも最適 格安価格にてeラーニングが始められます。
(3)アイテスタロイド以外のパワポ、フラッシュ、音声、映像も登録可能!
1
■特徴は操作がカンタンなこと
企業の人事部や教員の方にも扱えるよう、操作性を優先しました!
2
■直観的にわかるインターフェース・デザイン!
eラーニングシステムを一度でも操作した方はマニュアル無しでわかると思います!
3
■映像の履歴もしっかり取れます
映像を誰が何分見たか だけでなくシークバーをどれだけ動かした等も細かく取れます
4
■カスタマイズも柔軟に!
カスタマイズは、低価格で柔軟に対応させて頂きます。
5
■サポートも万全

詳細は
http://wark.jp/elearning/share.html

 

Mobile learning system

(1) developed by the user eyes, is the most easy-to-use learning management system with an aggregate everyone’s voice. (2) e-learning is starting at optimum cheap price also for beginners. (3) eye tester Lloyd other Pawapo, flash, voice, even video can be registered! 1 ■ feature is that the operation is simple So that it can handle towards the Human Resources Department and teachers of the company, it has priority to operability! 2 ■ interface design can be seen in the intuitive! If you were to operate the e-learning system even once I think that it is seen in no manual! Three ■ also we will take firm image of history Such as who moved much seek bar not only a few minutes saw the video and I will take finely Four ■ also customize flexible! Customization, we will flexibly to correspond at a low price. Five ■ Support also thorough Our speedy response is the favorable reception to the customer!

文部科学省 大学入試センター試験に代わる新たなテスト! 最初の4年間は短文の記述式の問題を導入

aha01

文部科学省 大学入試センター試験に代わる新たなテスト! 最初の4年間は短文の記述式の問題を導入とのことです。現在の大学入試センター試験を廃止して平成32年度から新たに実施することになっている「大学入学希望者学力評価テスト」について、マークシート方式に加えて記述式の問題を導入するそうです。採点は大丈夫なのか気になるところですな

Education, Culture, Sports, Science and Technology Ministry has had indicate the direction of conducting multiple times this test in the year, the impact on class schedule if and high school the difficulty of the problem can be leveled, thereto such as the burden of the university to be the venue issue and as there is, we have’s future, it requires sufficient consideration.
On the other hand, in order to measure the degree of the fixing of learning in high school, “high school basic scholastic ability test” that will be established from the 2019 fiscal year, the time being, we plan to carry out national language, mathematics, in three subjects of English. The test results for the first 4 years but expects to be utilized at the time of enrollment and employment we want that they should use only learning improvement is positioned as a trial period. Experts meeting is scheduled to put together a final report by the end of the year.

アイテスタロイドならバリエーション豊かなテスト・クイズ制作が可能です!

mobile_test_iroiro

アイテスタロイドならバリエーション豊かなテスト・クイズ制作が可能です!
アイテスタロイドで作れるコンテンツは、単一選択、複数選択、マッチング、〇×問題、並び替え、   振り分け、穴埋め選択、穴埋め入力、ポイントクリック、フリーページの10週類と豊富で、 その他、アンケートの制作も可能です。   閲覧端末は、iPhone、iPad、アンドロイド、PC(ie9以降)など、多言語対応、数式対応もOK!

The eye tester Lloyd if variations rich test quiz production is possible!Can make content in the eye tester Lloyd, single selection, multiple choice, matching, Yes × problem, sorting, sorting, filling choice, fill-in-the-blank entry, point-and-click, and the rich and 10-week class of free page, other, production of the questionnaire it is also possible. Viewing terminal, iPhone, iPad, Android, such as PC (ie9 later), Multilingual, also equation corresponding OK!

入力問題のランダム配置、配点機能、  再テスト機能、解説表示、合不合格の表示など高レベルな   テスト(クイズ)制作にも対応しております。ぜひ、お試しください!

Random placement of the input problem, Scoring function, retest function, commentary display, it also supports the high-level test such as if failure of the display (quiz) production. By all means, please try!

詳細
http://wark.jp/mobile/i-test.html

Moodle講演会・Moodleワークショップ(大阪9月) オープンソース技術部会Moodleサブグループ

elearning_fgas

Moodle講演会・Moodleワークショップを開催します(大阪9/11-12)
九州工業大学では、AXIESと連携して下記のイベントを計画しています。

本イベントは、Moodle利用に関する情報交換(オフライン情報交換)を目的に、Moodleの活用事例や機能紹介を行う場を提供します。Moodle に関する話題や悩みを相互に提示し、情報交換することで、オープンソース Moodleの活用をより深めていくことが目的です。Moodleに興味のある方は経験年数を問わずご参加ください。技術職員の方のご参加も大歓迎です。 •Moodle講演会・Moodleワークショップ(第2回地域イベント AXIES参加大学での開催) •詳細はこちら •日時:平成27年9月11日~12日 •場所:大阪教育大学 天王寺キャンパス 西館第3講義室This event, exchange of information on Moodle using the (off-line information exchange) for the purpose, to provide a place to carry out the use case and the function introduction of Moodle. Presents the topics and worries about Moodle to each other, by exchanging information, purpose is to go deeper the use of open-source Moodle. Please join regardless of some person Experience interested in Moodle. Join us in the direction of technical staff are also welcome. • Moodle lecture · Moodle Workshop (held at the 2nd regional event AXIES participating universities) • Click here for details • Date: 平成 27 年 September 11 to 12 • Location: Osaka Kyoiku Tennoji Campus West Building third lecture chamber

昨日はeラーニングコンテンツ内製化強化セミナーにお越し頂き本当に有難うございました!心より御礼申し上げます。

elearning54lf2

昨日はeラーニングコンテンツ内製化強化セミナーにお越し頂き本当に有難うございました!心より御礼申し上げます。また、ご意見・ご要望などございましたら いつでもご連絡頂ければ幸いです。これからもどうかよろしくお願いします。

eLP資格制度 「ケーススタディ」eラーニングコース 開講のご案内

zu3

eLP資格制度  「ケーススタディ」eラーニングコース 開講のご案内

eLP資格取得「ケーススタディ」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPコンサルタント対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。

資格取得の詳細については、eLP資格制度 資格取得コース開始のご案内をご覧ください。
http://www.elc.or.jp/tabid/636/Default.aspx

マイナンバー・オリジナルeラーニング教材制作

aha21

===================================
マイナンバー・オリジナルeラーニング教材制作
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は「マイナンバー」 制度施行に際して、御社(クライアント)のルールに沿ったオリジナルの教材 を制作するサービスを開始しました。 制作したコンテンツ(教材)は、eラーニング研修利用を目的とします。

通常、eラーニングのコンテンツ制作はシナリオのライティングからデザイン、 アニメーションの制作まで数ヶ月の期間を要しますが、今回 株式会社WARKで 事前に作成したテンプレートを元に制作するため、期間も予算も安くすみます。 また、コンテンツの制作だけではなく、配信、学習進捗確認 そして学習履歴 の集計も可能ですので(eラーニングサービス)「マイナンバー」研修を急ぎ 行わなければならない企業様にとっては最適なサービスです。

===================================

◆本サービスの特徴

(1)マイナンバーに関するコンテンツに関しては、通常のeラーニング 教材より速く作ることが出来る。(オリジナルテンプレートにより)

(2)シナリオのライティングからデザイン、アニメーション等 1から作るより安価に制作できる。

(3)コンテンツ制作だけでなく、eラーニングサービスも提供可能です

◆コンテンツ制作の流れ

(1)ヒアリング(2)シナリオ/設計(3)デザイン、アニメーション (4)ナレーション作成・音付け、(5)SCORM化 (6)プレビュー ※PPTスライドを元にしたデジタル(アニメーション)教材を想定しております。 最終納品物はフラッシュ、HTML5(モバイル用)、映像の3種からお選び頂けます。

===================================

◆マイナンバー・オリジナルeラーニング教材制作サービス 開始期間9月15日から/お見積もり一式 お問い合わせは、株式会社WARKのフォームよりお願いします。 http://wark.jp/form/

===================================

eポートフォリオから教育ビッグデータへの橋渡し-効果的な学習履歴・学習記録データ利活用の視点

elearning_club

日本e-Learningコンソシアムの月例カンファレンス・モバラーミーティングにて、東京学芸大学 准教授 森本 康彦先生が講演されました。タイトルは、「eポートフォリオから教育ビッグデータへの橋渡し-効果的な学習履歴・学習記録データ利活用の視点」

教育ビッグデータ」とはどのようなデータのことを指すのでしょうか。また,それをどう構築して,どう利活用していけば教育は良くなるのでしょうか。この答えの鍵は「eポートフォリオ」にあります。
本講演では,eポートフォリオの利活用から教育ビッグデータへいかに繋げていけば良いかについて説明し,教育ビッグデータの在り方について言及します。

※セミナーに関する事前学習のご案内
このセミナーは、2015年2月に開催いたしました森本先生のご講演、「学習記録/教育ビッグデータ時代のeポートフォリオ2.0~教育eポートフォリオの本質について考える~」の続編にあたります。

参加を希望される方は、YouTubeで公開中の動画を視聴いただき、ご参加ください。冒頭の約15分間は、下記のURLにて一般公開されておりますので、どなたでもご覧いただけます。

https://youtu.be/31wbwJQVmR8

HTML5コンテンツ制作承ります!

elearning=q (58)

スマホ・タブレット対応のHTML5コンテンツを制作いたします。

(1)アプリではなくブラウザベースで閲覧できるインタラクティブなHTML5コンテンツを制作します。
(2)iOS、Androidなど様々なモバイル端末で閲覧できるコンテンツを制作できます。
(3)用途やご予算に応じて様々な表現の仕方をご提案できます。(音声や映像も扱えます。)

1
iPhone、iPad、Android、WIndows8など画面サイズや縦横比率の違う環境に対応できます。
2
■SCORM対応でLMSに搭載できるコンテンツが作れる
LMSに搭載して履歴が取れるコンテンツを制作することができます。(SCORM1.2、2004対応)
3
■音声や映像を扱ったコンテンツの制作が可能
HTML5の機能を使い、音声や映像を扱ったコンテンツの制作が可能です。
4
■アプリのような操作感のコンテンツが制作可能!
フリック、スワイプ、ドラッグなど、アプリ感覚の操作をHTML5で制作することが可能です。
5
■モバイルだけでなくPCとのコンパチブルなコンテンツの制作が可能。
スマホ・タブレットのようなモバイル端末以外にもWindowsやMacのようなPCにも対応可能です。

しう

We produce HTML5 content of smartphone-tablet support.

(1) created a interactive HTML5 content that can be viewed in a browser-based rather than in the app. (2) iOS, you can produce content that can be viewed in a variety of mobile devices such as Android. (3) You can suggest how the various expressions depending on the application and your budget. (It can handle even voice and video.)

1 iPhone, iPad, it can respond to Android, WIndows8 such as screen size and aspect ratio of the different environment. 2 You can make the content that can be mounted on the LMS in ■ SCORM support By mounting in LMS you can produce content that history can take. (SCORM1.2,2004 correspondence) Three ■ possible production of content dealing with audio and video Use the function of HTML5, it is possible the production of content dealing with audio and video. Four ■ content of the operation feeling like the app can work! Flick, swipe, drag, etc., it is possible to produce the operation of the app sensation in HTML5. Five ■ possible production of compatible content of the PC as well as mobile. In addition to mobile terminals such as smartphones, tablets

モバイル版テスト・クイズ開発ツール「アイテスタロイド」開発秘話

elearning=q (87)

「アイテスタロイド」の正体? 実は2007年に弊社が開発した「eラーニングゲームエンジン」
がベースなんです。”エディターに文字を入力するだけで学習ゲームが作れる!”
誰でも簡単に作れる”という触れ込みで、当時は画期的なエンジンツールでした!
実際に、回答によりキャラクターの表情が反応したり、 音声が始まると同時に口パクが始まったりと、面白機能満載でした。

さらに、1ゲームあたり、60~70箇所のカスタマイズポイントがあり とても高機能でした。

その「eラーニングゲームエンジン」を大きく飛躍させ、時代に合わせた 次世代エンジンツールを作ろう!と開発されたのが、実は「アイテスタロイド」なのです。 前作で出来なかったことや数多くのお客様の声を9割方反映させました。さらにフラッシュ では無くHTML5/モバイル対応というところで苦労もしました!
この製品にはWARKの経験に歴史やツールへの拘りがいっぱい詰まってます。 そして、様々なお客様のご要望と真摯に向き合い、どんどん進化させて行きたいと考えております。

アイテスタロイド詳細
http://wark.jp/mobile/i-test.html

 

 

「サイバー先生」が動画やOffice文書をそのまま教材として利用できる機能を追加しました!

elearning50frf0

「サイバー先生」が動画やOffice文書をそのまま教材として利用できる機能を追加しました!

サイバー先生を活用することで、子供たちは意外な視点に気づき、自己表現を身につけ、自信を深めることができます。  授業現場のあり方のイノベーションに大きな可能性が広がります。学校での電子黒板とタブレット端末を使った授業を支援するブラウザシステムです。
サイバー先生を導入することで、先生がボタンワンクリックでタブレットに教材を配布・回収したり、児童がタブレットに表示された教材に文字や絵を書き込んだりすることが可能です。
児童が書き込んだ内容を先生パソコンや児童/生徒タブレットに保存したり、ほかの生徒に配布することも可能です。生徒がタブレット端末で撮影した写真を授業で活用することも可能です。

新版では、タブレットの内蔵カメラなどで撮影した動画(H.264)を授業で使うことが可能になった。撮影した動画を教師のPCからすべてのタブレットに配信することや、動画に手描きでコメントなどを描き加えて配信することもできる。これにより、児童・生徒の興味を引き付け、理解度を深めるのに役に立つとしている

サイバー先生
http://cybersensei.net/description/index.html

「大学教育支援セミナー」富士通が、大学における教育の質保証・向上など各大学の取組みについてこれまで以上の支援をするべくセミナーを開催する

elearning_4410

「大学教育支援セミナー」富士通が、大学における教育の質保証・向上など各大学の取組みについてこれまで以上の支援をするべくセミナーを開催する。富士通の大学向けソリューション「Unified-One」を紹介するほか、実機の展示・デモも行うそうである。同セミナーでは、「教育の質転換 最新事例と具体的活用法」をテーマに、これからの大学に必要なICT活用戦略をまとめた富士通の「Unified-Oneコンセプト」やポートフォリオ導入事例の紹介をするほか、大学事務システム、大学授業システム、ポートフォリオシステムなど富士通の大学向けソリューションの展示・個別相談コーナーを設けるとのこと。時間があれば是非、学びたいセミナーであす。

学教育支援セミナー
日時:2015年9月15日(火)13:30~17:30(12:45~受付時間)
会場:阪急ターミナルスクェア17階ふじの間
対象:大学関係者
定員:50名
参加費:無料

図書館 授業で活用できるiPad研修/9月大阪で開催/研修会には近畿大附属高の乾武司先生登壇

elearning_aha14

図書館 授業で活用できるiPad研修/9月大阪で開催/研修会には、近畿大学附属高等学校・中学校の乾武司先生登壇!

大阪府高等学校図書館研究会は、”図書館 授業で活用できるiPad研修”をテーマにした研修会を、9月16日に大阪市の内田洋行ユビキタス協創広場 CANVASで開催するそうである。
これは、eラーニングネタではないが、中々面白そうな研修である。

研修会には近畿大学附属高等学校・中学校の乾武司ICT教育推進室室長が講師として登壇します。図書館や授業で活用できるiPad研修について、実際の事例や今後のビジョンなどを語るそうである。大変、興味深い

第1回 eラーニングコンテンツ内製化強化セミナー9/18やります!

elearning-nainainai

株式会社WARKは2015年9月18日(金)16:00pmより自社内のWARK・セミナールームにて「eラーニングコンテンツ内製化強化」をテーマにセミナーを行います。

社内または学内でeラーニングコンテンツを作成する場合、どのような手法で制作すれば良いのか? どのように作れば上手く行くのか?などWARK秘伝の内製化ノウハウを伝授します!

また、今から、eラーニング(モバイルラーニング)を始めたいと考えている企業様にもピッタリなセミナーです。
講師はeラーニング制作20年のベテラン!コンテンツ制作コンサルタントの株式会社WARK/横江功司が担当します。お気軽にお立ち寄り下さい。

『第1回 eラーニングコンテンツ内製化強化セミナー』下記URL参照
http://wark.jp/kyoka/

『セミナー対象』
(1)eラーニング、モバイルラーニング制作技法の最新情報が知りたい
(2)WARKがどのような技術を用いて教材を作っているか知りたい
(3)他社でのeラーニング、モバイルラーニングの事例が知りたい
(4)eラーニングコンテンツのコンサルサービスについて知りたい
(5)eラーニングコンテンツの内製化について知りたい

こちらのセミナーは有料の内製化セミナーとは内容が異なります。

===================================

対象は企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者様ほか。
場所はJR代々木駅・徒歩3分のWARK・セミナールームで開催します。

===================================

『セミナー名』第1回 eラーニングコンテンツ内製化強化セミナー

『日時』2015年9月18日(金)
『セミナー』16:00~17:30まで(15:30開場)
『対象』企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者他
『参加費』無料
『場所』株式会社WARK・セミナールーム
東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F 03-3378-5567
『交通』JR代々木駅北口より徒歩3分
『定員』10名
『主催』株式会社WARK
『詳細&申込』http://wark.jp/kyoka/

※同業者のお申込みはお断りします。

マイクロソフトなど79社が参加する「 Windowsクラスルーム協議会」は、教育現場における「合理的配慮へのICT活用」を推進する実証プロジェクトをスタート

elearning_tgfae12

最初に申しておくが、これは大変素晴らしい試みである。
マイクロソフトなど79社が参加する「 Windowsクラスルーム協議会」は、教育現場における「合理的配慮へのICT活用」を推進する実証プロジェクトをスタートした!2016年4月に「障害者差別解消法」が施行され、障がい者への「合理的配慮」が法的義務化されるのを前に、学校における合理的配慮の具体的な手立てとして、ICT活用の効果検証に取り組むとのこと。
大いに応援したい!

具体的には、茨城県つくば市、日本マイクロソフト、NTT東日本、発達障がいをもつ子供向けの民間塾を運営するLITALICOが連携し、2016年3月末までの期間、つくば市の小中一貫校「市立春日学園」の特別支援学級4クラスで、書字困難、読字困難などの学習障がい(LD)や注意欠陥多動性障がい(ADHD)、自閉症スペクトラムをもつ児童生徒を対象に、音声付きデジタル教材の使用、PCやタブレット端末でのノートテイクなどのICT活用の実証研究を行うとのこと。是非、がんばって欲しい!eラーニングもこのような試みにどんどん活用されるべき!

ソース
http://japan.zdnet.com/article/35068321/

フラッシュeラーニング教材/HTML5移植サービス

wark_promo03

株式会社WARK(所在地:東京都渋谷区/代表取締役 長瀬昭彦)はフラッシュ
により作られたeラーニング教材のHTML5への移植サービスを開始しました。
従来、eラーニングの学習教材は、フラッシュで制作するのが一般的でした
ところが、モバイル(iPhone、アンドロイド、タブレットなど)端末では
フラッシュが未対応となり、当然、コンテンツも閲覧できなくなりました。
このようなお悩みを抱えたクライアント様のために、eラーニングk教材(
コンテンツ)のHTML5移植サービスを行います。

===================================

【フラッシュeラーニング教材/HTML5移植サービスとは?】

アニメーションを多用したアクティブなコンテンツは通常、フラッシュで
作られておりますが、フラッシュで作られてコンテンツはモバイル等で
閲覧することができません。そこで、株式会社WARKでは、企業様内に
多く眠っているコンテンツを再活用すべくHTML5化サービスを始めました。

これにより、従来のPC版のコンテンツもiPad、iPhone、アンドロイドなど
モバイル対応コンテンツとなり、生まれ変わります。

また、PCとモバイル両対応にすることもできます。
その他、コンテンツだけでなくテスト・クイズも移植可能です。

===================================

下記のようなお悩みを持った企業様に最適です。

(1)社内のコンテンツが全てフラッシュで出来ており、モバイル化に
莫大な費用がかかることを懸念してる。

(2)PCとモバイル両方、閲覧可能なコンテンツが作りたい

(3)従来あるコンテンツを再活用したい

◆サービス名:フラッシュeラーニング教材/HTML5移植サービス

◆費用(お見積り一式)

◆ご相談は、下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form/

*もちろんHTML5化できないものもありますことをご了承ください。

モバイル版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」7つの特長!

elearning=q (71)

モバイル版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」7つの特長!

1■類まれなる技術の結晶!APIは一切使用せず
jQuery等のAPIは一切使用してません、ソースコードを1から丁寧に記述しています。 .

2■日本語、英語以外に、中国語他 多言語に対応!
グローバル人財教育にも合わせて、多言語化にも対応しています。.

3 ■なんと、数式にも対応!
新機能として、数式が使えるようになりました。 . 4 ■エディターのユーザビリティーは、長年の知恵の集大成! 2007年に発売した「eラーニングゲームエンジン」以来、思考錯誤を凝らしてきました!

5 ■アプリ風の動きに拘りました!
本製品は、HTML5掃出しのブラウザ閲覧型ですが、アプリのような滑らかな動きが特徴。

5 ■文字装飾もできます!

アンダーライン、斜め字、太字、リンク他、文字装飾もできます! 5 ■SCORMエディター装備!

SCORM1.2 2004の記述を自由に変えられるエディターを装備しました。

詳細
http://wark.jp/mobile/i-test.html

Mobile version content creation tool “eye tester Lloyd” Seven Features!

1 ■ kind exceptional technology of crystal! API is not used at all API such as jQuery is not used at all, it has been carefully write the source code from 1. .

2 ■ Japanese, in addition to English, corresponding to the Chinese other multilingual! And also to the global human resources education, also supported in multiple languages. .

3 ■ What, corresponding to the formula!  As a new feature, it was now the formula is used. . Usability of 4 ■ Editor, the culmination of many years of wisdom! Since the “e-learning game engine” that was released in 2007, it has been elaborate trial and error!

5 ■ I was involved with the movement of the app-style!  This product, but is a browser viewing type of HTML5 sweep, smooth motion features such as app.

5 ■ character decoration I can too!

Underline, diagonal character, you can bold, link other, also character decoration! 5 ■ SCORM editor equipment!

SCORM1.2 I was equipped with a 2004 freely changed is editor of the description of.

elearning=q (63)

ICTを活用した教育の一環として児童生徒がiPadでアップル社ティム・クックCEOへビデオレターを制作。同CEOから非常に高い評価を受けた

elearningmede500

教育現場にタブレット端末を導入するモバイル導入施策はすでに多くの自治体で始まっているが、否定的な意見を持つ人もまだまだ多いようだ。平成25年度に行われた内閣府の世論調査では、回答者のうち7割以上が「子どもにスマートフォンを持たせることに不安を感じている」という結果が見られた。不安を感じているのは男性より女性が多いとのこと。

なるほど、学業以外に活用されるからだろう。

そんな中、ICTを活用した教育の一環として児童生徒がiPadでアップル社ティム・クックCEOへビデオレターを制作。同CEOから非常に高い評価を受けたそうだ!これは心温まる素敵なニュース!

以下記事参照
http://www.newsweekjapan.jp/headlines:/business/2015/07/153956.php

第10回 HR LOUNGE TOKYO お疲れ様でした!80名の方に訪れて頂きました!どうも有難うございます

IMG_6679

第10回 HR LOUNGE TOKYO お疲れ様でした!約80名の方に訪れて頂きました!本当にどうも有難うございます!心より御礼を申し上げます。

IMG_6651

IMG_6654

IMG_6656

IMG_6657

IMG_6658

MAI&YUSUKE LOUNGEのオーガナイザー小俣さん!お疲れ様でした!

IMG_6660

IMG_6661

IMG_6665

IMG_6666

IMG_6670

IMG_6673

今度は、11月にまたやりましょう!よろしくお願いします!

弊社共催の第三回HR+ラーニングTECHカレッジにお越し頂き心より御礼申し上げます

tecucuc

昨日は、弊社・横江功司のプレゼンテーションをお聞き頂き本当に有難うございました。大変、多くの参加者にご出席頂き心より御礼申し上げます。当日は「eラーニングコンテンツ制作の最新技法」というテーマで、他社事例を中心に、映像からPPT作成やツールでの変換テクニック、内製化テクなどコンテンツ作成の最前線をお話しました。もし、このテーマにピンと来たユーザー様がいらっしゃいましたら、いつでもご説明に参りますので、お気軽にご連絡ください! また、第四回も開催予定ですので、その際はどうかよろしくお願いします。

WARKお問いあわせ先 http://wark.jp/form/

第三回HR+ラーニングTECHカレッジ
http://wark.jp/csod/

文科省が、「デジタル教科書」導入を本格的に検討

aha01

学校へのeラーニング導入「デジタル教科書の導入」を求めてきた民間団体「デジタル教科書教材協議会が先頃開催したシンポジウム「スマート教育の実現に向けて~DiTTビジョン発表~」。シンポジウムには、関係省庁の担当者や、文科省有識者会議の委員を務めるベネッセの教育総合研究所理事長らが登壇しました。この中で、総務省のICT(情報通信技術)政策を担当する南俊行・政策統括官が、BYOD(私的デバイス活用)を真剣に検討していきたいとの考えを示したことが注目されている。

とても、素晴らしい提言ではあるが、そもそも政府が閣議決定した「第2期教育振興基本計画」では、計画期間内の2017(平成29)年度までに整備する目標を、1台当たり3.6人としています。それも、公立学校で機器を整備する費用は使い道が限定されない、地方交付税で措置されているため、その自治体の判断によっては、ほかの予算に振り向けられてしまう可能性さえあるところが悲しいですね。

ソース
http://learning-park.net/chu_oya/i20150722-1376.html

【HR LOUNGE会場】 丸ノ内線「四谷三丁目」からの行き方!4番出口から徒歩10分

elearning_gayal19

丸ノ内線・四谷三丁目駅の4番出口に出てください

elearning_gayal20

こちらです!

elearning_gayal21

4番出口を出たら新宿通りを四谷方面に真っ直ぐ!

elearning_gayal22

どんどん進んでください!

elearning_gayal18

東京三菱UFJ銀行が見えたら、そこを左です。

elearning_gayal16

津ノ守坂通りを真っ直ぐ進んでください

elearning_gayal14

まだまだ真っ直ぐ進んでください
(段々坂道になって行きます)

elearning_gayal12

坂の途中にあるこのお店が会場です!

【場所】 サロン・ガイヤール(1F) 東京都新宿区荒木町15サンシャトー四谷 1F
Tel:03-3341-8072
丸の内線・四谷三丁目からの地図 :http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_yotsuya.pdf

 

【HR LOUNGE会場】 都営新宿線「曙橋駅」からの行き方!A4出口から徒歩5分

elearning_gayal01

都営新宿線・曙橋駅A4出口荒木町方面に出てください!

elearning_gayal02

A4出口を出たら右に半回転してください

elearning_gayal04

突き当りを左へ!高架橋の下をくぐります

elearning_gayal05

このまま真っ直ぐ進んでください!

elearning_gayal06

真っ直ぐ行くと「津ノ守坂通り」にぶつかります
その通りを右です!

elearning_gayal07

「津ノ守坂通り」を登ります

elearning_gayal10

「時屋」さんの看板を目印にしてください

elearning_gayal11

こちらがHR LOUNGEの会場です

 

 

【場所】 サロン・ガイヤール(1F) 東京都新宿区荒木町15サンシャトー四谷 1F
Tel:03-3341-8072【交通】 都営新宿線・曙橋からの地図 :
http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_map_akebono.pdf

【道順説明テキスト】http://www.gaillard-yotsuya.com/#!access1/cdyb

通信教育の現場で、ICTの活用が進んでいる!リアルタイムの採点や、音声を駆使した解説など、子どもたちの学習意欲が盛んに?

elearning_tgfae23

通信教育の現場で、ICTの活用が進んでいる!リアルタイムの採点や、音声を駆使した解説など、子どもたちの学習意欲が盛んに!

例えば、タブレット端末の画面に映し出されたホウセンカを専用のペンでタッチすると、断面図が拡大されて浮かび上がる。「赤色に染まったところが水の通り道だよ」。音声ガイドが、根や茎、葉のそれぞれに水の通り道があることを解説してくれる。

「問題を解いたらすぐに○×を付けてくれる。アニメキャラクターが教えてくれて面白い」とのことで子供達にも上々の人気!毎日楽しみながら学習し、学校の成績も上がったとのこと。
「スマイルゼミ」「アプリゼミ」「勉強サプリ」など、どんどん出来ているが、実際の成績はあがっているのだろうか? これで、開成や麻布など難関学校にホイホイ入学できるのだろうか?
とても懐疑的である。

だとしたら、受験とか成績UPとは路線を異にして、課外学習メインに路線を変更すべきである。学校教育は、何も受験とか成績UPだけではない!人間教育も大事なのだから

アイテスタロイドで作ったコンテンツはSCORM対応ですので、現況、御社様でご利用頂いてるシステムでも動作します!

elearning224

アイテスタロイドで作ったコンテンツはSCORM対応ですので、現況、御社様でご利用頂いてるeラーニングシステム でも動作します。(対応LMSがscorm準拠であることが条件です)

対応可能LMS、ソフトバンク・サイバーユニバーシティー「AOMAI」、「moodle」、「ラーニングマネージャー」、「コーナーストーン」「saba」他、多くの学習管理システムが対応可能です。

詳細は株式会社WARKまでお問い合わせください

詳細は
http://wark.jp/mobile/i-test.html

wark_promo07

日本は国際競争に勝ち抜くため、世界最高水準の教育力と研究力を備えた大学院群を形成し、人材育成・登用システムの再構築を図る!その名は「卓越大学院」

elearning02148

日本は国際競争に勝ち抜くため、世界最高水準の教育力と研究力を備えた大学院群を形成し、人材育成・登用システムの再構築を図る!その名は「卓越大学院」
その構想は、大学院教育のあり方を議論している文部科学省の中央教育審議会(中教審)大学院部会で、素案のとりまとめが行われており、先月末に閣議決定された新しい成長戦略にも盛り込まれましたらしい。

以下

ようわからんが、各大学の研究機関や民間の研究機関のリソースを組み合わせ、修士課程と博士課程を組み合わせた5年間のプログラムを構築。教員を国際公募し、年俸制を採用するなど、従来にはない教育体制を確保し、若手にとって魅力的な教育・研究環境を整備するとのこと。卒業後の生活の不安がないよう、雇用などの面についても手厚い支援を行うらしい。
一体、何が、若手にとって魅力的な教育・研究環境なのか?研究するのは若手じゃないとダメなのか?

具体的な研究分野としては、国内外の研究をリードし、ノーベル賞等の受賞が期待できる領域、ICTをベースにした文理融合や学際領域など日本が今後、世界で勝たなければならない領域、システム化、統合化の科学や金融・保険等、新領域や新産業の創出に資する領域の3つが列挙さrているそう。ノーベル賞と教育ICT

改革案の根底には、優秀な若者が博士課程に進学せず、これが国際競争力の低下につながっているとの認識

横浜国大附属横浜中で、アナログとデジタルを融合した学習スタイルを実現!これは理想!素晴らしい!

elearningbdrh2

先にも、横浜の別の学校の活用例で紹介したが、紙のワークシートに書いた内容を、リアルタイムにデジタル化し、電子黒板やタブレットPCで共有できる、大日本印刷のデジタルペン授業支援システム(オープンノート)が横浜国立大学教育人間科学部 附属横浜中学校に導入された!

授業はDNPのオープンノートによって進められた。このデジタルペン授業支援システムは、デジタルペン、BluetoothのUSBアダプター、オープンノート対応用紙(専用印刷ソフトでプリントも可能)、2種類のパレットなどで構成される。カラーパレットは生徒ごとに6色のカラーを選択でき、解答結果を色別にリアルタイムでグラフとして集計したり、アンケートとして利用することも可能だ。 これは秀逸!

最大の特徴は、デジタル一辺倒の教育システムでなく、アナログとデジタルが融合した学習スタイルを実現できることだろう。デジタルペンの先にセンサーがあり、オープンノート対応用紙に手書きで文字を書くと、そのデータが先生用のPCに転送され、生徒全員の記述を自動集約してくれる仕組みだ。転送データは画像ではなく、文字の軌跡のベクトルデータであるためデータ量が小さく、ネットワークに負荷をかけずに、細かい文字を鮮明に映し出せる。同時に利用できる人数も最大40人超で、1クラスの生徒数に十分対応できるとのこと。
デジタル一辺倒ではなく、本当に大事なのはアナログと融合した学習スタイルの実現!
これは理想!素晴らしい! 良き事例であると思います。

http://www.canvas.ws/nanako/?p=5936

2015年8月26日「英知あるで~ニッポン(HRD NIPPON)」大盛況!120名の方にご参集いただきました!

saitotot

2015年8月26日「英知あるで~ニッポン(HRD NIPPON)」大盛況!
120名の方にご参集いただきました! 心より御礼申し上げます。

hrdn021

今回の会場は、押上、本所吾妻橋!初の下町開催でした。東京スカイツリーのお膝元で、HRの大交流会が開催されました。当日は霧雨でしたがスカイツリーが幻想的で美しかったです

IMG_4005

「英知あるで~ニッポン(HRD NIPPON)」は交流会がメインですが、JIN-G代表の三城雄児氏が、6月に米国ラスベガスで開催されたSHRMの報告会を行いました。

IMG_4063

当日は、そのSHRM2015世界大会で、三城さんが知見を得た「世界のHRの最新潮流」についてのお話がありました。

IMG_4123

セミナーは講義のみならず、参加者同士のディスカッションも行いました。

IMG_4130

海外からの参加者も多数おられました。

IMG_4138

IMG_4179

IMG_4131

IMG_4172

IMG_4175

IMG_4163

熱いトークが交わされ、その後の交流会が盛り上がりました!

hrdn024

その後、僭越ながら株式会社WARKのeラーニングに関するプレゼンテーションも行わせて頂きました。

IMG_4190

モバイルを利用したeラーニングやコンテンツの制作に関して参加者から数多くお問い合わせ頂きました。

IMG_4205

交流会も夜遅くまで、飲みながら、食べながら大いに盛り上がりました!

hrdn025

zentai

というわけで、次回 冬に開催できればと考えております。
ご参加いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

田園調布雙葉学園高等学校の情報社会学の授業でデジタルペンが登場!教育ICTの旗印になるか?

elearning02141

田園調布雙葉学園高等学校の情報社会学の授業でデジタルペンが登場しました。授業で使用されたデジタルペンは、スウェーデンのアノト社が開発した「アノト方式デジタルペン」の技術をもとに、大日本印刷が日本の学校現場に合った専用ソフトと組み合わせて開発した「(オープンノート)」システムだそう。海外のシステムのライセンスを持ってくるとは中々だ!

導入にあたっては、事前にさまざまな学校で2年間の実証実験を行い、先生や生徒からのフィードバックをもとに、現場のニーズに沿ったシステムに作り上げていったのだそう。
とても用意周到で感心する。

オープンノートはすでに50の自治体で全700校ほどに導入され、公立・私立のどちらも導入実績を有する。2015年にはさらに、累計1,000校が導入予定だという。これは凄い!
eラーニングにも

8/26(水)第六回 英知あるで~ニッポン「浅草線・本所吾妻橋駅」から会場までの行き方を写真で解説

saitotot
8/26(水)19:00~「第六回 英知あるで~ニッポン」都営浅草線・本所吾妻橋から会場までの行き方を写真で解説します! まず、地図をこちらからダウンロードしてください!
地図:http://wark.jp/hrd/honjo.pdf
住所は、東京都墨田区業平1-6-2 (徒歩5分)

jyonbe11

地下鉄・「浅草線・本所吾妻橋駅」からに行き方です。まず東駒形方面改札へ

jyonbe10

A2出口から出てください!

jyonbe08
これが本所吾妻橋駅A2で出口です。

jyonbe09

出口を出たら そのまま 真直ぐ進んでください!

jyonbe07

まだ、真直ぐです!段々、スカイツリーが大きくなってきます

jyonbe04

業平橋を渡ってください!その次の信号(業平一丁目)を右です。

jyonbe03

この信号を右です!

eichi10

このジョナサンの隣の(先の)建物です。

eichi11

こちらのモダンな建造物に着きましたら、6Fにお上がり下さい!

◆日時:2015年8月26日(水)19:00~22:00まで(OPEN 18:30)
◆会費: ¥3,500 フリードリンク&フード 領収書発行可
◆アクセス: 半蔵門線 押上駅(B3出口)徒歩7分
都営浅草線 本所吾妻橋駅(A3出口)徒歩5分
東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅(A3出口) 徒歩5分
WEB http://wark.jp/hrd2015/
申込みhttps://docs.google.com/forms/d/1msYHm6W8PZAKUjr7VDh0PHt23vjUY9CD1cD7x4rlMGw/viewform

ウィザスと浜教育研究所が合弁会社設立、個別指導塾を展開

aha17

ウィザスは浜学園グループの浜教育研究所と合弁会社「浜第一ゼミナール」を設立した。両社のノウハウを共有し、教科学習指導や受験指導を行う個別指導型の学習塾を展開するとのこと。新たな両社の躍進に期待します!

以下

株式会社浜第一ゼミナールの概要
所在地:兵庫県西宮市甲風園一丁目5番24号
代表者の役職・氏名:代表取締役 竹森勝俊
事業内容:教科学習指導および受験指導を行う学習塾事業
資本金:5,000万円
設立年月日:平成27年6月22日
決算期:3月31日
出資比率:株式会社浜教育研究所55%、株式会社ウィザス45%

U~izasu established a beach Institute of Education and the joint venture of beach Gakuen group “Hama first seminar”. Thing and share both companies’ know-how, to expand the tutoring type cram school of performing the subject teaching and examination guidance. We look forward to the breakthrough of new companies!

HTML5 eラーニングコンテンツ制作ツールお試しキャンペーン 9月1日から 9月30日まで

elearning=q (58)

=================================== HTML5eラーニングコンテンツ制作ツールお試しキャンペーン 9月1日から 9月30日まで
===================================

株式会社WARKは今、最先端の HTML5のテスト、クイズ、eラーニングコンテンツなどが制作できるツールの お試しキャンパーンを実地します。キャンペーン期間は、2015年9月1日から 9月30日まで。期間中は、HTML5版のモバイルラーニングコンテンツを作成 できる「アイテストロイド」の操作研修を全国どこでも無料にて行います。 また、最新のアイテストロイドの試用版も、無償で配布します。

HTML5対応で企業担当者、先生など誰でも簡単にスマホ・タブレットで学べる テスト、クイズを作れるツール「アイテスタロイド」の詳細は下記URL参照。

【アイテスタロイド】 http://wark.jp/mobile/i-test.html

モバイルを利用した学習コンテンツの主流がアプリからブラウザベース (HTML5)に変化しつつある現況、コンテンツが自社で制作でき、学習管理 機能も備え、個々の学習履歴も取得できる(別途費用がかかります) アイテスタロイドとその学習管理機能の存在感は日増しに高まっています。 こちらも詳細は下記URL参照。

【Mobile LMS】 http://wark.jp/elearning/share.html

===================================   ◆HTML5eラーニングコンテンツ制作ツールお試しキャンペーン

【内容】(1)HTML5版(モバイル版)のモバイルラーニングコンテンツを 誰でも簡単に作成できる「アイテストロイド」の操作研修を全国どこでも 無料にて行います。(2)最新のアイテストロイドの試用版を無償で提供。

【期間】2015年9月1日から9月30日まで

【問合せ】WARKお問い合わせフォーム http://wark.jp/form/

【キャンペーン対象】全国の企業様、学校様、協会様ほか

※操作研修は無料ですが東京近郊以外の場所に赴く場合は別途、交通費、 宿泊費等が発生します。ご了承ください。

==================================

【アイテスタロイドとは?】
スマホ・タブレットで学べるテスト、クイズ、HTML5版の教材を簡単に 作れるツール「アイテスタロイド」。エディターに文字や絵をアップ ロードするだけの簡単操作です。   できあがったコンテンツはすぐにモバイルからPCまで、全方位で 閲覧可能です。

スマホやタブレットでの学習をメインに考えて、アプリ風の動きに こだわりました!友達同士でお互いが作ったテストを交換したりも簡単! 楽しい学習につながります。

【アイテスタロイド詳細】 http://wark.jp/mobile/i-test.html
【アイテスタロイド+Mobile LMSが実現する学びの世界】

(1)つくる  アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイル版のテスト、クイズ、  学習ゲームをつくることができます。パソコンにエディターを  インストールして作成します。実現可能なコンテンツは、択一、複数選択、  並べ替え、マッチング、文字入力、入力の選択、〇×問題、ピース分け、 ポイントクリックなどで、絵も音声も映像も登録可能です。

(2)配信する  アイテスタロイドでつくったファイルをWebサーバにアップロードする  だけでモバイル学習が可能となります。もちろん、日本でつくったコンテ  ンツを世界中で学ぶこともできます。

(3)成績を管理 アイテスタロイドは、SCORM1.2、2004等に準拠しておりますのでご利用の 学習管理システムそのままで、成績を管理することができます。

(4)楽しく学ぶ アイテスタロイドは、楽しく、リッチなコンテンツをモバイルで、いつでも、 どこでも学べます。さらにスマホだけでなく、タブレット、PCを問わず どんな環境でもご利用いただけます。

(5)自学習に使う 自学習モードに設定し、モバイルで学びたいときに学べます。 実力UP!

(6)つくり合う アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイルを利用したコンテンツが作れ るところが特徴です。 それを生かして生徒同士、社員同士、コンテンツをつくり合い、学び合うこ とが可能となりました。学内(社内)で作ったコンテンツを自宅や外出先 で学ぶこともできますし、その逆もできます。 また、つくることが最高の学習という説もございます。

==================================
◆「アイテスタロイド」は、100% 株式会社WARKで制作されたツールです。
サポートも万全です。安心してご利用になれます。
==================================

elearning=q (67)

8/26(水)第六回 英知あるで~ニッポン「半蔵門線・押上駅」から会場までの行き方を写真で解説

saitotot

8/26(水)19:00~「第六回 英知あるで~ニッポン」半蔵門線・押上駅から会場までの行き方を写真で解説します! まず、地図をこちらからダウンロードしてください!
地図:http://wark.jp/hrd/oshiage.pdf
住所は、東京都墨田区業平1-6-2

eichi01

都心から来る場合は、半蔵門線の押上駅からが便利です!B3出口に出てください!

eichi02

方向的には、このような感じです!(スカイツリー駅はさらに近くです)

eichi03

ここが、半蔵門線の押上駅B3出口です。

eichi04

出たら左方向に半回転して下さい!

jyonbe01

東京スカイツリーに沿って道なりに歩いて下さい(三つ目の信号まで)

eichi06

上を見上げると こんな感じです!

eichi07

もうちょい歩くと信号が見えます、それを左へ(橋を渡ります)

jyonbe02

東京スカイツリー駅という信号を左です

eichi08

橋を渡って一つ目の信号を真直ぐ進み、さらに右へ横断します。

eichi12

このように横断をお願いします。(業平一丁目の信号)

eichi09

ラーメン屋のもうちょい先です!

eichi10

このジョナサンの隣の(先の)建物です!

eichi11

こちらのモダンな建造物に着きましたら6Fにお上がり下さい!
お待ちしております!

◆日時:2015年8月26日(水)19:00~22:00まで(OPEN 18:30)
◆会費: ¥3,500 フリードリンク&フード 領収書発行可
◆アクセス: 半蔵門線 押上駅(B3出口)徒歩7分
都営浅草線 本所吾妻橋駅(A3出口)徒歩5分
東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅(A3出口) 徒歩5分 WEB http://wark.jp/hrd2015/
申込みhttps://docs.google.com/forms/d/1msYHm6W8PZAKUjr7VDh0PHt23vjUY9CD1cD7x4rlMGw/viewform

日本の医療を崩壊させる?看護師不足に打開策あり!ITを使い通信教育の充実を!そこにはeラーニングが最適だ!

elearning_c42e06_s

日本の医療を崩壊させる?看護師不足に打開策あり!ITを使い通信教育の充実を!そこにはeラーニングが最適だ!

2006年からの、病床における「7対1」配置基準の新設で、不足状態の看護師の「売り手市場」はますます顕著になり、大病院への偏在が加速した。看護師、准看護師、助産師、保健師を含む看護職は、2015年現在、約150万人いて、働く女性の20人に1人が看護職という時代になっている。とは言え、ここ数年は毎年3万~4万人の看護師が供給不足となっているとのこと。

ここは、いち早くeラーニングを導入した方がいい!特に看護師ならモバイルラーニングや時間がとられずに効果があるドリル式のeラーニングが最適だ!さらに、設問はどんどん変えていければ、なお効果的!看護師不足に打開策あり

教育IT!シャープが、新たなBtoB事業の情報基盤として導入した「Visions」で業績のV字回復なるか?

elearning_tgfae26

教育IT!シャープが、新たなBtoB事業の情報基盤として導入した「Visions」で業績のV字回復なるか?

シャープが個人向け事業(BtoC)から法人向け(BtoB)戦略へのシフトを進めているとのこと。推進の要は新たなBtoB事業の情報基盤として導入した「Visions」というシステムだそう。シャープにおけるBtoBビジネスの中心的存在であるシャープビジネスソリューションで活用し、案件の可視化や業務効率の向上、商談総額の増大、PSI計画の精度向上などを目指している。 今まで、日本のビジネスソリューションや教育ICTを牽引してきたシャープさんに、是非がんばって欲しい!期待しております。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1506/18/news153.html

研修効果を見える化!モバイルラーニングサービス

elearning_4d5_s

===================================
研修効果を見える化!モバイルラーニングサービス
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は企業内で行われた
集合研修が実際に効果があったのか?または効果が無かったのか?を
きちんと「見える化」するためのモバイルラーニングサービスを開始します。

流れとしては、集合研修の内容に即した設問を弊社で作成します。その研修
が終了した後、受講者にモバイルで、設問に答えて頂きます。
そのテストの履歴(合不合格、点数など)を管理者に通達し、研修の効果を
数値で分かるように致します。

また、設問(テスト)の内容は弊社に委託しなくても、内製化により
社内で作れるようにすることも可能です。

そのために必要となるのは、モバイル版のテスト、クイズ制作ツール
(専用ソフトウェア)の「アイテスタロイド」と学習マネジメント機能を
持った「モバイルLMS」により実現することが出来ます。

さらに上記システムを利用すれば、テストやクイズだけでなく、広く受講者
の意見を吸い上げることも可能です。(モバイル版アンケート機能)
詳細は、WARKのサイトへ

【WARK】http://wark.jp/
【アイテスタロイド】http://wark.jp/mobile/i-test.html
【Mobile-LMS】http://wark.jp/elearning/share.html

=================================

◆サービス名:研修効果を見える化!モバイルラーニングサービス

【その特徴】

(1)お客様の研修教材を元にオリジナルのテストを作成します。
(2)作ったテスト(クイズ)はモバイルからPC全て閲覧可能です。
(3)動きのある楽しいテスト(クイズ)を制作できます。
(4)弊社に制作を委託せずとも、自社内で作成可能です。
(5)学習管理機能に関してはASPで格安に利用できます。
(6)モバイル版のテスト制作ツール自体の販売も可能。
(7)テスト以外にアンケートとしても利用できます。

※外国語版の制作も可能です!

【導入イメージ】

(1)今まで実地しただけになっていた研修の効果を見える化したい。
(2)実地研修の効果をもっと上げたい。
(3)実地研修の問題点、課題点を見つけたい。
(4)せっかくモバイルを導入したので人材教育にうまく活用したい。
(5)モバイルeラーニングを低価格で行いたい。

【費用に関して】

ご利用内容を精査しお見積もりをご送付させていただきます。

私立中高一貫校を調査!100%に近づくICT利活用意向

elearning_ict02

私立中高一貫校を調査!100%に近づくICT利活用意向

都内の私立中高一貫校の協力を得て実施した「ICT利活用」に関する調査結果から、ICT利活用意向は年々高まり、2016年には97%の先生が利用したいと考えていることがわかった。
これは素晴らしい傾向である!

担当授業で増やしていきたい授業形態については「協働学習・アクティブラーニング」が71%でもっとも高く、「協働学習・アクティブラーニング」でICTを利用したいと回答した先生は50%だった。協働学習がICT化に最も向いていると思う。特に小中高学校では。。。
eラーニングは社会人になってからが有用になると思う。

ICTを活用して、今後行いたい授業については、過半数が「生徒の意見や回答を集めて、電子黒板などで紹介したり議論させたりする授業」(55%)、「学校で生徒がプレゼンテーション作成ソフトを活用しながら資料を作って発表する」(52%)と考えていることもわかった。

Private integrated middle and high schools the survey! ICT utilization intention to approach 100%

The survey results for was carried out with the cooperation of Tokyo private middle and high consistency schools “of ICT”, increasing ICT use intention is every year, in 2016 it was found that it hopes to use 97% of teacher .
This is a great trend!

In charge of the highest in the 71% “Collaborative Learning Active Learning” is about to go want lesson form increase in class, the teacher who responded that they want to use ICT in the “Collaborative Learning Active Learning,” was 50 percent. I think cooperating with learning is most suited to ICT reduction. Especially in the small middle and high school. . .
e-Learning I think from becoming member of society and become useful.

Leverage ICT, for the lesson you want to make the future, a majority is “to collect student opinions and answer, teaching you or to discuss or introduced in such as electronic blackboard” (55%), students in the “school to create presentation It was also found that it is considered to be announced by creating a document while utilizing the software “(52%).

Windows 10のスタートメニューをWindows 7のように変えられる「Start10」これは便利!

IE01

Windows 10は革新的なOS、iPADを導入云々よりも、OSを変更した方が、費用もかからずよっぽど業務効率に効果的と思われるが。。。eラーニングも、もちろんWindows 10を有効活用したいところだ!ただし、以前のosのTOP画面を変えたくないという方に朗報!
以下のアプリを購入すべし。

WindowsのスタートメニューはOSが変わるたびに少しずつ変更が加えられていますが、時には「この部分は前のままにしておいて欲しかった」と感じる部分も出てきます。そんなカスタマイズ欲に応えたのか、スタートボタンがなくなってしまったWindows 8でボタンを復活させるソフトウェア「Start8」を作ったStardockが、今度はWindows 10のスタートメニューを変更できるソフトウェア「Start10」をリリースしました。これは便利!

ソース
http://www.stardock.com/products/start10/

Start10は4.99ドル(約620円)の有料ソフトですが、30日間のトライアル版があるので、どの程度のことができるのか自分で試すことができますそうです!

第3回HR+ラーニングTECHカレッジ9/3(木)に無料セミナーを行います! テーマは「eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ制作技法

elearning_semis

—————————————————————————
【第3回HR+ラーニングTECHカレッジ】9/3(木)に無料セミナーを行います!
テーマは「eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ制作技法」
—————————————————————————

9/3(木)15:00pm~サムライズ様セミナールームにおきまして 弊社eラーニング・スペシャリスト・横江功司による無料セミナーを行います。 テーマは「eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ制作技法」。 eラーニングコンテンツを安く作る方法、自社で開発するための最新技法を 事例と合わせて解説します。ぜひ、いらっしゃってください!
その他、世界で最も売れているタレントマネジメントシステム「コーナー ストーン」のグローバル事例や多言語対応のアドビのウェブセミナーツール も同時にご紹介します!また、懇親会にて、冷たい飲み物とフードもご用意 しております。乾杯しましょう!どうぞよろしくお願いします。
◆第3回HR+ラーニングTECHカレッジ(セミナー) 9/3(木)15:00~(14:30開場)無料 場所:サムライズセミナールーム(JR大崎駅) 【詳細&お申込】http://wark.jp/csod/

アクティブ・ラーニングの導入をはじめとした「授業革新」、教員が授業に専念できる体制づくり「チーム学校」

elearning_IMG_3776

アクティブ・ラーニングの導入をはじめとした「授業革新」、教員が授業に専念できる体制づくり「チーム学校」

教員が何でもこなしてきた学校組織を、専門家集団による「チーム学校」に変えるべきだという提言を、中央教育審議会の作業部会がまとめたとのこと。「世界一忙しい」と言われる教員が「子どもに向き合う時間」を増やすことで、学校全体をチームとして教育力を向上させるのがねらいだが、実現には相当な困難も予想される。

>なるほど、教育をICTするのはいいが、教員の労働量が増えるとの話をよく聞く

「チーム学校」は、昨年7月の下村博文・文部科学相からの諮問を受け、中教審で検討してきたものです。管理職(校長・副校長・教頭)の資質・能力向上や、「中間管理職」ともいうべき主幹教諭制度の充実、事務職員の役割発揮など、従来の教職員にがんばってもらうことはもとより、心理の専門家であるスクールカウンセラーや福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーを巡回ではなく学校に常置する職にすることを目指すとともに、部活動の指導や引率を顧問教諭の同行なしに一人で行える「部活動支援員」を新設することも提言しています。

なるほど、教員以外の支援員を増やせばいいということか。
教育をICT化するための設備と支援員という新たな人件費が発生する?
何のための効率化か? わからなくなってきましたね!eラーニングで支援員の育成を行うと良いかもしれません。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00010003-benesseks-life

“The team school” receives an advisory from Shimomura Hirofumi – Education, Culture, Sports, Science and phase of last year in July, is one that has been discussed in council. Managers and quality and capacity improvement of the (principal, vice principal, assistant principal), enhancement of “middle management,” said chief editor teacher system should be called, such as administrative staff of the role exercise, as well is that you get hard on traditional faculty of psychology We aim to be a job that permanent to school rather than patrol the school social worker is an expert of school counselors and welfare is an expert, guidance and led the Department activities without the bank’s faculty adviser perform alone “part It also recommended that it be newly established activity support personnel. “

プール学院大学、4年制学部廃止となります

eラーニングferfe

プール学院大学、4年制学部廃止となります。

プール学院大学が短期大学部を除く4年制学部を廃止する方針であるとのこと。2学部に約550人が在籍しているが、国際文化学部は来年春に募集停止し、今年度の入学生が卒業する2019年春に廃止。教育学部は17年春に桃山学院大学に統合する。少子化による大学の経営環境の変化が背景にあるらしい。しかし、この手の大学はこれから本当に大変である。

少子化などの影響で昨年春、全国578の私立大のうち46%が定員割れに。約120万人で下げ止まっていた18歳人口が減少に転じる「2018年問題」が3年後に迫り、聖トマス大(兵庫県)や東京女学館大など、閉校や募集停止に追い込まれる私立大も増えている。
今後も大学には逆風が吹き荒れるだろう!

http://www.asahi.com/articles/ASH865GQNH86PTIL01Q.html

ベネッセ/「子どもプログラミングデー」をエリアベネッセ青山で開催

elearning_92500

ベネッセ/「子どもプログラミングデー」をエリアベネッセ青山で開催
これは中々面白そうな企画である。

以下、詳細

ScratchJr(スクラッチジュニア)で動く絵本をつくろう!by Udemy(参加無料) 開催日時:8月30日(日)10:30 – 12:00 □Scratch(スクラッチ)で自分らしいゲームづくりを楽しもう!by Udemy(参加無料) 開催日時:8月30日(日)14:00 – 15:30 □IoTの最初の一歩!:ラズベリーパイで初めて学ぶ、プログラミングと電子回路の作り方 by Udemy(参加無料) 開催日時:8月30日(日)16:30 – 18:00

開催場所:エリアベネッセ青山 [東京都渋谷区神宮前 5-52-2 青山オーバルビル1F]

インドが2022年までに4億人の若者に職業訓練を施す新政策「スキル・インディア」を打ち出した。

elearning_tgfae22

インドが2022年までに4億人の若者に職業訓練を施す新政策「スキル・インディア」を打ち出した。特に、eラーニングに関係するニュースではないが、インドの教育政策はスケールが大きい!

経済成長とともに雇用創出の拡大が見込まれる一方で、労働需要に見合った労働力の供給不足が懸念されている。政府は、22年までに不動産、運輸、小売りなどの分野で技能・技術を持ち合わせた人材が合計1億1000万人不足すると予測する。

新政策では、訓練機会の充実を図るとともに、向こう5年間で340万人の若者に対し、1人当たり5000~1万ルピー(約9750~1万9500円)の訓練費用を補助するほか、一定基準の訓練修了者に報酬を与えるなど金銭的な支援も盛り込んだ。このニュースを聞く限り、eラーニングの出番が大いにありそうだ!

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000019-fsi-bus_all

オランダで10校ほど開校してる「スティーブジョブズスクール」はその後どうしたのだろうか?

elearning_tgfae23

2013年からオランダで10校ほど開校してる「スティーブジョブズスクール」はその後どうしたのだろうか?、最新のICT技術を取り入れて、21世紀型の教育モデルを追求しようという実験的な小学校のふれこみだったが。。。

基本的には、ほぼすべての学習が、iPadを活用したワークショップと 自学自習で行われていますそうです。1日の授業のうち3分の1程度が自習だそう。教材は「sCool Project」というアムステルダム大学が、 スティーブ・ジョブズ・スクールのために開発したプログラムを使用しているとのこと。

4歳から12歳の子どもが学ばなければならない内容を網羅しているとのことです。

その後、どのような成果が上がったのか聞いてみたいと思います。
モバイルを利用したeラーニングモデルの学校は、世界標準となるかどうか

http://stevejobsschool.nl/

「学習分析学会」の設立発表会のご案内

elearning_ffds1

「学習分析学会」の設立発表会のご案内
2006年2月に「産業人の人材育成を科学的(社会科学の知見を用いて進める)に進める」
「人材育成に携わる方々の専門性を高める」を旗印に設立した人材育成マネジメント研究会
(HRDM)は、設立10年を迎えました。これまで継続してこられたのは、単に皆様のご支援に
よるものです。この場をお借りし、御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
さて、人材育成マネジメント研究会は、産学協同の場としての機能をより高め、活動の科
学性をより高めるために、上智大学理工学部 田村恭久教授を理事長に迎え、本年10月より
「学習分析学会(JASLA:Japanese Society for Learning Analytics)」と名称も刷新し、
新たなステージへと踏み出します。設立発表会をProFuture株式会社のご支援をいただき、
以下の通り開催いたします。
お忙しいとは存じますが、是非、設立発表パーティーにお越しいただけますよう、お願い
いたします。また、当日は小会元理事長の永谷研一の出版記念会も同時に開催いたします。

■「学習分析学会」設立発表会 & 出版記念パーティー開催概要
◎主 催:ProFuture株式会社
◎内 容:「学習分析学会」設立発表会
『絶対に行動定着させる技術』出版記念パーティー
◎日 時:2015年9月1日(火)19:00~20:45(受付開始 18:30)
◎会 場:TKPガーデンシティ竹橋 大ホール
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル2F
http://tkptakebashi.net/access/
◎最寄駅:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口 徒歩1分
各線「神保町駅」A1出口 徒歩5分
各線「九段下駅」6出口 徒歩7分
◎対 象:企業の人材育成担当者、研修サービス提供会社
◎参加費:1名 5,000円(税込)
※当日、受付にて申し受けます。領収書をご用意しております。

★「学習分析学会」設立発表会 & 出版記念パーティーへの参加申し込み
下記の申し込みフォームよりお申し込みください。
※複数でご参加の場合には、お手数ですがお一人ずつお申し込みください。
申込URL⇒ https://www.hrpro.co.jp/bc.php?id=4318

2.活動のご案内
<トピックわ談会>
■タイトル:経営倫理(企業倫理)の組織内への定着・浸透を考える
■開催日時:8月29日(土)14:00-17:00
■実施会場:明治大学 駿河台キャンパス 紫紺館 S4会議室
■話題提供者:経営倫理士 杉原 成幸氏(ライター)
■概  要:現在、国内外を問わず企業・組織の不祥事が数多く起きています。これらを
未然に防ぐには、経営倫理(企業倫理)を組織に定着・浸透させる必要があ
ると指摘されます。
今回は「経営倫理とは何か」を理解するとともに、それを組織内に定着・浸
透させるにはどうすればよいのかをみなさんと一緒に考えたいと思います。
■詳細案内&申込:http://hrdm.jp/2015/04/712

教育のIT化に向けた環境整備4か年計画「単年度 1,678 億円(平成26~29年度 4 年間総額 6,712 億円)」

elearning02147

教育のIT化に向けた環境整備4か年計画では「単年度 1,678 億円」
(平成26~29年度 4 年間総額 6,712 億円)」
これは凄い! 大きな金額が動きますね!

以下、文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課のソースを引用!ご参考

21 世紀にふさわしい学校教育を実現できる環境の整備を図るため、第2期教育振興基本計画(平成25年6月14日閣議決定)で目標とされている水準の達成に必要な所要額を計上した「教育のIT化に向けた
環境整備 4 か年計画(平成26~29年度)」に基づき、平成29年度まで単年度1,678億円(4年間総額6,712 億円)の地方財政措置が講じられることとされています。

(1)教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数 3.6人
①コンピュータ教室40台
②各普通教室1台、特別教室6台
③設置場所を限定しない可動式コンピュータ 40台
電子黒板・実物投影機の整備(1学級当たり1台)
(2)超高速インターネット接続率及び無線LAN整備率 100%
(3)校務用コンピュータ 教員1人1台
教育のIT 化に向けた環境整備
(4)教育用コンピュータ
(不足台数約146万台の新規導入及び既存分約191万台に係るリース費用)
(5)電子黒板(不足台数約40万台の整備及び既存分約1 万台の更新に係る費用)
(6)実物投影機(不足台数約33万台の整備及び既存分約1 万台の更新に係る費用)
(7)無線LAN 整備( 未整備約38万教室に係る費用)
(8)インターネット接続費用
(9)教員の校務用コンピュータ(約95万台のリース費用)  等
学習用ソフトウェア
(10)教育用コンピュータに搭載する学習用ソフトウェアの整備 等(教育用コンピュータ新規導入・更新に伴うもの)
ICT 支援員

ICT要員の教育には、eラーニングが良いと思いますが。
ICT支援員の配置 等(情報処理技術者委嘱を含む)

IE8・IE9に脆弱性 – 修正プログラムは未提供!eラーニングにIE8・IE9は絶対に使わないでください!学習履歴等、重要情報を盗られる恐れがあります。

elearning_silver_shuryo6

IE8・IE9に脆弱性 – 修正プログラムは未提供!eラーニングにIE8・IE9は絶対に使わないでください!学習履歴等、情報を盗られる恐れがあります。特にIE6・IE7・IE8・IE9にあるXML絡みの情報漏洩の脆弱性は修正予定なしだそうです。修正される予定がないとのことで、脆弱性情報とその対策を提供しているJVNでは、該当するユーザに対してIE10以降へのアップグレードを推奨しています。

Internet ExplorerはXMLファイルの取り扱いに問題があるため、細工されたXMLファイルをローカルファイルとして開いたときに、別のローカルファイルの内容が漏洩する可能性があるとのこと。

これは、ユーザが「XMLファイルをローカルファイルとして開く」という操作をしない限りは攻撃が成立しないため、ユーザ関与の評価値は「中」となっていますが、インターネット経由での攻撃が可能で、また攻撃時に認証が必要なく、専門知識がなくても攻撃ができることから、危険性はかなり高いとのことです。

繰り返し申します。eラーニング研修を行うならIEなら10以降です。それが無理なようでしたら、FireFOXやChromeを利用すれば何の問題もありません。問題が起こってからだと遅いです。くれぐれもご注意ください!

学研 eラーニングサイトへの不正アクセスで情報流出 2万2000人分!

IE02

学習教材大手・学研ホールディングスは、高校生向けのe-ラーニングサービスのサイトなどに不正アクセスがあり、2万2000人以上の個人情報が流出したおそれがあると、15日までに発表した。学研HDによると、情報流出の可能性があるのは、学研グループが運営している高校生を対象にした「マイガク」サービスの利用者のうち、2012年4月から今年4月27日までに登録した2万2108人。 このうち受講者の名前や学校、学習塾名などが流出したおそれがあるのは2万2034人、これに加えて学年やクラス、閲覧認証用のIDやパスワードが流出したのは13人、さらに登録したメールアドレスを含むのは38人などとなっている。

 

オンライン学習での「学習データ」と、人材関係の企業の持つ「就労データ」、さらには「遺伝子データ」を組み合わせる。このビッグデータを分析することによって「個人が何の職業に向いているか」ということがわかるようになる???

aha21

オンライン学習での「学習データ」と、人材関係の企業の持つ「就労データ」、さらには「遺伝子データ」を組み合わせる。このビッグデータを分析することによって「個人が何の職業に向いているか」ということがわかるようになる>なるほど!ごもっともです!

人類がずっと抱えている課題で解決したいことがあります。それは、“全員自分が一番何に向いているのかわからないまま死んでいく”ということです。その人がどんなことを学んできたかという学習データと、どういう仕事をしてきたかという就労データ、そして先天的な遺伝子データが組み合わされ、多くの統計が集まれば、『あなたは実はこういうことに向いていますよ』ということがレコメンドできる。>これは画期的な理論です。面白いです!
ただし、この3つの中で、オンライン学習での「学習データ」は関係ない気もします。(笑)eラーニングで勉強した結果よりも、適正検査やアンケートの履歴の方が正確なデータが出ると思いますが、いかがでしょう?

しかしまあ、学習履歴ほど、活用が難しいものはないですな(笑)

ソース
http://bizzine.jp/article/detail/899?p=4

WARKはHTML5のテスト・ クイズが簡単に作れるコンテンツ作成ツール「アイテスタロイド」の販売促進キャンペーンを行います

eラーニング イーラーニングdfcs4

株式会社WARKはHTML5のテスト・ クイズが簡単に作れるコンテンツ作成ツール「アイテスタロイド」の販売促進キャンペーンを行います。

Windows10から搭載される新ブラウザー「Edge」から「HTML5」がWeb標準技術になることを考えると、ブラウザベースのeラーニングコンテンツもフラ ッシュからHTML5に移行されるのは容易に想像がつきます。そのような状況下で、HTML5のSCORM対応コンテンツがボタン一押しで自動生成できるツール「アイテスタロイド」はとても便利で、今後 最も期待されている開発ソフトと言えます。(SCORM1,2、2004両準拠)

(特徴1)HTML5なのにアプリのような動き
アイテスタロイドで作成したコンテンツは「ブラウザベースを感じさせない
アプリのような動き」に拘りました!

(特徴2)CSVから数千問のコンテンツを取り込むことが出来ます。
エディターでコンテンツを制作する以外に、CSVによる教材の取り込みも
可能です!制作の手間を大きく削減することが出来ます。

(特徴3)外国語や数式にも対応
アイテスタロイドは、外国語のコンテンツや数式にも対応しているので
グローバル企業や学校での利活用もOKです。

【アイテスタロイド詳細】
http://wark.jp/mobile/i-test.html

=============================

◆HTML5のテスト・クイズが簡単に作れる
「アイテスタロイド」販促キャンペーン

=============================

※キャンペーン期間
2015年8月6日のセミナー終了後の8月7日~8月31日まで

※キャンペーン内容
期間内に、アイテスタロイド・ビジネス版をご購入の方に
教育業界で最も売れている著作権フリーサウンド素材集
「サウンド忍者」をプレゼントします。

※アイテスタロイド・ビジネス版・価格
オープンプライス

◆お問い合わせはこちら
elge@wark.jp  もしくは下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form/

【アイテスタロイド詳細】
http://wark.jp/mobile/i-test.html

【WARK公式サイト】
http://wark.jp/

この機会をお見逃し無く

=============================

マイクロソフトが新ブラウザでSilverlightの非サポートを発表、HTML5への移行を勧告しました。

silver_shuryo2

マイクロソフトが新ブラウザでSilverlightの非サポートを発表、HTML5への移行を勧告。

SilverlightといえばMicrosoftの開発したブラウザー用プラグインで、IE上での動画再生などに強みを持つ。そんなSilverlightに関して、当のMicrosoftから利用を中止し、HTML5への移行を発表した。これで、Silverlightは消滅へ。

ちなみに、Windows 10から搭載される新ブラウザー「Edge」はSilverlightやActiveXをサポートしないとのこと、HTML5ベースの技術で代替できるとして、そちらを利用するよう呼び掛けている。単体でのSilverlightアプリも、HTML5の普及に伴って衰退しつつあるAdobeのFlashと同様、こちらも徐々に終息に向かう可能性が高そうとのこと。

やはり、弊社の場合も当初からSilverlightを無視して大正解である。それにしても、まさかMSがSilverlightを簡単に無くしてしまうとは。。。これからは、HTML5が主流に!eラーニングコンテンツ制作ツール、アイテスタロイド、アイコンテンツロイドの活躍の時が、ついにやってきた!

IEさん、さようなら!windows10からHTML5の新ブラウザ「EDGE」が導入される

eラーニング イーラーニングnnjk1¥11

IEさん、さようなら!windows10からHTML5の新ブラウザ「EDGE」が導入される。
ついに、IEが終わった!我々IT関係者を長年苦しめてきたieがデスクトップ上から消え去るのである。本当に喜ばしいことである。みんなが使っていて馴染み深いとうだけの理由で、多くの企業が採用しているIE。そのセキュリティーの脆弱性すらも跳ね返してきた。その結果、ie6とかie7などの酷いブラウザ対応を迫られるという悲しい日々が続いたが、ついに本丸のマイクロソフトが動きだした。新ブラウザは「EDGE」が導入!HTML5の時代がついにやってきたのだ!もうこれで、胸を張って、「うちはie6を採用しているから」などという企業のIT担当者様さようなら!eラーニングもHTML5の時代に突入です!

【ついにNTTが見限った】「N-Academy」は、NTTナレッジ・スクウェア株式会社より株式会社N-Academyへ事業譲渡され、2015年8月1日より運営会社が変更されることとなりました。N-Academy」をご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。

elearning_55361_s

【ついにNTTが見限った】「N-Academy」は、NTTナレッジ・スクウェア株式会社より株式会社N-Academyへ事業譲渡され、2015年8月1日より運営会社が変更されることとなりました。N-Academy」をご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。 このたび「N-Academy」は、NTTナレッジ・スクウェア㈱より㈱N-Academyへ事業譲渡され、2015年8月1日より運営会社が変更されました。

こういうeラーニングの事業展開がひとつ無くなって行く事は非常に残念である。当初、鳴り物入りで始めた このサービス、一体何が悪かったのか?何が原因だったのか?徹底的に追求して欲しい。ちなみに、NTTは私たち皆々の電話代(通信料)で運営されている公的な機関に最も近い企業!失敗の原因を明らかにすべき責任もある。

http://n-academy.jp/

教育用ICT機器の国内市場は2020年には1,160億円になると見込まれるとのこと!このままICT機器がどんどん導入されれば学校数と掛け算になる

elearning_12IMG_4889

教育用ICT機器の国内市場は2020年には1,160億円になると見込まれるとのこと!このままICT機器がどんどん導入されれば学校数と掛け算になる!

以下

シード・プランニング(市場調査・コンサルティング会社)によると、教育ICTの最新動向と市場展望に関する調査を実施した。

政府は2020年までに「一人一台のタブレット端末」を実現することを目標に掲げています。それに向かって現在は教育現場で実証実験が行われています。最大の課題となっているのは「一人一台のタブレット端末」で利用するデジタル教科書の問題です。現在のデジタル教科書は紙の教科書をデジタル化したものにすぎず、教科書ではなく教材に位置付けられています。これが紙の教科書に取って代わるためには、法律の改正も含めて様々な関門が控えています。

大阪市教育委員会は、2015年度に430の小中学校にタブレット端末を配布することを決めました。同様の動きは各地方自治体に広がっており、文部科学省は来年度予算の概算要求にそれらの自治体を援助するための補助金を盛り込んでいます。デジタル教科書の完成を待たず「一人一台のタブレット端末」環境を先行して実現するという動きが活発化しています。

こう考えると、 2020年の1,160億円はありえる数字だと思う。特に特筆すべき事項ではない。
今後もアジア各地で、どんどんICT機器が生産されるに違いない。特筆するとしたら、中国、韓国を含めた熾烈な価格競争も同様に展開される見込みである。

【調査報告】eラーニングが幼児・子供向けサービスが市場を牽引!e-learningが大きく伸長

elearning_ffds10

eラーニングが幼児・子供向けサービスが市場を牽引!e-learningが大きく伸長
矢野経済研究所

2014年度のe-learning市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比115.4%の75億円と大幅に拡大した。なかでも、Skypeなどを活用した英会話サービスを提供している主要事業者が、大きく売上を伸ばした。この背景には参入事業者の株式上場やTVCM等の広告活動により、同サービスの社会的認知の拡がりがあるものと考える。

2014年度のeラーニング市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比115.4%の75億円と大幅に拡大した。なかでも、Skypeなどを活用した英会話サービスを提供している主要事業者が、大きく売上を伸ばした。この背景には参入事業者の株式上場やTVCM等の広告活動により、同サービスの社会的認知の拡がりがあるものと考える。矢野経済研究所は7月29日、「語学ビジネス市場に関する調査結果2015」を発表した。2014年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、前年度比100.5%の8,131億円。このうち、eラーニングと幼児向け英会話教材市場が好調だった。

本調査における語学ビジネス市場とは①成人向け外国語教室市場、②幼児・子供向け外国語教室市場、③プリスクール市場、④幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場、⑤書籍教材市場、⑥語学独習用機器・ソフト、⑦電子辞書市場、⑧幼児向け英会話教材市場、⑨通信教育市場、⑩e-learning市場、⑪ソフトウェア市場、⑫語学試験市場、⑬留学斡旋市場、⑭通訳・翻訳ビジネス市場の主な14分野を対象とする。
なお、⑫語学試験市場、⑬留学斡旋市場、⑭通訳・翻訳ビジネス市場については語学関連サービスとして、周辺ビジネスと定義している。

2014年度のe-learning市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比115.4%の75億円と大幅に拡大した。なかでも、Skypeなどを活用した英会話サービスを提供している主要事業者が、大きく売上を伸ばした。この背景には参入事業者の株式上場やTVCM等の広告活動により、同サービスの社会的認知の拡がりがあるものと考える。

ソース
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001415

モバイル版のテスト・クイズ制作ツール「アイテスタロイド」が売れてます!

elearning=q (66)

—————————————————————————
モバイル版のテスト・クイズ制作ツール「アイテスタロイド」が売れてます!
—————————————————————————

モバイル版のテスト・クイズ制作ツール「アイテスタロイド」が売れてます!
先日、東京国際フォーラムで開催されたラーニングテクノロジー2015
出展して以降、多くの企業(学校)様に試用版を配布させて頂きました。
その後の受注も数多く頂いております。

『アイテスタロイド』 http://wark.jp/mobile/i-test.html

◆アイテスタロイドとは?
アイテスタロイド(iTestaroid)とは、誰でもカンタンにモバイル版の
テストやクイズが作れるツール(インストール型のソフトウェア)です。
専用のエディターに文字、絵、音声、映像などを入力(登録)し 各設定後、
ボタンひとつでHTML5/ファイルを自動生成することが出来ます。

そのファイル をWEBにUP すればテスト型コンテンツとして閲覧することが
でき、学習管理システム(LMS)にUPすれば、SCORMコンテンツとして認識され、
履歴を取得することができます。

HTML5ベースですが 、アプリのような滑らかな動きを実現!インターフェース
のデザイン性も抜群で、カラフルで親しみやすいeラーニングコンテンツ
(モバイル版)を制作することが できます。

◆アイテスタロイドで作れるコンテンツ

単一選択、複数選択、マッチング、〇×問題、並び替え、
振り分け、穴埋め選択、穴埋め入力、ポイントクリック、フリーページの10種類

◆現在30日間 無料で体験できる試用版を配布中!

お気軽にお問合せください!
info@wark.jp
フォームからでもOKです!
http://wark.jp/form/

8月6日(木)eラーニングコンテンツ制作の最新技法とグローバル対応の最新プラットフォームを紹介するセミナーを開催します。

elearning_44444

—————————————————————————————————-—————
8月6日(木)eラーニングコンテンツ制作の最新技法と グローバル対応の最新プラットフォームを紹介するセミナーを開催します。 『第2回  HR+ラーニングTECHカレッジ』
—————————————————————————————————-—————

株式会社WARKは株式会社サムライズと共催で2015年8月6日(木)15時から セミナーを開催します。 当日は「eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ制作技法」 と題して教育の効率化、グローバル化、内製化という3つのキーワード に焦点を当てWARK取締役の横江功司がお話します。
【詳細&お申込みはコチラ】http://wark.jp/csod/2nd/
また  そのプラットフォームとして、世界で躍進する日系企業のグロー バル展開に欠かせないタレントマネージメントシステムの活用事例を 株式会社コーナーストーンオンデマンドジャパン・中尾貴之氏に解説 して頂きます。
コーナーストーンのシステムは特にラーニング機能が充実しており、 eラーニングシステムとしても充分な機能を持っています。
さらに、バックオフィスを支える秀逸なウェブセミナーツールを世界 的にも有名な「アドビシステム」の1次代理店でもある株式会社サムラ イズがご紹介します。
セミナー名は「第2回 HR+ラーニングTECHカレッジ」
当日は講義形式で事例中心のセミナーを行い、その後 個別に参加者様 からの質問を受けるために懇親会も予定しております。
対象は企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者様他。 場所はJR大崎駅直結の株式会社サムライズ・セミナールームで開催します。
================================
■セミナー名:「第2回 HR+ラーニングTECHカレッジ」 14:30開場
◆第1部  15:00~15:40 【事例でわかる】人財力&最新マネージメントシステムで  グローバルビジネスを成功に導く!  株式会社コーナーストーンオンデマンドジャパン・中尾貴之
◆第2部 15:40~16:20 【事例でわかる】eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ 制作技法」株式会社WARK  取締役eラーニング推進室長・横江功司
◆第3部  16:20~17:00 いつでもどこでも誰にでもパワーポイントコンテンツを配信できる。 アドビシステムズ社のウェブセミナーツールのご紹介。  株式会社サムライズ・アドビソフトウェア事業部・小出祐一
懇親会 17:00~18:00
================================
【日時】2015年8月6日(木) セミナー15:00~17:00(14:30開場) 懇親会17:00~18:00
【対象】企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者他
【参加費】無料
【場所】株式会社サムライズ・セミナールーム
東京都品川区大崎1-6-4  新大崎勧業ビル10F 03-5436-2040
【交通】JR大崎駅直結
【定員】30名
【主催】株式会社WARK、株式会社サムライズ
※同業者のお申込みはお断りします。 また事前に申込み申請が無い方は懇親会への参加をお断りします。

これは遺憾(イカン)です!学研 eラーニングサイトへの不正アクセスで情報流出 2万2000人分

Xp01

これは遺憾(イカン)です!ハザードラボによると学研 eラーニングサイトへの不正アクセスで情報流出 2万2000人分だそう。 以下

学習教材大手・学研ホールディングスは、高校生向けのe-ラーニングサービスのサイトなどに不正アクセスがあり、2万2000人以上の個人情報が流出したおそれがあると、15日までに発表したとのこと。 e-ラーニングで起きた事件で悲しいの一言である。

学研HDによると、情報流出の可能性があるのは、学研グループが運営している高校生を対象にした「マイガク」サービスの利用者のうち、2012年4月から今年4月27日までに登録した2万2108人だそう! これは多い!2次、3次の被害を防ぐために早くサービスを打ち切った方がいい。

このうち受講者の名前や学校、学習塾名などが流出したおそれがあるのは2万2034人、これに加えて学年やクラス、閲覧認証用のIDやパスワードが流出したのは13人、さらに登録したメールアドレスを含むのは38人などとなっている。>大きな痛手ですね

流出した可能性が高い情報のなかには個人の住所や電話番号、成績などの情報はなく、2万2070人についてはメールアドレスの情報は含まれていなかったという。
これは悪徳業者に情報が売られたら、しつこい営業の電話が毎日かかってくるかも
いずれにせよ、このサービスを我が家が利用して無くてよ

このほか、同グループが運営している「ママノート」「保育CAN」「保育CANカタログ」の3サイトで、記事や商品情報、画像の流出があったとしている。

学研HDでは今月8日に外部の第三者調査機関から「サイトから情報流出している可能性がある」との指摘を受け、調査を開始したところ、不正アクセスの痕跡を見つけ、10日にサービスの停止を行った。

同グループでは今後、原因究明と再発防止策の強化を進め、情報が流出した可能性のある学校や学習塾へ連絡を取るとしている。

ソース
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10436.html

「第2回 HR+ラーニングTECHカレッジ」8/6(木)開催決定!

semina06

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は2015年8月6日(木) の15:00pmより株式会社コーナーストーンオンデマンドジャパン中尾貴之氏と 株式会社サムライズ・アドビソフトウェア事業部の小出祐一氏を招いて、 日系企業のグローバル人材戦略やビジネス成功のための最新IT手法をご紹介 するセミナーを行います。セミナー名は「第2回 HR+ラーニングTECHカレッジ」

内容は、世界の一流企業が利用するグローバル対応のタレントマネジメント システム「コーナーストーンオンデマンド」最新事例紹介。次に15年以上に 渡り数多くのeラーニングコンテンツをプロデュースし続けてきた株式会社 WARK取締役の横江功司が教える「eラーニングを成功に導くための最新コンテ ンツ制作技法」最後に世界で最も有名なコンテンツ制作ツール開発会社 「アドビシステム」の秀逸なウェブセミナーツールを紹介します。

当日はセミナー形式で各社40分の活用事例中心のセミナーでその後、個別に 参加者の質問を受けるための懇親会も予定しております。 対象は企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者様他。場所はJR大崎駅 直結の株式会社サムライズ・セミナールームで開催します。

===================================

■セミナー名:「第2回 HR+ラーニングTECHカレッジ」 【詳細&お申込みはコチラ】http://wark.jp/csod/2nd/ 14:30開場

◆第1部 15:00~15:40 【事例でわかる】人財力?最新マネージメントシステムでグローバルビジネス を成功に導く! 株式会社コーナーストーンオンデマンドジャパン・中尾貴之氏

◆第2部 15:40~16:20 【事例でわかる】eラーニングを成功に導くための最新コンテンツ制作技法」 株式会社WARK 取締役eラーニング推進室長・横江功司氏

◆第3部 16:20~17:00 いつでもどこでも誰にでもパワーポイントコンテンツを配信できる。 アドビシステムズ社のウェブセミナーツールのご紹介。 株式会社サムライズ・アドビソフトウェア事業部・小出祐一氏

懇親会 17:00~18:00

===================================

【日時】2015年8月6日(木) セミナー15:00pm~17:00pm 懇親会17:00pm~18:00pm 【対象】企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者他 【参加費】無料 【場所】株式会社サムライズ・セミナールーム 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F 03-5436-2040 【交通】JR大崎駅直結 【定員】30名 【主催】株式会社WARK、株式会社サムライズ 【詳細】http://wark.jp/csod/2nd/

※同業者のお申込みはお断りします。また事前に申込み申請が無い方は 懇親会への参加をお断りします。

===================================

株式会社WARKとは、開業18年の老舗eラーニング企業。第七回 日本e-Learning 大賞総務大臣賞受賞。最先端のeラーニングやモバイルラーニングのコンサ ルティングから制作、運用まで幅広い分野で活躍。 また、数々の企業、学校で教育ITによる業務改善などを行ってきた。 現在、日本e-Learningコンソシアム、モバイルラーニングコンソシアム、 代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの理事、モバイルラーニング コンソシアムの副代表理事をつとめる。

==================================

【WARKホームページ】 http://wark.jp/

【eラーニング | モバイルラーニング最前線!】 http://wark.chu.jp/new/blog/

8月6日にWARK主催のセミナーを行います!明日告知を開始します!よろしくお願いします。

shingeki_WARK_elearning

8月6日にWARK主催のセミナーを行います!明日告知を開始します!よろしくお願いします。
弊社含め3社共催で行います。株式会社WARKはラーニングテクノロジー2015で人気の「eラーニングを成功させるための最新技法」をお届けします!明日、正式に告知します。どうぞよろしくお願いします。

人型ロボット「ペッパー」を活用したプロジェクト型学習「G-pper Project」の成果発表>明治大学

elearning_tgfae30

人型ロボット「ペッパー」を活用したプロジェクト型学習「G-pper Project」の成果発表>明治大学・中野キャンパスで実施

明治大学・国際日本学部では、来日する外国人に日本の魅力を伝えることを目的に、全14回の講義を通して「ペッパー」を活用した映像コンテンツの制作したそう。人間のように「ペッパー」を動かし、話させるためには細かなプログラムの設定が必要となり、学生たちが何度も動作確認を行いながら、5つのテーマ(テクノロジー、ファッション、食、スポーツ、音楽)に分かれて「ペッパー」を活用した映像を撮影したとのことです。その成果発表会(映画上映)が7/23に行われました。 これは、とても面白い試みだと思います。

明治大学・学内での撮影に加え、クロマキー合成を使って、「ペッパー」と一緒に外に出かけているように撮影・編集を行ったとの報告もあります。教育ICTにタブレットではなく、ロボット登場ですな!面白いです。

アクティブラーニングに向けたICT活用体感のツボ>教育ICTイベント

elearning_act

アクティブラーニングに向けたICT活用体感のツボ>

代々木のオリンピックセンターで面白そうなイベントがあります。

以下ご参考
http://www.nhk.or.jp/school/taikai/index.html

議論や体験学習を通して子どもたちの考える力を育てる「アクティブラーニング」と呼ばれる新たな授業の方法について、みずからその方法を体験するイベントがあります!

【第1回 Asia Human Capital 情報交換会】ご来場された皆様有難うございました!

kameru

【第1回 Asia Human Capital 情報交換会】ご来場された皆様有難うございました!
松田さん、キャメル山本さんには心より御礼申し上げます。https://docs.google.com/forms/d/1L8tfXiMK0R_7fmGxI8-C_pE6gaCPPMtbZ
Z0lCXyQh2c/viewform

iTeachersTV/第13回 小酒井先生の「インダストリー4.0へ向けた学びの姿!面白そう!

kosakai

iTeachers TVは22日、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科の小酒井 正和准教授による「インダストリー4.0へ向けた学びの姿(前編)」を公開した。面白そう!

前編では、なぜいま大学生にIoTなどテクノロジーやエンジニアリングの知識を習得してもらわないといけないかを明らかにする。現在の経済社会はインダストリー4.0(第4次産業革命)とも言われるくらいに変化してきた。そのような変化する経済社会に対応し、大学でも21世紀型スキルの育成、STEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)、アクティブラーニングなど、新しい教育の姿を追求しなければならない。しかし、ICTを苦手にする学生や、テクノロジーに無関心な学生もいる。そういった学生に対するICT教育のあり方について問題提起する。

小酒井氏は、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践している。

以下ソース

http://ict-enews.net/2015/07/22iteacherstv/

ラーニングテクノロジー2015に一緒に出展して頂いた JTranceさん、ポルタルトさん そしてソーシップさんとWARKスタッフで記念撮影!

elearning_lt2015

ラーニングテクノロジー2015に一緒に出展して頂いた JTranceさん、ポルタルトさん そしてソーシップさんとWARKスタッフで記念撮影です!
学校向け、企業向け、タブレット教育、eラーニング等のボーダーライン無く共に教育ITの未来に向け協力関係で行きたいと思います。皆様 3日間お疲れ様でした! 今後ともよろしくお願いします。

経産省がソフトウェア開発などに当たるIT人材不足解消へアジア学生1万人獲得目指す!

eラーニングsds1106

経産省は、ソフトウェア開発などに当たる「IT(情報技術)人材」の不足を解消するため、アジアの大学新卒者などを国内に招き、日本語学校や就職先企業を紹介する取り組みを2016年度から始めるそうである。

まずはインドやベトナムから受け入れ、1万人規模の人材獲得を目指すそう。これからIT技術者はどんどんインド・ベトナムから来るのだろうか

アジアの大学でITを専攻した卒業生らを対象に、日本に留学して日本語を学んでから日本企業に就職してもらう仕組みをつくる。16年度予算の概算要求に関連費用を計上し、16年度から受け入れを始める方針とのこと。なるほど!ということは海外で日本語を教える人員を増やさねばなるまい。

現地学生に日本国内の留学先や就職先を紹介する。日本語学校で勉強している間も、IT企業でアルバイトなどをして生活費や学費を稼げるようにする。

日本のIT企業や日本語学校などでつくる協議会を今夏にも設立。経産省は今秋、インド政府と合同部会を設け、具体策を協議する計画だ。IT人材の育成に熱心なベトナムにも協力を求めるそう。もちろん、この日本語教育の部分はeラーニングを活用すべきである。

以下、ソース

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150718-OYT1T50060.html

静岡産業大と静岡県立大に「静岡茶学部」創設へ

elearning_aha013

静岡産業大情報学部(藤枝市)と県立大(静岡市駿河区)の研究者チームが、県内に茶の総合教育拠点になる「静岡茶学部」を創設する提言案を18日までにまとめた。産学を結ぶ場として茶産業へ国内外の多様な人材を供給し、静岡を名実ともに世界の“茶の都”にすることを目指す。

人材育成、教育拠点に
静岡産業大情報学部O―CHA学研究センターの堀川知広教授、県立大茶学総合研究センターの中村順行特任教授ら研究者6人が2014年度、日本と中国、韓国などの茶の教育事情を比較研究した成果を踏まえてまとめた。

提言案は茶の研究分野を(1)生産・加工(2)歴史・文化(3)医薬・食品(4)建築・造園(5)経営・流通―に体系化している。堀川教授によると、中国は生産・加工など4分野で日本より学部や科目数が充実している。また、日本国内には各分野を学ぶ教育機関はあるが、5分野を総合的に研究する学部はないという。

学部新設には国の認可が必要で、実現に向けたハードルは高い。研究チームはまず単位交換など既存の制度の利用を念頭に関係機関と連携し、体系的な教育環境の整備に取り組む。堀川教授は「茶の生産加工技術と効能の研究では日本が世界の最先端で、静岡はその中心。人材育成を充実することで静岡の茶産業が活性化する」と主張する。

ラーニングテクノロジー2015ご来場有難うございました!昨日を持ちまして閉会しました!参加者は1万7千人!弊社ブースには教育ITエキスポを上回る来場者数でした。

ラテク

ラーニングテクノロジー2015ご来場有難うございました!昨日を持ちまして閉会しました!参加者は1万7千人!弊社ブースには教育ITエキスポを上回る来場者数でした!予想通り素晴らしい展示会となりましした。ご来場頂いた皆様、心より御礼申し上げます。

gazo8

鈴木様>ご来場ありがとうございます!いつもご指導頂き感謝します。

gazo1

3日目のシアターBは増席、立ち見の超満員でした!(eラーニング成功のための最新技法・1部/講師:横江功司)本当に有難うございます!その後、受講者の皆様にブースにお立ち寄りいただきました。

gazo9

熊大OBで立命館大学の野田さんにブースをご訪問頂きました。有難うございます!

gazo2

2日目のシアターAの講演(eラーニング成功のための最新技法・2部/講師:横江功司)も満員でした!有難うございます。

elearning_kona

併設展のヒューマンキャピタル2015の方でも、お話させて頂きました!

gazo4

株式会社WARKの自作オリジナル展示ブースです!今後もオリジナルに拘ってやって行きたいと思います。

gazo7

初日から凄い数のお客様でした!

gazo5

ラーニングテクノロジー2015開会式の様子です。

本日よりラーニングテクノロジー2015/ヒューマンキャピタル2015です!有楽町駅から徒歩1分の東京国際フォーラムに是非お越し下さい!

buusu

本日よりラーニングテクノロジー2015/ヒューマンキャピタル2015です!有楽町駅から徒歩1分の東京国際フォーラムに是非お越し下さい!今年もWARKの展示ブースにてハズレくじ無しの抽選会を行います。必ず何か当たります!ぜひぜひいらっしゃってください!
また、WARKのeラーニング製品・サービスに関するセミナーも随時展開しております。
http://learntech.nikkeibp.co.jp/

セールスフォース・ドットコムの若者就労支援プログラム「BizAcademy」って何?

elearning_ffds7

BizAcademyは、現在、正規雇用として就業していない(無職・非正規雇用)満18歳~34歳の若者に対して、明確なキャリアビジョンを持ち自立することを目的とした12日間の就労支援プログラムだそうです。(運営会社はセールスフォース)先駆的な社会貢献(CSR)の取組みでも知られ、2015年7月15日からプログラム参加者を募集するそうです。

BizAcademyでは、ビジネスマナーやITに関する基礎講座、顧客関係管理プラットフォームSalesforceの管理者向けトレーニング等を提供、申込時点でメールの送受信やインターネットの検索が出来れば問題ないとのこと、興味がある人は、下記リンクからどうぞ
http://children.publishers.fm/article/8501/

小学生の習い事の定番に「プログラミング教育」が段々増えてきた。本当にそれでいいのだろうか?

elearning_011891

進学塾、水泳、ピアノ、などとは別に、小学生の習い事の定番に「プログラミング教育」が段々増えてきた幼い頃からスマートフォンやパソコンに触れる通信環境が広がり、「子供のクリエイティビティを育ててほしい」という親のニーズも年々高まっているようだ。プログラミングの専門塾だけでなく、従来の進学塾も新たなカリキュラムを用意し、子どもの囲い込みを始めているというなるほど、将来的にプログラマーの人材不足を受けてのことだろうか?

試しにインターネットで「プログラミング教室(塾)」と検索すれば、子どもにプログラミングを教える塾のホームページが多くヒットする。教える内容も、C言語などの定番言語だけでなく、簡単なアプリやシステムを開発する段階まで教えるところもあるそう、かなり本格的ですね

子どもたちはどういったきっかけで入塾し、どのレベルまで到達するのか。関東各地で小学生向けのプログラミング教室を開くTENTOは、「スマホやゲームで遊ぶ子どもの様子を見た親御さんが、その情熱をクリエイティブな方向に使って欲しいと願い、(子どもを)入会させるパターンが多いです」と語る。
TENTOの模擬授業は実際に受けたことがあります。とても素晴らしかったです!
今後このような、学校も多々現れ、eラーニングとなって広がっていくことを望みます。

ただし、プロギラミングだけ習っても何の意味も無いこともお忘れなく!
何を作りたいか?発想する力こそ一番必要な要素である。 要は、クリエイティブ

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000002-jct-bus_all

7/15(水)~ついにラーニングテクノロジー2015が開催されます!

keihin1

7/15(水)~ついにラーニングテクノロジー2015が開催されます!もちろんWARKブースでは、豪華景品が当たる抽選会を行います。本日、景品の一部を公開します!(笑)ぜひWARKブースにいらっしゃってください!よろしくお願いします。

【WARK展示ブース】小間番号322

あと、オープンシアターでのWARK横江の講演は以下となります。

『eラーニングを成功させるための最新技法』 最先端のモバイルeラーニング事例、制作手法からWARK秘伝の 内制化テクニックまでフルに公開します。

★第一回講演 7月16日(木)15:10~ラーニングテクノロジー2015会場内オープンシアターA 【お申込】 https://event.nikkeibp.co.jp/reg/contents/hc_t_2015/index.html#O35

★第二回講演 7月17日(金)16:10~ラーニングテクノロジー2015会場内オープンシアターB 【お申込】 https://event.nikkeibp.co.jp/reg/contents/hc_t_2015/index.html#O58

事前登録をして頂ければ無料でご入場頂けます!

★企業の人事、組織戦略のための専門イベント
【ヒューマンキャピタル2015】 http://expo.nikkeibp.co.jp/hc/2015tokyo/
★テクノロジーが拓く教育の未来
【ラーニングテクノロジー2015】 http://learntech.nikkeibp.co.jp

2016年春「ネットの高校」開校 KADOKAWA・DWANGO! 今後の展開が楽しみ

elearning_lenovo

2016年春「ネットの高校」開校 KADOKAWA・DWANGO

KADOKAWA・DWANGOの強みであるITを活用し、時間や場所を問わない動画学習、双方向性をそなえた学習プラットフォームを提供するほか、各業界のプロによる課外授業や地方自治体と連携した職業体験を実施することで、早期に社会で役立つスキルを身につけてもらいたいとしている。 なるほど!

また、早期に社会性を身に着ける活動として、全国の地方自治体と連携してさまざまな職種での職業体験を実施する。職業体験を通じて社会でのリアルなつながりを構築するほか、若手の人材不足とされている地方とのマッチングを図りたいというそう。この企画も面白い!

社会で即戦力となる授業として、IT教育(プログラミング、リテラシー)に加え、著名なライトノベル作家、ゲームクリエイター、デザイナー、経営者をはじめとした、各業界で活躍するプロによる課外授業を、グループ企業で教育事業を手がけるバンタンと共同で展開する。
これは、凄いプロジェクト! 今後の展開が楽しみである。

パワーポイント・eラーニングコンテンツ変換サービスを強化

elearning_8_s

===================================
パワーポイント・eラーニングコンテンツ変換サービスを強化
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)はパワーポイントを
eラーニングコンテンツに変換するサービスを強化します。

『WARKサイト』http://wark.jp/

今までは、Adobe PresenterやiSpring Pro、iSpring QuizMakerを中心に
コンテンツの変換を行ってきましたが、顧客の強い要請により、扱う
ツールを大幅に増やしました。

近年、学習管理システムやタレントマネージメントシステムなどに教育
コンテンツを(SCORM等を介して)アップロードする場合は、変換ツールを
使うことが一般的となりました。その変換ツールに対し、様々な検証を
重ねた結果、以下の変換ツールを選定しサービス化(強化)することになり
ました。
※アニメーションの再現性を主体に調査しました。

(1)Adobe Presenter
(2)iSpring Pro、iSpring QuizMaker
(3)Camtasia Studio
(4)Articulate Rapid E-Learning Studio
(5)Adobe Captivate

制作の流れとしては、顧客から預かったパワーポイントデータをツールで
変換し、内容の確認後、アニメーションやレイアウト等も調整しながら
完成品に近づけていきます。その後、顧客が所有している学習管理
システム、タレントマネージメントシステムに最も相性の合うツール
を探し、動作確認を行いながら、納品物を作成します。
(その間 何度もツールを変更する場合もあります)

創業18年の豊富な経験値・知識を持った株式会社WARKが全作業を請負います
ので、安心してお任せ下さい。
eラーニング WARKサイト』

また、ツールによる変換だけではなく、映像制作(撮影、編集、CG)、
フラッシュコンテンツ、HTML5コンテンツ制作、アプリ開発、理解度テスト、
ロールプレイ診断、アンケート制作、電子ブック制作も可能です。
PC版以外にも、スマートフォンやタブレットにも対応致します。

また、シナリオライティング、設計、開発コンテンツオーサリングおよび
教材の多言語化、外国語ナレーション収録、MAなども全て開発可能です。

================================

◆パワーポイント・eラーニングコンテンツ変換サービスを強化
『費用および製作期間』  お見積もり一式

◆使用予定ツール
(1)Adobe Presenter(アドビプレゼンター)
(2)iSpring Pro、iSpring QuizMaker(アイスプリング)
(3)Camtasia Studio (カムタジアスタジオ)
(4)Articulate Rapid E-Learning Studio(アーティキュレート)
(5)Adobe Captivate (アドビキャプティベート)など

導入イメージ

(1)パワポスライドは内製化するので変換作業だけ代行して欲しい
(2)変換以外にスライドのブラッシュアップもやって欲しい
(3)ツールで変換したコンテンツのLMS上での動作確認を行って欲しい
(4)変換のやり方を知りたい(コンテンツ内製化支援セミナーで対応)
(5)eラーニングコンテンツ制作全般を相談したい! elge@wark.jp

※偏に「変換作業」と言っても すぐに出来るものではありません。
変換→コンテンツ確認→修正作業→変換→システムでの動作確認→修正作業
このような工程を場合によっては、何度も繰り返します。

==================================

アダプティブラーニングの提供が可能に! ソフトバンクグループとベネッセの合弁会社がKnewton社と日本初のパートナーシップに合意

elearning_tgfae21

~生徒一人ひとりに対して、個別最適化された学習問題の提供が可能に~ ソフトバンクグループとベネッセの合弁会社Classiがアダプティブラーニングシステムを運営する米Knewton社と日本初のパートナーシップに合意とのことです。これは凄い!
どんなものか見てみたいです!

https://classi.jp/info/press4.html

Classiは教師向けの学習支援プラットフォームサービスとして、生徒の成績・出欠管理、家庭学習時間管理、宿題配信機能などを提供し、2015年4月より有料にてすでに全国120校以上の高校・中学で採用されています。 進んでるなあ!これからは、eラーニングシステムではなく、アダプティブラーニングシステムなのか

コンテンツ内製化支援コンサルティングサービス提供開始

elearning_win8

===================================
コンテンツ内製化支援コンサルティングサービス提供開始
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)は企業内または学校内
で自力でコンテンツ(デジタル教材)を制作して行きたい方のために、コン
テンツ内製化支援コンサルティングサービスを開始しました。

これまで行って来たコンテンツ内製化支援セミナーはユーザー様に大変好評
でしたが、その学習を継続させ、一定の成果に結びつける施策では
ありませんでした。それ故、1回のセミナーに限らずさらなる制作技術の
向上と実際の成果に結びつけるところまでをサポートする新サービス
「コンテンツ内製化支援コンサルティングサービス」を開始しました。

※従来のコンテンツ内製化セミナーも そのまま継続します。

【コンテンツ内製化支援セミナー及びコンサルサービス詳細】
http://wark.jp/elearning/naisei.html

【WARK/eラーニング】
http://wark.jp/

===================================

◆コンテンツ内製化支援コンサルティングサービスとは

コンテンツの内製化をセミナーだけでなく、ワークショップ、技術支援
サポート、効果検証法など多方面から継続的に支援(指導)し、企業内・
学校内に対し制作技術の向上および内製化施策を根付かせることを目標に
したサービスです。

まずは その第一歩として、企業内(学校内)にコンテンツ内製化リーダー
を育成し、徐々に優秀な内製化技術者(作業者)も育成していきます。

また、将来的にはコンテンツ内製化の本格運用の実現を目指すものとし、
制作の効率化、教育のスピードアップなどで競争力で他社に負けない強靭な
教育体系の確立することを目指すものとします。

【サービス概念図】
http://wark.chu.jp/new/blog3/?page_id=453

◆コンテンツ内製化施策例
(1)ヒアリング、打ち合わせ
(2)カリキュラムの設計
(3)eラーニングコンテンツ内製化支援セミナー
(4)コンテンツ内製化支援ワークショップ
(5)通常テクニカルサポートサービス
(メールにて対応、平日10:00am~17:00pm)

◆支援対象:企画設計、インストラクショナルデザイン、シナリオ、
絵コンテ作成、デザインレイアウト、ブラッシュアップ法、映像の撮影、
編集、テスト問題の作り方、ディレクション、ツールによる変換法、
学習管理システムの有効活用法、効果検証。

あ~ついに日本でもIEが過半数割れに、世界はすでにChromeが寡占!eラーニングもIE離れ始まるか?

IE&XP

あ~ついに日本でもIEが過半数割れに、世界はすでにChromeが寡占!eラーニングもIE離れ始まるか?

以下記事

世界のデスクトップPCにおけるブラウザーシェアを見ていこう。それによると、2008年7月は、1995年に登場して以来市場を席巻していたInternetExplorer(IE)のシェアが約68.57%でトップ。続いてFirefoxの26.14%などとなっていた。

ところが、2012年5月にはIEとChromeのシェアは約32%程度同士で拮抗する。一貫してIEは右肩下がりなのに対して、2008年にβ版が登場したChromeは一貫して右肩上がりであり、Firefoxは緩やかに下降している。

その結果、2015年5月のシェアは、Chromeが52.32%、IEが19.9%、Firefoxは17.87%、Safariは6.31%、Operaは1.73%となっている。前回から順位こそ変わっていないが、とうとうChromeがシェアの半数を超えた一方で、IEとの差は拡大。IEはFirefoxを下回る可能性も出てきたのだ。

http://ascii.jp/elem/000/001/020/1020922/?fb_action_ids=910612408982530&fb_action_types=og.likes

もうIEを利用している人は少数派!一昨年くらいまで、うちの会社はie6なんだけど大丈夫?なんて誇らしげに語っていた情報システム担当者も最近は本当に少なくなりました。今では、ie6を使っている自体セキュリティーに対する意識が低いということになり、口外できなくなりました。しかし、たった2年で世の中がこんなに変わるとは恐ろしいです!eラーニングからもieの需要がなくなって行くかもですね

「短時間で学ぶマイナンバー制度」 オンラインで学べる法人企業向けeラーニング!

elearning_039500

「短時間で学ぶマイナンバー制度」 オンラインで学べる法人企業向けeラーニング!
が2015年8月から開講します。

本コースでは、eラーニングという手軽なツールを活用して、全社員が知っておくべきポイントを端的に学べるように短時間での学習内容を提供します。そして、マイナンバーに関して、社員個人と組織の両面から、関わりが想定される以下の“5つのケース”と関連するQ&Aで学びそうです。

ケース1・個人番号の通知を受ける
ケース2・個人番号カードを身分証明書として使う
ケース3・人事総務部へ個人番号を提供する
ケース4・人事総務部の社員(関係事務担当者)が、社員の個人番号を収集する
ケース5・社員が、個人事業主の個人番号を収集する

全社員を対象とし、あらゆる部署や職種に共通するものです。また、多忙なビジネスパーソンが通勤などのスキマ時間にも手軽に学習できるよう、スマホ・タブレット学習にも対応します。

「Quipper」をリクルートが約48億円で買収

elearning81_s

「Quipper」をリクルートが約48億円で買収?

2010年創業のEdTechスタートアップの「Quipper」がリクルートに買収されていたとのこと。
4月1日にQuipperは全株式を47.7億円でリクルートに譲渡し、リクルート傘下でオンラインラーニングプラットフォームを始動させていた。QuipperはこれまでにAtomicoやグロービス・キャピタル・パートナーズなどから総額約1000万ドル(約12億円)の資金を調達していた。
リクルートが教育業界を制覇する日も近いかも。

WARKがラーニングテクノロジー2015のオープンシアターで7/17 16:10 ~講演します!「eラーニングを成功させるための最新技法」

eラーニング イーラーニングdfcs3
ratecu

WARKがラーニングテクノロジー2015のオープンシアターで講演します!

2015/7/17 16:10  ~  16:30
「eラーニングを成功させるための最新技法」
講師:WARK 取締役 eラーニング推進室長 横江 功司氏

内容:最先端のモバイルeラーニング事例、制作手法からWARK秘伝の内制化テクニックまでフルに公開します。

こちらからお申込みできます!ぜひ、いらっしゃってください
https://event.nikkeibp.co.jp/reg/contents/hc_t_2015/index.html

グローバル企業のための行動規範eラーニング教材制作サービス 提供開始

elearning_koudoukihann

======================================
グローバル企業のための行動規範eラーニング教材制作サービス
======================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)はグローバル企業のための行動規範eラーニング教材制作サービスを開始した。
近年、企業のグローバル人材戦略の一環として、行動規範をeラーニングで行う企業が増えてきました。そのためのコンテンツ制作を創業18年の豊富な経験値・知識を持った株式会社WARKが請負います。 http://wark.jp/

コンテンツの成果物としては、映像制作(撮影、編集、CG)、フラッシュコンテンツ、HTML5、コンテンツ制作、アプリ開発、理解度テスト、ロールプレイ診断、アンケート、電子ブックなPC版以外にも、スマートフォンやタブレットにも対応致します。

また、シナリオライティング、設計、開発コンテンツオーサリングおよび教材の多言語化、外国語ナレーション収録、MAなど全て開発可能です。さらに、社内でコンテンツを制作したいという企業様にはeラーニングコンテンツ内製化支援も可能です。

=================================

◆グローバル企業のための行動規範eラーニング教材制作サービス
『費用および製作期間』  お見積もり一式

行動規範eラーニングコンテンツ制作のフロー

(1)お客様からヒアリング/資料の精査
(2)絵コンテの作成
(3)イラスト作成、写真撮影、映像撮影、オブジェクト作成など素材制作
(4)アニメーション・オーサリング、映像編集など
(5)ナレーション収録(スタジオでの作業)
(6)コンテンツに音を付ける/MA作業
(7)納品物への変換社業など

その他、外国語翻訳、外国語ナレーション収録

導入イメージ

(1)これから、海外に拠点を持とうと考えている企業。
(2)すでにある海外拠点を強化しようと考えている企業。
(3)海外の企業のM&Aを考えている企業。
(4)海外拠点に人員を多く配置したいと考えている企業。
(5)外国から社員を多く受け入れようと考えている企業。

DMM英会話で著名なDMM.comがセレゴ・ジャパンの言語学習サービス「iKnow!」を事業譲受!

elearning_ffds10

DMM英会話で著名なDMM.comがセレゴ・ジャパンの言語学習サービス「iKnow!」を事業譲受!

過去に一世を風靡したiKnow!、いわずと知れた英会話に必要な単語をウェブブラウザやスマートフォンアプリなどで学べるクラウド型の英語学習eラーニングサービスである。日本での累計ユーザー数は150万人超だそう。基礎英語のほか、トラベルやビジネス、TOEIC対策などのカテゴリごとに単語を学べるとのこと。また、中国語の学習コンテンツも提供している。

以下資料
http://www.cerego.co.jp/kyuushuubunkatsu.pdf

WARKは日経BP社と日本eラーニングコンソシアム共催のラーニングテクノロジ2015に出展します!

elearning_learnte01

WARKは日経BP社と日本eラーニングコンソシアム共催のラーニングテクノロジ2015に出展します!  http://learntech.nikkeibp.co.jp/

「ラーニングテクノロジー2015」は、 LMS(学習管理システム)やアプリケ
ーション、学習コンテンツ、デバイスなど、教育に関する様々な分野の
展示会やフォーラム、オープンシアターなどを行います。「次世代英語オン
ライン教育」ゾーンや「学校」ゾーンなど、展示テーマをセグメントした
展示コーナーや、今後の教育に密接に関係するAIに注目したロボットなど
も展示されます。

また、「ラーニングテクノロジーフォーラム」では、教育に携わる各界の
第一人者が講演する「基調講演」のほか、教育eポートフォリオやゲーミ
フィケーションなど、最新の教育トレンドをテーマにした講演も行います。

□WARKの展示ツール&サービス□
(1)アイテスタロイド
http://wark.jp/mobile/i-test.html
(2)アイコンテンツロイド
http://wark.jp/mobile/enquete.html
(3)eラーニングコンテンツ内製化支援サービス
http://wark.jp/elearning/naisei.html
(4)パワポでコンテンツ制作サービス
http://wark.jp/elearning/ppt.html
(5)eラーニン制作向け著作権フリー素材集
http://wark.jp/elearning/yell.html
(6)映像&モバイルeラーニング管理システム
http://wark.jp/elearning/share.html

=================================

ラーニングテクノロジー2015

【会期】 2015年7月15日(水)~7月17日(金) 10:00~17:30
(※基調講演は9:40~)
【会場】東京国際フォーラム(東京・有楽町)
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
【交通】JR有楽町駅より徒歩1分/東京駅より徒歩5分
【主催】日経BP社
【共催】日本イーラーニングコンソシアム/モバイルラーニングコンソシアム
【協力】日本経済新聞社、テレビ東京
 
==================================

ご参加希望の方は来場事前登録をお願いします
http://learntech.nikkeibp.co.jp/ 

==================================

 

アイテスタロイドのアンケート機能がさらに充実しました!

elearning_anke

アイテスタロイドのアンケート機能がさらに充実しました!テスト同様に様々なバラエティーに富んだアンケートを制作することができます! ぜひお試し下さい!

【アイテスタロイド】
http://wark.jp/mobile/i-test.html

ベネッセコーポレーションが、アメリカのeラーニング大手Udemyと業務提携し、日本版「Udemy」のサービスを開始

elearning_ffds11

ベネッセコーポレーションが、アメリカのeラーニング大手Udemyと業務提携し、日本版「Udemy」のサービスを開始するそうです!

Udemy社は、アメリカで2010年にサービスを開始したeラーニングのネットベンチャーです。すでに世界190カ国、700万人以上の受講者がいるという。その最大の特徴は、「C to C(Consumer to Consumer)」のビジネスモデルということだそうです。誰でも講師になれ、誰でも受講することができる。従来のeラーニングでは、いわゆる「先生」が講義し、それをネット配信で受講するという「B to C(Business to Consumer)」モデルがほとんどですが、

「Udemy」では、誰でも講師になることができる。YouTubeのように自分で講義の動画を作成し、「Udemy」にアップすればいい。もちろん、内容など厳しい審査はあるが、基本的には誰でも講師になれるのだ。 これは面白い!Udemerが誕生するのだろうか?

ソース
http://dot.asahi.com/apc/2015062400002.html

明日26日(金)発売の「日経情報ストラテジー」8月号に、ラーニングテクノロジー2015のイベントの広告が掲載されるそうです

leartech

快挙!明日26日(金)発売の「日経情報ストラテジー」8月号に、ラーニングテクノロジー2015のイベントの広告が掲載されるそうです。(同時開催「ヒューマンキャピタル2015」)表紙は今年の箱根駅伝の優勝監督である青山学院大学 陸上競技部 原監督です。間もなく読者の皆様のお手元へ。ぜひご注目ください!eラーニングコンシシアム共催

WARKはeラーニングコンテンツの制作手法を教えるセミナーを企業様向けに行っております!

ew2

WARKはeラーニングコンテンツの制作手法を教えるセミナーを企業様向けに行っております!「eラーニングコンテンツ内製化支援サービス」http://wark.jp/elearning/naisei.html
機密性が高く、制作を外に出せない。または、更新作業費を抑えたい企業様には最適 !
私たちがコンテンツの内製化を支援します。WARK自慢の講師陣が御社に伺い直接、指導!ぜひ、ご用命ください!

(1)社内でコンテンツを内製化したい方々のための支援サービスです。
(2)コンテンツやシナリオの作り方を、御社様に出向いて指導します。
(3)e-Learningの業界団体内/内製化研究グループのリーダーであるWARKが主宰。
(4)コンテンツ制作のベテランを選りすぐり、講師を用意しております。
(5)低料金で熱心な指導が、人気を呼んでいます。

http://wark.jp/elearning/naisei.html

今話題のアクティブラーニングとは?「学生自ら学びたくなる学習法」?

elearning_kauchi

アクティブ・ラーニングとは、「思考を活性化する」学習形態を指すそうです。 例えば、実際にやってみて考える、意見を出し合って考える、わかりやすく情報をまとめ直す、応用問題を解く、などいろいろな活動を介してより深くわかるようになることや、 よりうまくできるようになることを目指すものだそうです。 これからは、このアクティブ・ラーニングが授業の主流になりそうですね

詳細はこちら
http://www.juce.jp/LINK/journal/1403/02_01.html

eラーニングコンテンツ制作実績1500件突破!学びのIT化にチャレンジするWARKのサービス、ソリューション、最新技術を披露するセミナーを7月から順次開催します!

IMG_4359

eラーニングコンテンツ制作実績1500件突破!学びのIT化にチャレンジするWARKのサービス、ソリューション、最新技術を披露するセミナーを7月から順次開催します!詳細はWARKホームページにて発表します!ご注目下さい!

第九回 HR LOUNGE TOKYOですが、なんと80名のHR関係者で楽しく交流しました!ご来場、心より御礼申し上げます!

araara

第九回 HR LOUNGE TOKYOですが、なんと80名のHR関係者で楽しく交流しました!ご来場、心より御礼申し上げます!次回、8月末予定しております!ぜひ、いらっしゃってください!次回は第十回を記念して、特別イベントを開催する予定です。

eラーニングプロフェッショナル資格「eラーニングROI分析」コース開講のご案内

elearningbdrh1

1.ROIの現状分析 2.習評価の基礎知識 3.ROI技法の基礎知識 4.ROI技法のメリット・デメリット 5.ROI分析のプロセス 6.ROI分析のケーススタディ

eLP資格取得「eラーニングROI分析」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPマネージャー、eLPコンサルタント 対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。

資格取得の詳細については、eLP資格制度のご案内をご覧ください。

以下詳細
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=885

日本eラーニングコンソシアムの総会記念セミナー「教育の情報化の現状・技術標準化とLearning Analytics」

tamutamu

日本eラーニングコンソシアムの総会記念セミナーに出席してました。講師は上智大学の田村先生です。講演タイトルは「教育の情報化の現状・技術標準化とLearning Analytics」
内容は、初等中等教育における情報化•従来の紙媒体の教科書コンテンツをタブレットやノート PCで表示・操作•電子教科書・教材上で、PCで実現可能な各種機能を 追加。電子教科書の導入動向など。

特に下記は文は興味深かったです。
———————————————————————————————————–
「デジタル教科書」推進に際しての チェックリストの提案と要望
———————————————————————————————————–

手を動かして実験や観察を行う時間の縮減につながらないこと。

虚構の映像を視聴させることのみで科学的事項の学習とすることが無いこと

児童・生徒が紙と筆記用具を使って考えながら作図や計算を進める活動の縮減 につながらないこと。

児童・生徒が自らの手と頭を働かせて授業内容を記録し整理する活動の縮減に つながらないこと。

穴埋め形式や選択肢形式の問題による演習の比率増大につながらないこと。

児童・生徒どうしが直接的に考えや意見を交換しながら進める学習活動の縮減 につながらないこと。

授業の「プレゼンテーショ 化」や、児童・生徒に対するプレゼンテーション偏重・文 章力軽視意識の植え付けが起きないようにすること。

導入に際して、教員の教科指導能力が軽視されることがないように、また教員の 教材研究がより充実するように配慮すること。

導入に際しては、少なくとも当面の間は、現行の紙の教科書を併用し、評価や採 択においては紙の教科書を基準とすること。
———————————————————————————————————–
とても勉強になりました。有難うございます!

これからは、グルーバル人材育成教育が「普通の教育」に!

elearning_tgfae17

これからは、グルーバル人材育成教育が「普通の教育」に!

文部科学省は、世界中の大学の入学資格が得られる「国際バカロレア」の16~19歳向けプログラムについて、高校の学習指導要領と両立して履修できるようにする特例措置を設ける。高校卒業に必要な単位に算入できる同プログラムの単位数を増やすなどして生徒や学校の負担を減らし、公立高校を中心に導入を促すとのこと。これは、グローバル人材育成にとって大きな前進だ!

文科省はグローバル人材育成を目指し、高校・大学生の留学支援を進めている。特例措置は一連の人材育成策の一環と位置づけられ、世界の多様な価値観の中で活躍できる若者を養成するとのこと。 これは、まさに異文化コミュニケーションの養成?

 22日に開かれる中央教育審議会の部会で示し、教育課程を定める学校教育法施行規則を近く改正する。(なるほど)

日本政府は同プログラムの認定校を2018年までに200校に増やす目標を掲げるが、現在の認定校は25校。このうち学校教育法1条が正規の学校と定める高校は12校にとどまり、多くはインターナショナルスクールだ。

特例措置は、高校卒業に必要な単位に算入できるプログラムの単位数を現在の20から36に増やす。高校の必修科目の英語、数学、理科、「総合的な学習の時間」の単位は、そのまま置き換えられるようにもする。(これはGOOD)

高校卒業には、普通科の生徒で90単位程度を取得する必要がある。プログラムを修了するにはこれとは別に数十単位分を取得しなければならず、導入が進まない要因とされてきた。

文部科学省は「特例措置により高卒資格とプログラムの修了資格の両方を無理なく取得できるようになる」としている。 これは、教育界に黒船到来か?ぜひ、eラーニングを活用してほしい。

教育・研修の課題を解決するにはeラーニングの活用が必要不可欠です。>豊富な実績と最新のラーニングテクノロジー

elearning_we4

教育・研修の課題を解決するにはeラーニングの活用が必要不可欠です。eラーニングご担当者の方、コンテンツを社内/学内で簡単に制作する方法を知りたい方は株式会社WARKまで、是非ご連絡ください!必ずや解決の糸口をお伝えします!

また弊社は、豊富な実績と最新のラーニングテクノロジーで、各学校様、企業様に対し適切なソリューションの提供とコンサルティングを行います。

詳細は
eラーニングのWARK

トラブル287件 「恵安製」タブレット導入した佐賀・武雄市、端末トラブル相次ぎ授業崩壊寸前

elearning_tgfae23

asahiのdot.に下記のニュースが展開されていた。

小中学生全員に「1人1台のタブレット型端末」を使った授業を開始したことで知られる佐賀県武雄市。  鳴り物入りでスタートした「ICT)利活用教育」の実情は、お寒いものだった。 Androidがベースとなるタブレットの故障が相次ぎ、授業“崩壊”寸前だというのだ。

武雄市では、全小中学校に配布される前に、実証実験として小学校2校にタブレット型端末「iPad」が導入されていた。 「iPadはスムーズに動き、それなりに活用できていました。全員に導入する際、なぜiPadにしなかったのか」

本誌は、武雄市の機種選定についての内部資料を入手した。 機種選定のため、市は「武雄市ICT教育推進協議会」などを設置。内部資料にはこう記してあった。 《扱いやすさ、操作性等、またこれまでの実績等でiPadと思っている》

ところが突然、恵安製のタブレット型端末が候補に浮上した。

《「恵安」のAndroid試作機は14800円と安価だが、仕様や価格が不確実なため、比較しづらいばかりか、  大幅なコスト増の可能性もあり、機種選定に係る優位性は認め難い》
とダメだしの評価が多かったが、最終的にはなぜか恵安製の端末に決定した。

「恵安製の端末はスムーズに動かず、悲鳴が上がりました。 iPadで実証実験を進めていた2校の成果が無駄になりかねず、選定には納得できない」(同)

また、タブレット型端末は無線LANに接続し、学校のサーバーから小テストやアンケートをダウロードするシステムのため、端末が正常に作動しても接続がうまくいかないケースもあるという。 「公開授業のように9人なら大丈夫ですが、20人を超えるクラスになると、一度にうまく接続できないことが多いのが現状です」

以下ソース
http://dot.asahi.com/wa/2015061000079.html

確かにiPadの方が良いと思うが、価格との兼ね合いで、この端末に決まったのであろう。それより、もっと気になる点は、無線LANに接続し、サーバーから小テストやアンケートを何でダウンロードするのだろう!オンラインなら、ネットに接続したままテストやアンケートをやればいいのに。とても不思議な話である。eラーニングではダメなのか?

佐賀県ICT利活用教育フェスタ!お疲れ様でした

elearning_ict01

「佐賀県ICT利活用教育フェスタ」お疲れ様でした!

elearning_ict03

佐賀県全県規模でICT利活用教育の推進により、教育の質の向上に向けた取り組みを進め、その進捗状況と今後についての発表を行うイベントです。

elearning_ict02

第一回教育フェスタは平成27年6月9日(火曜日)
場所は佐賀市文化会館(佐賀市日の出一丁目21-10)と
佐賀県総合体育館(佐賀市日の出一丁目21-15)で開催されました。

elearning_ict04

会場には、教科書会社からEDTECベンチャーまで、様々な企業が展示ブースを連ねました。

shuten

もちろん、弊社も佐賀県教育委員会様よりご招待を受け出展

elearning_ict06

小、中、高、特別支援学校の教諭が各専門ブースで指導事例を発表するほか、デジタル教材メーカーによる展示が行われました!

elearning_ict05

佐賀県総合体育館大競技場は、とても広かったです。

elearning_ict07

特に企業セッションでは、多くの人を集めました。

elearning_ict08

弊社のブースにも数多くのお客様にいらっしゃって頂きました。特に、HTML5のコンテンツが自動生成できる「アイテスタロイド」と「アイコンテンツロイド」が人気でした。

武雄市のICT教育の効果を検証している東洋大松原副学長は「児童の学習意欲を高め、効果も出ている」と評価。市教委が更にICT教育を拡大する方針

elearning_tgfae27

武雄市のICT教育の効果を検証している東洋大松原副学長は「児童の学習意欲を高め、効果も出ている」と評価。市教委が更にICT教育を拡大する方針とのこと。
日本の教育ICTの発展のためにも、がんばってほしい!

実地事項は以下参照

【プログラミング教育】
山内西小1年の約40人を対象にDeNAの川崎修平最高技術責任者が8回、授業(放課後の課外活動)をした。児童用にプログラミング言語を独自開発し、児童はその言語を使ってストーリーのある動画を作成。

【反転授業】
小学校11校は昨春から、中学5校は今春から、タブレット端末を全員に貸与し、スマイル学習(武雄式反転授業)を始めた。小学校は3年生以上の算数と4年生以上の理科で導入。中学校は全学年の数学と理科で導入している。
もう。プログラミング教育とか反転授業は学校では当たり前になってくるのではないだろうか

以下ソース
http://mainichi.jp/edu/news/20150610ddlk41100300000c.html

アイテスタロイド、アイコンテンツロイド、共に無料体験版を配布しております!ぜひご利用ください!

uresuji

アイテスタロイド、アイコンテンツロイド、共に無料体験版を配布しております!ぜひご利用ください!詳細は下記

アイテスタロイド
http://wark.jp/mobile/i-test.html
アイコンテンツロイド
http://wark.jp/mobile/enquete.html

「eラーニング」から「グローバル人材利活用ラーニングシステム」へと変貌

IMG_7381

国内では、デジタル教育、mooc、EDTECHなど話題にはなるが、今一 収益性が見えず企業が二の足を踏んでいる間に、台頭してきたのが外資発のグローバル人材利活用ラーニングシステム「タレントマネジメントシステム」である。このタレントマネジメントシステムの中のeラーニング機能に、我々日系のeラーニングシステムが呑み込まれようとしている。

米国で起こっている企業のグローバル化&企業買収M&Aと共に育ってきたシステムがタレントマネジメントシステムである。要するに日本国内の大手企業もグローバル化やM&Aを進める中、このタレントマネジメントシステムに対し必要性を感じてきているのではないか。

そもそも、国内のeラーニングで儲かっているところは、研修をやるほどではないが、一応、やらせておかないと法規上問題が生じるであろうコンプライアンス教育(情報セキュリティー、セクハラ、パワハラ防止も含める)に研修でやるには、ちょっとセンシティブなメンヘルやダイバーシティー系の教育。それと資格専門学校や学習塾向けの教育映像配信事業の2点である。この分野も、やがてグローバル化が始まると同時に、タレントシステムへの配置転換が始まるあろう。

我が国でのeラーニングの考え方は、教材を配信して学習履歴を取得するという流れが一般的で、その域から出ることは無い。がしかしタレントシステムの考え方は人材も教育も「見える化」し、生産性をどんどんあげていくという大きな視点に立って設計されている。これは到底かなうわけがない。というか「我が国の」という考え方もおかしいかもしれない。

 

 

 

 

 

佐賀県で行われているICT利活用フェスタに招待されました!

sagaya

佐賀県で行われているICT利活用フェスタに招待されました!
https://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/_1018/ik-ict.html
弊社の方も、展示ブースを出させて頂きました。(即席ですが)
特に、HTML5のテスト、クイズが自動生成できるソフトウェア「アイテスタロイド」に関するお問い合わせが多かったです。ぜひ、ご活用いただければ幸いです。
http://wark.jp/mobile/i-test.html

WARKのパンフレット「eラーニングの百貨店」の増刷分3,000部が届きました!

chirasi

WARKのパンフレット「eラーニングの百貨店」の増刷分3,000部が届きました!今回は、紙の厚さを思い切って薄くしました。そうしたところ意外やクオリティーも落ちることなく、料金も安くなり、軽くなり 結果オーライでした!皆様も是非 試してみてください

【アイテスタロイド体験/全国行脚】今年もやります!

elearning_dtgjyd54

———————————————————————————
⇒【アイテスタロイド体験/全国行脚】今年もやります!
———————————————————————————

◆毎年恒例の全国行脚!
iPhone、iPadに最も適したカンタン!モバイル版のテスト、クイズ、アンケート 制作ツール「アイテスタロイド」!今では多くの企業、協会、大学、高校、中学、小学校 そして専門学校にご利用頂いております。 そのアイテスタロイドを使って どのようにコンテンツを作ることが出来るのか?を説明するための全国行脚を行います。
昨年は、九州から北海道まで、全国  様々な場所を廻らせて頂きました。 皆様もいかがでしょう? ぜひ、ご体感ください!もちろん都内もOKです!
◆アイテスタロイド体験希望
———————————————————–
お名前:
———————————————————–
会社名(学校名):
———————————————————–
所属:
———————————————————–
メールアドレス:
———————————————————–
お電話番号:
———————————————————–
上記をご記入の上、WARKのフォームよりお送り下さい!
*場所、日程によっては交通費、宿泊費等がかかる場合がございます。

wark_promo06

eラーニングはコンテンツが重要です!何をどのように、いつ、どこで学んで頂くか?

elearning_hajime

eラーニングはコンテンツが重要です。まず、eラーニングを行おうとする場合、思いつくのは学習管理システムですが、この学習管理システム(Learning management System)には2つの役割があると考えて下さい。ひとつは、コンテンツ(教材)の配信機能、もうひとつは、コンテンツの履歴管理機能です。この学習管理システムの本来の役割は、まさに学習管理!学習履歴の管理のためにあります。もちろん、管理し、集計をとることは大事ですが、みなさんが行うeラーニングのお話を聞いてみると、ほとんどが前者のコンテンツ配信のお話が多いです。

また、コンテンツを配信するだけなら、このシステムが無くても簡単にできます。
ホームページにIDとPASSをつけるとか、メールや添付ファイルでコンテンツを送ることもできますし、最近では、Youtubeの公開限定配信など、やり方は、いくらでもあります。
それゆえ、eラーニングを行おうと考えた場合、学習管理システムの選定から入るのは間違ってます。まずは、配信するコンテンツをどのように?いつ?どこで学んで頂くか?を考えて下さい。まず、御社において効果が高いコンテンツとは、どのようなものでしょうか?いつ、何時なら学習する時間はとれますか?どうしたら従業員の方に学んで頂けるでしょうか?どのように配信すれば、受講者が受け取ってくれるか? 問題は山積みですね!

この問題を全部クリアしてからでも、学習管理システムの選定は遅くはありません。
配信するコンテンツが決まったら、まずは一つ作ってみて、誰かに学んで頂き意見をもらうのも良いかもしれませんね!へたに慌ててコンテンツを作って、配信したところで、みなさんの「やる気の無い」履歴を、いくらとっても紙くず同然です。 まずはコンテンツを如何に作るか考えて下さい。

 

ワールドワイドで行われている名門大学の授業をeラーニングで受けられる”まとめサイト”

elearning_ffds8

「無料前提のネットから今や世界の名門大学の授業を受 けられるMOOCを利用する人が増えているそうで、留学する手間 も授業料で苦しむこともないのですから、それこそ教育格差で 苦しむ親や子どもにとっては吉報とのこと。

グローバル化の大学間の競争ですから競争に敗れ 廃校に追い込まれる大学も増えるでしょうが、これはビジネス と同じ競争原理が働くだけに仕方ないでしょう。 それよりむしろ、MOOCが教育の平等を生むきっかけになるの に期待です。」

この、まとめサイトには、このように記してあります。格差がなくなると良いですね

ワールドワイドで行われている名門大学の授業をeラーニングで受けられる”まとめサイト”
http://matome.naver.jp/odai/2137639529842384101

また、moocは新たなリクルーティングの手段になっていることは間違えないと思います。そう考えると、エンジニア教育のみ有効かも。エンジニア志望者がmoocで無料で学んで、Linked in経由で就職する流れですかね

帝京大学・教育学部の生徒さんに、小学生を教育するためのモバイルラーニングコンテンツを「アイテスタロイド」で制作していただきました

teikyo

将来の教員候補である帝京大学・教育学部の生徒さんに、小学生を教育するためのモバイルラーニングコンテンツを「アイテスタロイド」で制作していただきました。
ゼミの90分の授業の中で、使い方を解説し、コンテンツ制作をやって頂いたところ
見事なモバイル版テストが多々出来上がりました。 とても驚いています!

ちなみに、アイテスタロイドとは、http://wark.jp/mobile/i-test.html

安倍首相 新たな高等教育機関創設目指す? eラーニングの活用はあるのだろうか?

eラーニング イーラーニングnnjk11

安倍総理大臣は、産業界のニーズに即した、IT技術や金融などに関する実践的な能力を持つ人材を育成するため、高校の卒業生などを対象とした新たな高等教育機関の創設を目指す意向を固めたとのこと。
「動き始めた経済の好循環を力強く回し、景気回復の風を全国津々浦々に届けるためには、ことしがまさに正念場だ」と述べ、生産性を高める技術開発などへの積極的な投資を呼びかけました。 こうしたなかで、総理は、生産性の向上には、企業の投資に加えて、政府を挙げて人材の育成に取り組む必要があるとして、高校の卒業生などを対象とした新たな高等教育機関の創設を目指す意向を固めましたらしい。
eラーニングの活用はあるのだろうか?

HRサミット2015でのWARKのセッション!『eラーニングを成功させるための最新技法』満員でした!

yokoyoko

elearning_yokoeee

HRサミット2015でのWARKのセッション!『eラーニングを成功させるための最新技法』最初は受講者が来なかったら、どうしようかと思いましたが、フタを開けてみたら満員でした!
ご来場頂き心より御礼申し上げます。

文部科学省が素案提示「国立大学の人文系学部・大学院、規模縮小へ転換」

elearning_gsgs

文部科学省は少子化による18歳人口の減少などを背景として、教員養成や人文社会科学などの学部・大学院について「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むように努めることとする」と素案提示したとのこと。

試算では、平成3年に207万人だった18歳人口が42年に101万人まで半減する。文科省は少子化に伴う定員縮小の影響を指摘。さらに文系の学部・大学院の人材育成方針が明確でないなどの理由もあげた。

今後は、大学の統廃合が進みそうだ。こういった状況下で、MOOCやeラーニングの活用がもっと進むことを期待する。

ソース
http://www.sankei.com/life/news/150528/lif1505280016-n1.html

総務省は「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、未来の学習・教育環境のあり方とその実現方策について整理し、その実現に向けた取組等を公表

elearning_aha013

総務省は2014年6月に「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、未来の学習・教育環境のあり方とその実現方策について議論を重ねてきた。今後実現すべき学習・教育環境の姿を「ICTドリームスクール」として整理し、その実現に向けた取組等を2015年4月に「中間とりまとめ」として公表したところである。

「中間とりまとめ」においては、個に応じた最適な学びを、誰でも・いつでも・どこでも・安全安心に提供し、世界をリードするICT学習・教育環境の実現に向けて、学習・教育クラウド・プラットフォームを活用した多様な学習・教育実践モデルを展開し、その成果・課題等を広く共有し、全国への実践モデルの普及・展開が求められているという。モバイルを活用したeラーニングも広がる可能性がありますね!

なお、熱意と意欲のある学校、企業、研究機関等から、ICTドリームスクール実践モデルの提案公募を実施し、選定の上、スピード感を持って実行していくものであるとのこと。
今後の展開が楽しみである。

なお、対象者は、学校、自治体、民間企業、NPO法人、研究機関等、及びそれらの連携(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校又は特別支援学校の児童生徒を対象に、総務省「先導的教育システム実証事業」で構築する学習・教育クラウド・プラットフォームを活用したICTドリームスクール実践モデルを実施しようとする者

採用予定数・10モデル程度

実証研究内容は、提案型の実証研究とする。ICTドリームスクール実践モデルの提案に当たっては、「ICTドリームスクール懇談会 中間とりまとめ」(参考資料2)における学習・教育実践モデルを参考にして、学習・教育クラウド・プラットフォームを活用した具体的な計画を策定し、実行するものであること。ただし、公益性の高いものに限る。

実証研究期間は、平成27年7月~平成28年3月

詳細は以下参照
http://www.soumu.go.jp/main_content/000360597.pdf

文部科学省が「子供×防災×遠隔交流授業」~東日本大震災の教訓を南海トラフ地域に伝える~を実地する

aha010

文部科学省は、南海トラフ巨大地震への防災意識を向上させる防災教育を行うことを目的として、東日本大震災により被災した地域の学校と南海トラフ巨大地震が発生した場合に被害が及ぶ可能性がある地域の学校を、情報通信技術(ICT)により結び、遠隔交流授業による合同防災教育「子供×防災×遠隔交流授業」を下記のとおり実施するとのことです。
とても素晴らしい試みですね!特にICTが活用されるところが良いと思います。

以下

日時:平成27年7月9日(木)午後(詳細については調整中)
実施校:宮城県気仙沼市立階中学校
高知県高知市立城中学校

※当日は3政務官が学校を訪問する予定

詳細
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/05/__icsFiles/afieldfile/2015/05/29/1358410_01.pdf

ついに「アイコンテンツロイド」のβ版公開の時が来ました

wark_promo010

ついに「アイコンテンツロイド」のβ版公開の時が来ました! 詳しくは、特設ページをご覧ください! 詳細はコチラ

教育ICT導入支援サービス、ICT利活用を定着させるポイント

aha011

「教育ICT導入支援サービス」は、ICT機器やデジタル教材の導入支援に加えて、そのICT環境を活用した授業プランまでをトータルで、ワンストップに
ご提供するサービスとのこと。このサービスでは、機器やアプリをただ販売するのではなく、現場ヒアリングから運用までトータルでサポートするのが特色だそう。教育コンサルティング会社や有識者ともパートナーを組み、教育現場でICTを活用してどういった教育効果・学習効果を期待するのかを明確化したうえでサポートする点が、他社にはない
強みだそうです。現在、ICT機器は導入したものの、利用率が非常に低い学校も多いと伺っております。まずICTで何を実現したいのかを現場の先生方にヒアリングさせていただき、現場起点であるべきICT利活用像をご提案いたします。ICT利活用を定着させるポイントである、研修やワークショップ実施のサポートも行う。

第1回HR+ラーニングテックカレッジ!和やかな雰囲気で終わりました。

elearning_gaiyaru01

第1回HRテックカレッジ!和やかな雰囲気で終わりました。ご来場有難うございました。
今件、WARK横江からは、カンタンeラーニングコンテンツの制作手法を、コーナーストーンオンデマンドの中尾さんからは、グローバル対応のタレントマネジメントシステムの全貌をお話頂きました。最後に質問も多々頂き、大変 有意義な会となりました。

elearning_gaiyaru02

今回は、初めてのカフェスタイルのセミナーで、参加者同士のお話も盛り上がりました。
時を忘れるほどの楽しい会でした。

csod

第二回も開催しますので、どうかよろしくお願いします。

第6回教育ITソリューションEXPO来場者数速報が出ました!

elearning_raijyo

第6回教育ITソリューションEXPO来場者数速報が出ました!

27,504名の学校、教育関係者が来場したとのことです。
実際の数の割には少ないような気もしますが。。。
今回は、我々が出展した場所が良かったのかもしれません。

明日はグローバルタレントマネジメント&Eラーニングコンテンツ制作セミナーです!急ぎお申込み下さい!

csod

明日はグローバルタレントマネジメント&Eラーニングコンテンツ制作セミナーです!急ぎお申込み下さい!お待ちしております。
どうぞ宜しくお願いします。

詳細
http://wark.jp/csod/

▼▼▼▼▼▼ セミナー詳細  ▼▼▼▼▼▼

第一部 14:00~14:50 超簡単!Eラーニングコンテンツが社内でもできる。 門外不出!WARKコンテンツ制作法をご紹介します!  講師:株式会社WARK 取締役eラーニング推進室長 横江功司

第二部 15:00~15:50  グローバルタレントマネジメントのご紹介 講師:株式会社コーナーストーンオンデマンド チャネルマネージャ 中尾貴之

第三部 16:00~17:00 懇親会(ドリンク&軽食)

▼▼▼▼▼▼ 日時、その他 ▼▼▼▼▼▼

日時: 2015年5月27日(水) 14:00~17:00

場所: GAILLARD(ガイヤール) 新宿区荒木町15 サンシャトー四谷1F

アクセス:  都営新宿線 曙橋駅からの地図 http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_map_akebono.pdf 丸ノ内線 四谷三丁目駅からの地図 http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_yotsuya.pdf

 

 

スタッフ一同、当日皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

EDIX2015のWARKブースで使用したサインボードを公開します!

wark_promo01

EDIX2015のWARKブースで使用したサインボードを公開します!まず、おなじみのWARKのトレードマーク「Monkey-monk」です。もう20年近く使い続けてきました!ビジネスの内容は、幾度と無く変遷を遂げてきましたが、このマークだけは不変です。

wark_promo02

わたしたち、WARKのロゴマークです。当初は「ダブリュ・エー・アール・ケー」と呼んでましたが、現在は「ワーク」と呼びます。創業メンバーの苗字ではなく、名前の頭文字からとりました。

wark_promo03

以前は、eラーニングのコンテンツ制作会社でしたが、現在では「eラーニングの総合カンパニー」へと発展しました。

wark_promo05

カンタンで誰でも扱えるeラーニングコンテンツ制作ツールを作ることは、私たちの悲願でもありました。今、やっと完成形に向かいつつあります。

wark_promo07

そのひとつが、アイテスタロイドです。 カンタンに10種のクイズ、テストが作成できます。
今、弊社の主力製品となっています。

wark_promo08
そして、近日発表のアイコンテンツロイド!こちらは10種のコンテンツが作れる面白&便利ツールです。 ぜひお試し下さい!

東京ビッグサイトで開幕した「第6回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)」には、過去最高の620社が出展

ejapan

東京ビッグサイトで開幕した「第6回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)」には、過去最高の620社が出展したとのこと。今年も開場前から受付には長蛇の列ができました。

展示内容は、業務支援システム、ハードウェア、デジタル教材、eラーニング、各種学校向けサービスなど多岐にわたりました。

会場では、セブ島とビッグサイトをSkypeでつなぐオンライン英会話レッスンや、デジタルツールを使った音楽創作などのユニークな授業も行われ、様々な模擬授業やデモも行われました。 もちろん、WARKもeラーニングゾーンに出展! モバイル版のコンテンツ制作ツール「アイコンテンツロイド」と「アイテスタロイド」に興味を持っていただきました。

教育ITソリューションEXPOのWARKブース!連日 大盛況でした!

elearning_edixxx

教育ITソリューションEXPOのWARKブース!(eラーニングゾーン)連日 大盛況でした!
3日間で約1,000人のお客様にご訪問頂きました。本当に有難うございます!

特に、アイテスタロイド、アイコンテンツロイドを数多くご覧になって頂きました。
関心を持っていただき感謝します!今後とも宜しくお願いします。

◆アイテスタロイド
http://wark.jp/mobile/i-test.html
◆アイコンテンツロイド
http://wark.jp/mobile/enquete.html

グローバル対応タレントマネジメントシステムとeラーニングコンテンツの内製化をテーマにしたセミナーを開催します。

elearning_title

===================================
グローバル対応のeラーニングシステム&コンテンツ制作セミナー
===================================

株式会社WARK(東京都渋谷区:代表取締役 長瀬昭彦)はコーナーストーン
オンデマンドジャパン株式会社の協力で、5/27(水)今、注目のグローバル
対応タレントマネジメントシステムとeラーニングコンテンツの内製化を
テーマにしたセミナーを開催します。

世界の一流企業が利用するグローバル対応のタレントマネジメント機能と
ラーニングマネジメント機能を合わせ持った統合プラットフォームの紹介
とeラーニングコンテンツを社内で作って運用していく「内製化手法」
のノウハウを紹介するセミナーとなります。

今後、テクノロジーを活用することにより教育を効率化し、グローバル・
ビジネス展開を強化して行こうと考えている企業様には必聴のセミナーです

イベント名は「第1回 HR+ラーニングTECHカレッジ」。
日々変化するラーニングテクノロジーの潮流を踏まえながら、今後も
「勉強会」のような形で開催を継続していきたいと考えております。

まず。初回は堅苦しい雰囲気を取り除くため、普通のセミナーハウスでは
なく「CAFEスタイル」で行います。

また、ラーニングの前にHR(ヒューマンリソース)という文字を配置した
のは、是非、企業の人事の方々にお越し頂きたいという想いを込めさせて
頂きました。お時間がございましたら、是非お立ち寄り頂ければと思います

===================================

◆イベント名:『第1回 HR+ラーニングTECHカレッジ』◆

【日時】5/27(水)14:00~17:00(13:30開場)
【対象】企業の経営者、人事担当者、情報システム担当者など
【場所】GAILLARD(ガイヤール)
東京都新宿区荒木町15サンシャトー四谷 1F  Tel:03-3341-8072

【詳細&登録】はコチラ
http://wark.jp/csod/

【交通】都営新宿線 曙橋駅/丸ノ内線 四谷三丁目駅
都営新宿線・曙橋からの地図 : http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_map_akebono.pdf
丸の内線・四谷三丁目からの地図 :http://wark.jp/hrl/HR_LOUNGE_yotsuya.pdf

【道順説明テキスト】http://www.gaillard-yotsuya.com/#!access1/cdyb
【参加費】無料(事前登録の無い方は入室できません)

【主催】株式会社WARK

===================================

◆タイムテーブル

14:00pm~14:50pm
超簡単!eラーニングコンテンツが社内でもできる
門外不出!WARKのコンテンツ内製化手法をご紹介します!

講師:株式会社WARK 取締役eラーニング推進室長 横江功司

15:00pm~15:50pm
グローバルタレントマネジメントのご紹介

講師:コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 中尾貴之

16:00~17;00
懇親会

*基本、同業者の方と事前登録の無い方は入室お断りさせて頂きます。

教育ITソリューション展!WARKブース大盛況でした!次から次へとお客様がいらっしゃって昼食も出来ないほどでした

bigsight

教育ITソリューション展・初日!WARKブース大盛況でした!次から次へとお客様がいらっしゃって昼食も出来ないほどでした。皆様、本当に有難うございました。

特に、アイテスタロイドとアイコンテンツロイドにご注目頂きました。
引き続き、明日もがんばります!

eラーニングの総合カンパニーWARK」

本日より東京ビッグサイトにて、教育ITソリューション展(EDIX)が開催されます!もちろん WARKも出展します!

elearning_ferfsd

本日から東京ビッグサイトにて、教育ITソリューション展(EDIX)が開催されます!もちろん WARKも出展します!小間のカラーは黒、赤でまとめました!
お時間ございましたら、ぜひ、お越し下さい!宜しくお願いします。

http://www.edix-expo.jp/

アイテスタロイドの機能説明映像!ぜひご覧ください!

elearning_kinouh

YouTube Preview Image

アイテスタロイドの機能説明映像です!ぜひご覧ください!

◆アイテスタロイドとは? アイテスタロイド(iTestaroid)とは、誰でもカンタンにモバイル版のテストやクイズが作れる ツール(インストール型のソフトウェア)です。専用のエディターに文字、絵、音声、映像などを 入力(登録)し 各設定後、ボタンひとつでHTML5/ファイルを自動生成することが出来ます。その ファイル をWEBにUP すればテスト型コンテンツとして閲覧することができ、学習管理システム(LMS) にUPすれば、SCORMコンテンツとして認識され、履歴を取得することができます。 HTML5ベースですが 、アプリのような滑らかな動きを実現!インターフェースのデザイン性も 抜群で、カラフルで親しみやすいeラーニングコンテンツ(モバイル版)を制作することが できます。

アイテスタロイドで作れるコンテンツは、単一選択、複数選択、マッチング、〇×問題、並び替え、   振り分け、穴埋め選択、穴埋め入力、ポイントクリック、フリーページの10週類と豊富で、 その他、アンケートの制作も可能です。 閲覧端末は、iPhone、iPad、アンドロイド、PC(ie9以降)など、多言語対応、数式対応もOK!

入力問題のランダム配置、配点機能、  再テスト機能、解説表示、合不合格の表示など高レベルな   テスト(クイズ)制作にも対応しております。

教育ITソリューションEXPO2015 WARKブースを公開!今年から伝統の「WARK-RED」を取り入れました!

elearning_busu

教育ITソリューションEXPO2015 WARKブースを公開!今年から伝統の「WARK-RED」を取り入れ、鮮やかなブースとなります。(eラーニングゾーンに出展)
外れくじ無しの抽選会もございますので ぜひ、お立ち寄り下さい!
お待ち申し上げております。

教育ITソリューションEXPO2015
http://www.edix-expo.jp/

文科省 「国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究事業」 「教育ICT活用事例集」平成24年

elearning_aha14

文科省 「国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究事業」 「教育ICT活用事例集」平成24年

文部科学省ではICTを教育活用した実践事例を全国から広く募集し、2年間で468件の実践事例が寄せられたっとのこと。これらの事例を各年度の企画委員による精査を経て、各年度の事例集としてとりまとめ、24年度は60事例、23年度は70事例を公開するそうです。

————————————————————————————————————–

生きる力の理念を受け継いだ新しい学習指導要領は、小学校においては平成23年4月から、中学校においては平成24年4月から全面実施されている。また、高等学校においても平成25年度4月入学生から実施されている。
学習指導要領総則では、小・中学校の場合「指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項」の中で、高等学校の場合「教育課程の編成・実施に当たって配慮すべき事項」の中で、児童生徒がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を適切に活用できるようにするための学習活動を充実させることが示されている。学習指導要領の改訂によって、学校における教育の情報化について一層充実が図られることとなったと言える。

文部科学省は、新しい学習指導要領を告示(小・中学校は平成20年3月、高等学校は平成21年3月)した後の平成22年10月、新学習指導要領に対応した「教育の情報化に関する手引」を作成・公表した。続いて、平成23年4月には「教育の情報化ビジョン~21世紀にふさわしい学びと学校の創造を目指して~」を公表した。その中には教育の情報化が果たす役割の一つとして、教科指導における情報通信技術の活用が挙げられており、その具体例として次のようなことが示されている。

以下PDF参照
http://www.javea.or.jp/eduict/h24jirei/02.pdf

WARKとジンジャーアップ!次世代eラーニングシステム“xAPI/ LRS” に対応した教材作成ツール「アイテスタロイド」の開発に着手

elearning69frf54

WARKとジンジャーアップ!次世代eラーニングシステム“xAPI/ LRS” に対応した教材作成ツール「アイテスタロイド」の開発に着手しました。現在、研究を継続しておりおます。

今回、G社が既に構築している独自 LRSと、WARKが数多くの導入実績があるeラーニング教材制作ツールである「アイテスタロイド」とが xAPI仕様に基づき連動できるように、共同での機能開発を開始いたしま した。

これにより、「アイテスタロイド」で作成されたeラーニング教材の学習経験履歴がジンジャーアップ社 LRSに記録されるようになり、従来の SCORM仕様に基づく LMSの学習履歴よりも、より詳細の情報の取得、ならびに高度な管理が可能となります。また、他システムの情報と組み合わせることによっ て多様なアプトプットも可能となってまいります。

今後、両社では xAPI仕様のサービスにおける共同開発を進め、各種サービス
を投入していく予定です。

WARK製品ラインナップ2015のプロモーションビデオが出来ました!

YouTube Preview Image

WARK製品ラインナップ2015のプロモーションビデオが出来ました!
もちろん、eラーニングのサービス中心です!
宜しかったら、ご覧になって下さい!

WARK発 驚きの新ソフトウェア!アイコンテンツロイドのページがついに出来ました!

elearning_icin111

ついに、アイコンテンツロイドのページが出来ました!
ご参照下さい!宜しくお願いします。

http://wark.jp/mobile/enquete.html

今月中に「Android 6.0」詳細をGoogleが発表か?

eラーニングkjg08

今月中に「Android 6.0」詳細をGoogleが発表か?
グーグルは、今月に開催する「Google I/O 2015」カンファレンスでの製品ラインナップを発表。サンフランシスコのMosconeコンベンションセンターにて、数々のセッションやワークショップが開かれていく予定だそうです。そして、そのなかの「Android for Work Update」と題するセッションに、「Android M」なる次期OSに関する表記が初めて登場したとのこと!
これは興味深いですね! eラーニング、特にモバイルラーニングでどのように活用できるか楽しみです!

ソース
http://www.gizmodo.jp/2015/05/android_60_1.html

”学研電子ブロックEX” iPad用アプリって何だ?

elearning_tgfae23

『学研電子ブロックEX』iPad用アプリって何だ?
どうも「学研電子ブロックEXシリーズ」のことで、1976年から約10年間にわたって発売された電気実験キットだそうです。トランジスタ、抵抗、コンデンサなどの電子部品が組み込まれたブロックを並べることで電気回路ができ上がっていくわくわく感が、当時の子どもたちを夢中にさせましたらしい。 要はこれのiPad版かあ 発売記念で700円だそう。
どんな人が買うのだろう?

ソース
http://gakken-ict.co.jp/news/201503/20150327.html

ソフトバンクとベネッセホールディングスは120校を対象にデジタル教材の配信を始める

elearningbdrh2

ソフトバンクとベネッセホールディングスは2015年度から私立高校など約120校を対象に授業や宿題で使うデジタル教材の配信を始めたそうである。これは、両社が設立したクラッシーの教材であろう。今までベネッセが持っていた教材もデジタル化し、タブレットで使えるようにするとのこと。今夏には複数の出版社が開発する問題集などのアプリ(応用ソフト)提供も始めるらしい。これは、教育ICTの大きな前進である。eラーニングがどんどん発展することを期待する

文部科学省、タブレット式の情報端末を使った「デジタル教科書」の導入に向けて検討を始める。

elearning02149

文部科学省がタブレット式の情報端末を使った「デジタル教科書」の導入に向け、有識者会議を設置して検討を始めたそうである。

英語や音楽で音声を使った体験学習をしやすくなるほか、算数・数学では、図形を立体的に学ぶことができるといったメリットに着目しているそう。文科省は、2年程度かけて新たな教科書検定の方法などを検討し、早ければ2020年度からの導入を目指すとのこと。

さて、どこの会社のどの端末を使うのか?それは学校ごとに選べるのか?生徒が選べるのか?その端末は、学校?生徒どちらで購入するのか?アプリの購入は学校?生徒側?
生徒側から その端末は、またはアプリは持ちたくないと言うことになったら
授業はどうするかなど、問題が山積みである。eラーニング化して、履歴収集するなら
今度は、ネットワークが問題になってくる。
紙でやってたほうが、学習効果が高かったら、一体どうするのだろうか?
今後の展開が注目される

教育業界で「ビッグデータ」が注目! 紙からデジタルへとIT化が進む教育現場! 市場「3千億円」

elearning_tgfae30

教育業界で「ビッグデータ」が注目! 紙からデジタルへとIT化が進む教育現場! 市場「3千億円」国も「教育ビッグデータ」に注目する。

総務省が昨年度から3年計画で始めた「先導的教育システム実証事業」。今年度までに計約10億円の予算をかけ整備を進める全国の学校向けのクラウドサーバーには、デジタル教材を通じて集まる子どもの学習記録を保管する機能も備わるそうである。各地の学校と協力して効果を検証する計画だそうだ。情報通信利用促進課の岸本哲哉課長がキーマンか?
これは面白い試み!eラーニング業界にも新風が!

ソース
http://www.asahi.com/articles/ASH546RQNH54UTIL01B.html

日本イーラーニングコンソシアムでは「モバイルラーニング」に関するWebアンケートを行いました。アンケート実施期間:2015年1月5日~2015年2月2日

elearning_farf4

日本イーラーニングコンソシアムでは「モバイルラーニング」に関するWebアンケートを行いました。(アンケート調査実施期間:2015年1月5日~2015年2月2日)モバイルでのeラーニング活用を考えてる方には、とても参考になると思います。ぜひ、アクセスしてみてください!
どうぞ宜しくお願いします。

http://www.elc.or.jp/information/reports/

こちらのページの最上段にPDFがございます。

◆日本イーラーニングコンソシアム
http://www.elc.or.jp/

「iTeachersとは?」まだ、iTeachersを知らない人、こちらのVIDEOクリップをご覧になってください!

bekibeki

「iTeachersとは?」まだ、iTeachersを知らない人、こちらのVIDEOクリップをご覧になってください!映像で、MCを務めるのは小池 幸司 先生(俊英館)と中村 純一 先生(佐賀市立大和中学校)です。iTeachersは教育ICTの未来を模索する重要なユニットです。我々、eラーニング商材を取り扱う業者にとっても大変勉強になり、刺激的なTOPICを いつも発信してくれます。

「iTeachersとは?」
https://www.youtube.com/watch?v=nCbfd6GIVbU
iTeachers
http://www.iteachers.jp

気になる スーパーグローバルハイスクールの指定。平成27年度指定校として56校が決定

elearning_tgfae17

文部科学省では,高校において,グローバル・リーダー育成に資する教育を通して,生徒の社会課題に対する関心と深い教養,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け,もって,将来,国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る「スーパーグローバルハイスクール)」事業を平成26年度から開始いたしました。 eラーニングとは関係ありませんが、とても興味ある話題だったので。。。

さて、そのスーパーグローバルハイスクール、どんな高校が選ばれているのだろうか?

対象学校:国公私立高等学校及び中高一貫教育校(中等教育学校,併設型及び連携型中学校・高等学校)

平成27年度指定校として56校を決定。
(内訳)国立7校,公立31校,私立18校

以下参照
みなさんの母校は入ってますか?
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/sgh/__icsFiles/afieldfile/2015/03/31/1356366_1.pdf

 

ママとパパのための]こどもプログラミング読本 –「未来をつくる力」を育てる

purogura

ママとパパのための]こどもプログラミング読本 –「未来をつくる力」を育てる

こんな素晴らしい本、誰が書いたのかと思いきや、
著者はなんと、神谷加代さんでした!(^^)

以下

こども向けのプログラミングがブームになっています。背景には、Scratchやビスケットなど、キーボード操作ができなくても楽しめるプログラミング環境が整ってきたとのこと、親の立場からすると、これからはこどももしっかりしたITスキルを身につけておくことが良い、英語だけではもう足りない時代だ、といった認識もあるようです。本書は、小中学生を持つ親御さんを対象に、プログラミングって何? 学ばせる必要はあるの? 子供がやる必要あるの?といった疑問に応える1冊だそうです

WARKはeラーニング/モバイルラーニングには自信があります。今まで1500以上の案件に携わってきました

elearning_jisinn

WARKはeラーニング/モバイルラーニングには自信があります。業界のアイコンとして、eラーニングコンテンツ制作に関し、今まで1500以上の案件に携わってきました。 その間、数々の専門知識を身につけてきました。その技術を余すことなくお客様にご提供します!安心してお任せ下さい!
——————————————————————————————————————
WARKへの、お仕事のご相談は下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form/

教育システム情報学会(JSiSE) 2015年度第1回研究会「eラーニング環境のデザインと組織マネージメント/ 医療・看護・福祉分野におけるICT利用」

elearning_wark_jsise

教育システム情報学会(JSiSE)の 2015年度第1回研究会が5月23日(土)千葉工業大学にて開催されます。アカデミックなeラーニング活用に興味のある方は、是非いらっしゃってください!今回のテーマは「eラーニング環境のデザインと組織マネージメント/ 医療・看護・福祉分野におけるICT利用」です。宜しくお願いします!

詳細

————————————————————————————————————–

教育システム情報学会(JSiSE) 2015年度第1回研究会 プログラム

担当: 仲林 清(千葉工業大学),松居 辰則(早稲田大学),北村 士朗(熊本大学),
真嶋 由貴恵(大阪府立大学),加藤 泰久(NTT),櫻井 良樹(熊本大学)

テーマ:「eラーニング環境のデザインと組織マネージメント/ 医療・看護・福祉分野におけるICT利用教育/一般」

開催日時:5月23日(土)
会場: 千葉工業大学 津田沼キャンパス 7号館 7階 メディア実験室
http://www.it-chiba.ac.jp/institute/campus/tsudanuma.html
http://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/index.html

————————————————————————————————————–
以下、プログラム

[挨拶 9:40-9:45]

[セッションA1 9:45-10:30]

(A1-1)9:45-10:05
Webコンテンツを活用した数学教育についての報告  ○松田健(静岡理工科大学)
(A1-2)10:05-10:30
データアナリティックスを用いる大学教育支援環境の検討  ○豊川和治(日本大学)

[セッションB1 9:45-10:30]

(B1-1)9:45-10:05
就職支援のためのICTスキル分類の提案  ○小嶋聡,江見圭司(京都情報大学院大学)(B1-2)10:05-10:30
次世代農業の人材育成とeラーニング ○江見圭司,名川知志(京都情報大学院大学),小林信三(野菜プラネット協会)

[休憩 10:39-10:40]

[セッションA2 10:40-11:55]

(A2-1)10:40-11:05
PC利用による潜在的バリア解消を目指したブロック型プログラミングツールP-CUBE  ○本吉達郎,黒澤進太郎,増田寛之,小柳健一,大島徹(富山県立大学),川上浩司(京都大学)

(A2-2)11:05-11:30
ソフトウェア開発における詳細設計能力修得支援システムの開発  ○内田浩太郎,仲林清(千葉工業大学)

(A2-3)11:30-11:55

マンガケース教材の学習支援システムの構築について
○高橋聡(東京工業大学),高橋B.徹(東京理科大学),吉川厚,寺野隆雄(東京工業大学)

[セッションB2 10:40-11:55]

(B2-1)10:40-11:05
米国におけるオンラインコース向けデジタルバッジに関する動向調査と国内での活用の検討  ○中嶌康二,藤島真美,合田美子(熊本大学)

(B2-2)11:05-11:30

相互評価における課題提出者と評価・閲覧者の組み合せが与える影響  ○坪倉篤志(九州工業大学・日本文理大学),竹内章(九州工業大学)
(B2-3)11:30-11:55
対話形式による理解度確認システムの提案  ○菅原愛子,須田宇宙(千葉工業大学)

[昼食 11:55-13:00]
[特別講演セッション 13:00-14:00] ※ 電子情報通信学会ET研究会との同時開催企画
ET研究会と工学教育ならびに仕事場における学習の支援  ○伊藤紘二(東京理科大)

[休憩 14:00-14:15]

[セッションA3 14:15-15:30]

(A3-1)14:15-14:40
遠隔医療教育システムの利用と問題点  ○讃岐勝,吉本尚,浜野淳,鈴木英雄,前野哲博(筑波大学)

(A3-2)14:40-15:05
Web-Learningを組み込んだ医用工学教育  ○本間達(東京医科歯科大学)

(A3-3)15:05-15:30
医学・看護教育の方向性と合わせた全学的なICT基盤環境のデザイン  ○坂田信裕,山下真幸、上西秀和、坂東宏和(獨協医科大学)

[セッションB3 14:15-15:30]

(B3-1)14:15-14:40
グループディスカッションによる問題の質向上を目的とした作問学習手法の検討  ○原一生,高瀬裕矢,大久保匠,仲林清(千葉工業大学)

(B3-2)14:40-15:05
組織における問題解決を主題とするビデオとオンラインレポートを活用した授業の受講者レポート分析  ○仲林清(千葉工業大学)

[休憩 15:30-15:45]

[セッションA4 15:45-17:00]

(A4-1)15:45-16:10
ヘルスケアの学習を促すアクティブラーニングを取り入れた授業デザイン  ○真嶋由貴恵(大阪府立大学)

(A4-2)16:10-16:35
タブレットPCによりゲーム感覚で学べる腰痛誘発姿勢の学習支援ツール  ○川野常夫,福井裕(摂南大学)

(A4-3)16:35-17:00

身体侵襲を伴う技術(一時的導尿)の技術習得に向けた技術演習の検討  ○平野加代子,徳永基与子(京都光華女子大学),真嶋由貴恵(大阪府立大学)

[セッションB4 15:45-17:00]

(B4-1)15:45-16:10
画像データベースを活用した学生情報の管理手法に関する検討  ○宮本伸之,柳沼良知(放送大学)

(B4-2)16:10-16:35
日本のオンライン大学におけるシラバスデータの分析  ○上山光夫(放送大学)

(B4-3)16:35-17:00
Web上のプログラミングコンテンツの収集手法の検討  ○柳沼良知(放送大学)

[挨拶 17:00-17:05]

2015年年度のeラーニング市場拡大の背景について

eラーニング イーラーニングnnjk11

2015年年度のeラーニング市場拡大の背景について、法人向けのB to B市場は同101.2%の575億円と微増にとどまるが、個人向けのB to C市場が同134.6%の1090億円へと大きく伸長したことを指摘。大手ユーザー企業を中心にeラーニングへの投資も復調基調にあるとのこと。eラーニング界にとっては、良いニュースである。

一方で、B to C市場は、通信教育、学習塾などの大手教育事業者による情報通信技術を使用した学習コースの導入により、大幅な拡大が見込まれるらしい。確かにそのような要望が増えてきたことは間違えないと思う。

【矢野経済研究所・資料より】

ソニーがEdmodoと提携!グローバルな教育インフラサービス事業を展開する

elearning_tgfae16

ソニーがEdmodoと提携!グローバルな教育インフラサービス事業を展開する。

ソニーは「誰もが簡単に教育を受けられるように、誰もが競い合い、学び合えるように、アプリやサービスの枠を超えた新しい教育インフラを創り上げること」をミッションとし、「コンテスト事業」「学習サービス事業」「教育アプリケーション・プラットフォーム事業」の3つの軸を主に推進していくとのこと。 これは、時代の変革が感じられる面白いビジネスである。

「コンテスト事業」の第一弾となるのは、なんと「世界算数」!第1回大会を2014年秋に日本語版で開催されるらしい。 昔、ソニーにeラーニングを作りに行ってた時が懐かしいな

ソース

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150501/Resemom_24368.html

今年の第6回 教育ITソリューションEXPOでは、ついにアイコンテンツロイドを公開します!

erearning_edix011

今年の第6回 教育ITソリューションEXPOでは、ついにアイコンテンツロイドを公開します!
アイコンテンツロイド(iContentsroid)は、モバイル版のテスト、クイズ制作ツールアイコンテンツロイドの姉妹品で、ロールプレイ、電子マニュアル、モバイル版簡易WEBサイト、本棚、電子書籍などが誰でもカンタンにつくれるツールです。もちろんScorm対応でeラーニングにも使えます! 宜しかったら、EDIXに是非いらっしゃってください!

eラーニングコンソーシアムは、eLP資格取得「教授法設計」コースを開講いたします

elearning_elc

eラーニングコンソーシアムは、eLP資格取得「教授法設計」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPコンサルタント、eLPラーニングデザイナー、eLPコンテンツクリエイター対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。これは価値あるコースですね

詳細はこちら
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=819

慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボと日本マイクロソフト「高校遠隔授業汎用モデルon Skype for Business」の共同研究で合意

elearning_ffds12

慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボと日本マイクロソフト「高校遠隔授業汎用モデルon Skype for Business」の共同研究で合意

以下

慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボ(代表:國領二郎 総合政策学部教授、以下慶應大学SFCプラットフォームデザイン・ラボ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下日本マイクロソフト)は、2015年4月1日の学校教育法施行規則改正(※1)により全国の高校において遠隔授業が解禁されたことを受け、Skype for Business (旧Microsoft Lync) (※2)を活用した「高校遠隔授業汎用モデルon Skype for Business」の共同研究に合意しました。
慶應大学SFCプラットフォームデザイン・ラボは全国の高校で推進してきた遠隔授業の実証研究のノウハウを、日本マイクロソフトは多くの教育機関、教育委員会へのICT基盤の導入で培った技術面のノウハウを持ち寄り、コスト的にも品質的にも全国の全ての高校で導入可能な遠隔授業モデルを研究開発します。
なお、慶應大学SFCプラットフォームデザイン・ラボは本年度上期を目途に研究成果を公開します。

https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/press_file/20150420_pdl.pdf

本日のiTeachersカンファレンス!満員でした!教育IT化の関心の高さが伺えます。

itchers

本日のiTeachersカンファレンス!満員でした!教育IT化の関心の高さが伺えます。
今日は、どのプレゼンも本当に素晴らしかったです!
デジタルハリウッド大学@御茶ノ水ソラシティー

ちなみに、iTeachersとは?

教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する革新的なエデュケーター!
これからの未来を担う子どもたちのために。そして、新たな教育へのチャレンジを続ける現場の先生たちのために。

http://www.iteachers.jp/

iTeachersは YouTube チャンネル「iTeachers TV」を開設。29 日から週に1 回、毎週水曜日の夜に動画番組を配信

iteach

“iTeachers”は YouTube チャンネル「iTeachers TV」を開設。29 日から週に1 回、毎週水曜日の夜に動画番組を配信!これはビッグニュースです。教育ICT番組のリーディングヒッターとして、がんばってほしいです。eラーニング関係者も必見!

慶應SDB/KBS HRテクノロジーシンポジウム大盛況でした!ありがとうございます

nakano2

株式会社WARKの長瀬が副代表理事を務めるLeBAC(HRテクノロジーコンソーシアム)
協力の慶應SDB/KBS HRテクノロジーシンポジウムにご来場頂きまして本当に有難うございました!当日は大盛況でした!心より御礼申し上げます。

「gacco」が「Evernote」とジョイント。知識や情報がスパイラルアップ!新たな学びスタイルが完成

ahosine

「gacco」が「Evernote」とジョイント!知識や情報がスパイラルアップ!
gaccoとEvernoteの連携が生み出す新たな学びスタイルが完成。
通常450円/月のEvernoteプレミアムを3ヶ月間、無料でお試し頂けるキャンペーンを実施するそうです。新しいeラーニングのコラボレーション

http://gacco.org/special/ga038/evernote/

文部科学省の初等中等教育段階におけるプログラミング教育実践ガイド!

guide

文部科学省は14日、教員向けに小中高でのプログラミング学習に関する実践事例をまとめた「プログラミング教育実践ガイド」発表した。

調査では、教員はスモールステップで課題を設定し、児童生徒の「プログラミングは難しい」という思い込みを払拭させ、自分にもできるという自己効力感を高めさせているとしているという

6/3弊社の取締役:横江功司がHRサミット2015にて講演することになりました

eLearning_yokor

6/3弊社の取締役:横江功司がHRサミット2015にて講演することになりました!
タイトルは、eラーニングを成功させるための最新技法
「成果を生み出す、映像、モバイル、パワポの活用方法とは?」

お時間がございましたら、是非いらっしゃってください!
詳細 http://www.hrpro.co.jp/summit2015/lecture.php?smcd=27&scd=2193

電子書籍を利用するデバイスは、「タブレット端末」が27.5%、「スマートフォン」が47.2%

elearning_830

電子書籍を利用するデバイスは、「タブレット端末」が27.5%、「スマートフォン」が47.2%
利用している電子書籍ストアは「Kindleストア、楽天Kobo、iBooks」
電子書籍利用経験者がストアを選んだキッカケ「アプリマーケットのランキング」「電子書籍関連サイト」「電子書籍券・ギフトクーポンをもらったから」

電子書籍ストアの使いわけ、男性は「読みたいジャンルの作品の充実度」、女性は「無料で読める書籍が豊富」でストアを使い分ける傾向

詳細はこちら
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1423.html

米国のeラーニング・コース市場2015-2019Generic E-learning Courses Market in the US 2015-2019

elearning_ffds9

◆英語タイトル:Generic E-learning Courses Market in the US 2015-2019
◆商品コード:IRTNTR5600
◆発行日:2015年4月8日
◆ページ数:100
◆レポート言語:英語
◆レポート形式:pdf
◆納品方法:Eメール
◆調査対象地域:米国
◆産業分野:IT

以下
http://www.marketreport.jp/research/170834

【レポート概要・google翻訳】
ジェネリックeラーニング教材との関連サービス  eラーニングは、パソコン、ノートブック、タブレットなどの電子ガジェットの助けを借りて促進学習を指します。 eラーニングは、任意のアクセスポイントからのユーザーのための24時間の学習を可能にし、ICTによって支えられています。 eラーニングのカリキュラムは、アーカイブされた、リアルタイムの情報が含まれています。教育市場で使用される単一の標準的なeラーニングの方法はありません。分化は、主に配信されたコンテンツの種類や教室、仮想基づくことができる命令のモード、またはブレンドされた学習環境にあります。ジェネリックeラーニングコースは、標準的なサービス·プロバイダ、教育機関が提供する主題のコース、専門家であり、標準カリキュラムに従って製造される。彼らは、料金の支払いを通じて入手可能であるか、またはサブスクリプションを介してアクセスすることができます。教育機関は、高等教育のためにこれらのコースを採用。コー​​ポレート熟練および職業訓練の分野では、コンテンツは、一般的な機能性、およびプロセス関連のトレーニングを提供するために使用される。これらのコースは、以下の利点があります。

第6回 教育ITソリューションEXPOに㈱WARKも出展します!

eラーニングkki38dc

第6回 教育ITソリューションEXPOに㈱WARKも出展します!
お時間がございましたら、是非お立ち寄りください。
どうぞ宜しくお願いします。

【第6回 教育ITソリューションEXPO】 http://www.edix-expo.jp/

会期:2015年5月20日(水)~22日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
後援:日本教育情報化振興会/大学ICT推進協議会/私立大学情報教育協会/
日本eラーニングコンソシアム

3,000人以上の企業では81.0%のeラーニング実施率!導入理由トップ「多数の社員の同時教育が可能」

elearning_ffds1

3,000人以上の企業では81.0%のeラーニング実施率!導入理由トップ「多数の社員の同時教育が可能」とのことだそうだ・。e ラーニングという教育手段が急速に普及したことがうかがえます。

導入理由については、「多数の社員の同時教育が可能である」が61.6%と最も多く、以下「手軽に学べる」(44.3%)、「学習時間が短く、隙間時間での学習が可能」(44.1%)、「コストパフォーマンスに優れている」「基本・基礎教育に適している」(共に37.7%)となっているそう。
(JMAM調査)企業でのeラーニングは、ほぼ定着化したと見ていいだろう。

New Education Expo2015開催

eラーニング イーラーニングdfe19

New Education Expo 2015は、6月4日~5日に東京会場で、6月20日に大阪会場で開催されます。20回記念大会となる「New Education Expo 2015」の特別講演と、教室を丸ごと会場に持ってきて行う公開授業が決まったと発表しました。

https://edu-expo.org/

<東京会場> ・会期: 6月4日(木)~6月6日(土) ・
場所: 東京ファッションタウン西館2F TFTホール

<大阪会場> ・会期: 6月19日(金)~6月20日(土) ・
場所: 大阪マーチャンダイズマート(OMM)

・参加費: 無料 ・詳細はNew Education Expo公式WEBサイトに随時アップする。
※申込み開始は4月中旬を予定
eラーニング関連企業も出展する

eラーニング講座「納得!実践!情報セキュリティ」を提供開始!アニメで情報セキュリティが学べる>KBI

elearning50frf0

eラーニング講座「納得!実践!情報セキュリティ」を提供開始!アニメで情報セキュリティが学べる>KBI

大阪ガスグループの関西ビジネスインフォメーションは、eラーニング講座「納得!実践!情報セキュリティ」を提供開始したそうである。

同講座は、情報セキュリティに関する知識から、より実践的なセキュリティ対策まで学べる教材を提供。「意識編」「事例編」「知識編」「実践編」の4ステップで、企業や組織に必要なセキュリティ対策を学ぶことができるとしている。

アニメでeラーニングは本当に分かりやすい!とても良い試みだと思う。

詳細
http://www.security-next.com/057338

国内eラーニング市場規模は前年度比120.8%の1665億円と拡大

nobiteru

eラーニングが伸びを見せてるということで安心しました!
B to Bは、ほぼ横ばいですね! Bo to Cが伸びてる。

——————————————————————————————————————-

矢野経済研究所は、eラーニング市場に関する調査の結果をまとめた「eラーニング/映像教育ビジネスレポート 2015」を発売した。

それによると、2014年度の国内eラーニング市場規模は前年度比120.8%の1665億円と拡大する見込み。また、B to B市場は堅調に推移し、B to C市場は大きく市場規模を拡大するとしている。

——————————————————————————————————————-

矢野経済研!2015年度e ラーニング市場に関する調査結果

elearning19frv500

矢野経済研!2015年度e ラーニング市場に関する調査結果
-大手教育事業者の学習サービスが市場規模拡大を牽引-

矢野経済研究所では、次の要綱にて国内e ラーニング市場について調査を実施した。

1.調査期間: 2015 年1 月~3 月
2.調査対象: e ラーニングシステム開発・構築・販売事業者、e ラーニングコンテンツ開発・製作・販売事業者、
e ラーニングを介した研修や講義を提供・運営する事業者(学習塾、語学学校、研修事業者等)、学習ソフトウェア開発・製作・販売事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による面接取材及び、電話・FAX・電子メールによるヒアリング、文献調査併用
<本調査におけるeラーニング市場とは>
本調査におけるe ラーニング市場とはインターネット等のネットワークを利用した学習形態を対象とし、ゲーム機やパソコン向けソフトウェアを利用したものを除く。また学習コンテンツとしては、ビジネス、教科学習、語学、IT 技術、資格取得、教養・雑学など幅広いジャンルを含む。

eラーニング業界は、これから、どう発展するのだろうか?
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001374

東洋大学の教員が、自身の専門分野に関する授業を通して、「学びの世界」を紹介する受験生向け動画コンテンツ配信

elearning500

東洋大学の教員が、自身の専門分野に関する授業を通して、「学びの世界」を紹介する受験生向け動画コンテンツ配信!入学前に「学び」を知る「Web体験授業」公開中

授業をWEBで体験して、東洋大学に入学したいという受験生が増えるだろうか? もちろん、やってみなくてはわからないが、eラーニング活用としては面白い試みではある。 こういう先進事例をドンドン増やして欲しい。

以下

TOYO Web Style http://www.toyo.ac.jp/nyushi/

ベネッセコーポレーションが米Udemy社と業務提携

elearning_tgfae30

ベネッセコーポレーションが米Udemy社と業務提携!これは凄いニュースが飛び込んできた!この業務提携によって、Udemyのオンライン教育プラットフォームとベネッセの事業資産を組み合わせることで、2社共同で日本市場での展開を行うとのこと。

具体的には、4月下旬(予定)から日本版 Udemyのサービス提供を開始。ベネッセコーポレーションやグループ塾のさまざまな教育コンテンツ資産を含む事業資産を提供。さらに、個人や企業の持つビジネス・教養・趣味などの幅広いコンテンツ提供が可能となるそう

凄い話だ!eラーニング界もうかうかしてられないな